ImageMagickについて

ImageMagick's color reduction algorithm (http://www.wizards.dupont.com/cristy/www/quantize.html)というページを見つけました。pag1tetoは、トップダウンで色空間を分割していきますが、ImageMagickでは、ボトムアップで統合していく様です。この方法では、トップダウンの場合で言えば、誤差の二乗和最大の軸を2等分するアルゴリズムと大差なく、同じ問題を抱えています。元々の木が同じ大きさの立方体に分割されているので、例えば、rgbが、127と128の辺りに色が集まっている場合、(127,127,127)で代表させることができず、8個のパレットを使ってしまう可能性があります。

ImageMagickのWindows版は正しく動作しなかったので評価は途中ですが、fujifilmのデジカメの付録のPhotoWareBASEと似たような特性に気づきました。モノクロ部分の階調が減ってしまうという問題です。ImageMagickでは、あらかじめ決められた木構造を縮約していくアルゴリズムなので、対角線上の色がそれ以外の色より、縮約されやすくなります。

他のソフトの減色画質の比較

評価結果の一覧表

[HOME][挑戦]

 (C)MATSUOKA , Hajime