バグ情報 再現できたもの

ver0.86で再現できたものの、対応できていないバグがあります。うち2,3件は、ImageKnifeのバグです。pag1tetoは、Win3.1のリソースの限界に達していて、プログラムを追加できない状況になって、バグ取りが止まっています。Win95へ移植は、ImageKnifeのWin95版が出なかったために大いに遅れています。

pag1tetoで、クリップボードから新画像に張り付けるとそれ以降他のソフトでも、クリップボードが使えなくなる。これは、ImageKnifeのimkDupulicate%()が必ずメモリー不足のエラーを出すという症状と、僕のエラー処理ルーチンの不足から来ていました。しかし、最初からそうなら、気づくはずで、Win3.1当時は動いていたが、ImageKnifeの動作が、Win95/NTで変わってしまったのではないかと思います。
8bit環境で使っていて、8->24、減色オプション変更、24->8で変更が反映されない。
ルートディレクトリにインストールするとエラーが出て止まる。
一括変換後そのディレクトリを削除すると、次回起動時にエラーが出る。
起動直後に、クリップボードから新画像へ読み込んだ後、ツールの変更が出来ない
5*5の任意のフィルターで最上段に値が入っていると、正しく動作しない。
モノクロJPEGを表示しようとすると、一般保護違反。
メモリー不足などのエラーがでても異常終了せずに、できるだけ正常に復帰する
*.jpeもJPEGファイルとして扱う。
Windows95でダイアログが、フォアグランドに来ない問題を何とかする。アクティブページにならないとパレットが狂ったまま。
ImageKnifeのフィルターにbugがあるので、自分で作る。
ヒストリーを忘れてしまうバグ
最適化パレット数がオーバーフローするとエラーで止まる場合がある。
ImageKnifeの代入の場面ででる可能性のあるエラーをすべて検出する。エラー時メモリ残量の表示
レタッチ後、フォームに合わない場合がある?
色を知る機能が使えないバグを避ける
pag1minの256色以下の画像に対するバグ取り
新しい画像をロードする時に、セーブするかどうかを聞く
24bit環境で、ファイル渡し減色は可能?

バグ情報 再現できないもの

・試用ユーザーで、ユーザー登録画面で、「試用」を押した時点で、スタック不足のエラーが出るというレポートが複数来ています。こちらでは再現できていません。Win3.1でも、Win95でも起こっている様です。

考えられるのは、

メモリー不足の影響
登録ダイアログが震える様にしているために、スタックを消費している
 
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

画質

実績

発明 

関連サイト

 
 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(C)MATSUOKA , Hajime

[HOME][ダウンロード]