シェアウェア作者

僕は名刺の肩書きを「シェアウェア作者」にしています。ゲームを作っているわけでも受注のソフトを開発しているわけでもなく、作りたいソフトを作って使った人には送金する様に言っているというわけです。

プログラマという方がわかりやすいのですが、そうするとSEが設計した物をコーディングする人という風に解釈してしまう人が希にいるので、こう名乗るのが安全かなと思っています。日本のソフトウェア開発に携わる人の給与はアメリカと比べて極端に低い、、とかいうのがあったりするのも、似たり寄ったりのプログラムを、各企業向けに受注生産していたりするソフトウェア産業の下請け体質があったりするというのが原因とか言われていますが、プログラマという語を、そういう下請けの下請けの下請けみたいな意味に取る人が昔いたのです。

リンク

シェアウェア作家協会 僕も会員ですが、あまり貢献していません。ソフトウェアの不正使用と戦う際にみんなの力を合わせようという様な趣旨だったと思います。
ZDNN 米速報:Linus Torvalds氏,「海賊行為は悪」とNapsterユーザーに警告 ソフトウェアの不正使用をした上で、フリーソフトウェアで育ったインターネットの時代にソフトウェアで商売をするなどけしからんみたいな趣旨の発言をする人がいるのは知っていたのですが、Linuxの生みの親もそういう海賊たちに引き合いに出されてかなり迷惑しているみたいですね。(2000/5/24)
MYCOM PC WEB - Column Square  この2000/5/25の回に、肩書きに悩まされる話が載っていました。海賊のリンクを付け足した直後だったので、そういえばと思い出した話を付け足します。ソフトピアにいたころOCNの開通パーティーがあって、その時に、ビジュアル研究家の松岡さんとか言って紹介されたことがあります。「えっ」と言ってしまいました。(2000/5/25)

2006/08/21更新

 
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

画質

実績

発明 

関連サイト

 
 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(C)MATSUOKA , Hajime

[HOME][ダウンロード]