柳田国男

民俗学の有名人

家系図研究にも影響を与えている

家系図の分野で有名な丹羽基二氏の大学での恩師にあたるそうです。(「日本人の苗字」にありました。)

川に海の魚を釣りに行くと弟に嘘をついた話があるのですが、明治時代にあわてて苗字を乱造した地域があると書いていて、しかし、実際にはそんな地域はなくて、珍姓の中の「釣」という苗字が姫路市飾磨区にあったとかいうのがあります。明治以後の新しい姓がたくさんあるかのような説を広めた責任があるかも知れません。

播磨出身 赤松の末裔

神隠しの体験について語っていたりする神秘家としての柳田国男がいるわけですが、遡れば陰陽道の中心地播磨という関連もあるかも知れません。宮本武蔵とは、赤松つながりでもあるのですが、養子の宮本伊織の神隠し体験ともなんらかのつながりがあるかも。武蔵は明石の縄張りとか、姫路城での幽霊退治とか陰陽師風の行動もしているし。

欧米の学問を取り入れるべく明治政府が太陽太陰暦を禁止したりしたのに対して、陰陽道の影響が残る播磨では、播磨の文化人は、なんとなく反発しアカデミズムの範囲外のことがらにこだわる人が多いような気がします。

旧姓松岡 三木家や松岡家は同じころ、福崎町に移動してきたらしい

僕の苗字と旧姓が同じということで気になります。室町時代の終わりとかに、飾磨津なり姫路なりから、福崎町に移住した段階で、福崎町に移動しなかった松岡かなと思っているのですが。

13歳の時に三木家で4万冊の蔵書を読みふける

柳田国男が、福崎町の三木家で蔵書を読みふけった話は、フィクションの宮本武蔵が、姫路城の開かずの間で、2年間蔵書を読みふけった話のベースになっているのかなと思うのですが。福崎町の三木家と、僕の母親の実家の三坂の三木家は、家紋は同じです。

柳田の汚点

『歴史街道2003/9』に見開きの記事があり折口信夫の投稿原稿をすぐには載せずに、それに触発されて書いた自分の原稿を載せ、その後で、それに触発されて書いたかのような部分を捏造した折口の記事を載せるというひどいことをやったという逸話が書いてありました。

論文の査読者がいちゃもん付けて掲載を止めておいてその間に同様の論文を書いて、先取権を主張してしまうという事態は今でも起こることでしょうし、政治力を使って他人の論文に共著者として入れてくれと頼みまくる人が、論文数を稼いで政治力をさらに強化するみたいな事態もまた、今でも起こるでしょう。権威に弱い読者に も問題があるのかも。

『日経サイエンス2003/9』の36ページには数学者のエルディシュが1400以上の論文を500人以上の共著者と書いたという例が出てきますが、これは別の例ですね。

柳田の『遠野物語』も佐々木鏡石こと佐々木喜善に聞いた話を本にしただけということだし。。。

盗用された体験

『羊たちの沈黙』をテレビで見て思い出したのですが、アスキーネットACS時代に、レクター教授が、言葉だけで囚人仲間を自殺に追いやったことに憧れを持っていたような怪しい集団がいました。アスキーネットACSには、管理人だけではなくて編集者がいて、後から思うと、その編集者はその怪しい集団に取り込まれていたのでした。

その編集者が編集するオンラインマガジンに投稿した時のことです。整形して送り返されてきた原稿が最初はサイズがおおきすぎてエラー(高々10KB程のファイルサイズのメールがエラーになるわけで、時代を感じさせますね)になり、その後も、別に1行の文字数を減らす整形をしただけだと思っていたので、スケジュールの都合もあるので、自分の文章を読み返さずにOKを出していたら、半年以上経ってから、その編集者が、僕の文章の一部を真似して書いていて、あれれ? と思って以前の文章を見てみたら、その部分が抜け落ちていました。編集者が盗用するために、切り取っておいた様です。交流分析の5つの要素順に書いていたので、そのうちの1つが抜けている形になっていて、僕から見れば妙な文章になっているのですが、他人にとっては背景の構造など関係ないでしょうから気づかないでしょう。もう十数年も昔のことなので、忘れていたのですが、『羊たちの沈黙』で思い出してしまいました。

ちょっと前には、少子化問題についての国の懸賞論文の受賞作が、新聞記事の丸写しとかいう事件がありましたね。

2004/4/7追記

『歴史街道』2004/5の同じコーナーに、知恵伊豆放火説が載っていました。

関連ページ

中央と地方の関係について考える

2004/4/7追記

中学高校の同級生で、福崎町出身で現在医者をしている松岡君と同窓会で会った時に、詳しいことを聞こうとしたら、『故郷七十年』は、13歳頃に福崎町を出て行った人が長く経ってから書いた話なので、いろいろ間違っているという様なことで、地元では評価が低いのだなあと思ったことがあったのですが、他にもいろいろ問題がでてきますね。

2003/8/9追記

松岡5兄弟

名前 仕事  

松岡鼎

茨城県、千葉県で医者  
井上通泰 国文学  
柳田國男 民俗学  
松岡静雄 海軍大佐、言語学、民俗学、国学の著書  
松岡映丘 日本画家  

古代史関係の本を真ん中の3人が書いていて、誰が誰だったか混乱します。

2004/5/24追記

『故郷七十年』に出てきた祠

偶然NHKで、布川の祠を見ました。確かに大昔のことではないのでそのままの姿で残っていても不思議はないのですが、福崎町の生家の場合は移設されていたり周辺が観光資源として開発されているわけだし、というか驚いたのは、そもそも、柳田国男の言っていることを半分フィクション扱いして読んでいたせいだと思います。あと、「やなぎたくにお」なのですね。これまで、やなぎだと間違っていました。

2006/3/15 追記

『その時歴史が動いた』 日本を発見した日本人 〜柳田国男・「遠野物語」誕生〜

2006/11/8に放送されていました。気づいたのは後だったのですが、この番組は録画しているので見ることができました。立松和平氏がゲストで、東北へ馬と結婚した娘の神様の話を聞きに行ったり、日本で唯一縄文時代風の焼畑農業が続いている地域を取材したりしていました。悪いことも良いこともしない普通の人の暮らしを記録するのが民俗学なのですと言っている声も出てきました。あと、日本人の起源について、沖縄を経由して南からやってきたという説を唱えたというのも最後のところで紹介していました。同じ播磨の松岡なので、僕と同じY染色体を持っていたとすれば、中国南部で生じて稲作と共に日本に渡ってきたM122ということになります。南から来た人ばかりではないことは今では当然ですが、まあ、多数派ではあります。沖縄返還へ世論を誘導するためだったかの様な文脈で出てきました。あと、島崎藤村が友達だったというのも出てきます。島崎藤村は、川越市ゆかりの作家で、現在の住所の近所に石碑が立っていたりします。2件続けて訴えられることが続いて私小説を封印した車谷長吉に言わせれば、島崎藤村は私小説のネタが切れたらわざと不道徳なことをして小説のネタを作っていたことになっています。森鴎外にしろ島崎にしろ良い友人がいませんね。

島崎藤村ゆかりの地

2006/11/10追記

関連ページ

家系図関係の文献
松岡 という名字について
松岡姓の有名人のリストを作る
三木さんのホームページ
三坂の三木家について
英賀城
有名人ランキング
作家ランキング
播磨は地方分権のリーダーに
グランドデザイン
森鴎外
神隠し 2004/2/14追記
明治時代に起因する問題点 僕のY染色体についてのメモがこのページにあります。

外部リンク

毎日新聞社:「開かれた新聞」委員会委員に聞く(2) 柳田邦男氏 読みが同じで漢字表記が違うこの作家が今、毎日新聞waiwai事件の渦中にいて、勘違いした人がこのページまで来ている様です。このページ先日は、googleで「柳田邦男」を検索したとき14番目に表示されるページだったのですが、現在はgoogle圏外、yahoo10位、msn80位です。googleは検索できなかったこともあり激しく変動しています。 2008/7/27追記

2003/4/28 作成 - 2008/07/27 更新

家系図関連 目次

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

個人情報

通信

姫路

発明 

関連サイト

僕のY染色体の12のマーカー

読書メモ

 
 
 
 
 
  
 
 
 
 

 

seo

ホーム 家系図 松岡肇