[HOME]  → [姫路] 松岡肇(まつおかはじめ)1961/2/15 22:10 姫路市生まれ

『バトルフィールド・アース』の感想

csn1で見た直後は、B級映画の割には良くできているな程度の感想だったのですが、その後、金鉱脈がむき出しになっている山岳地帯で戦う悪夢を見て、予想以上に印象に残っていたことに気づいて、しばし反芻してみました。

異星人に占領された3000年の地球で、自由を奪われた地球人が、占領側の文明を学び、隙をついて1000年前の技術も掘り出して、自由のための戦いに勝利を得るという物語でした。これが原爆を使うアメリカに破れ占領された日本が、モノマネと言われつつ、戦後急成長を遂げたことへの賞賛と恐怖がベースにあると見なすならば、『ヤマタイカ』で突然ヤマトが復活し、アメリカに攻撃を始める荒唐無稽さと同様のものがあります。

キャッチアップの後の反撃のために使うことができる1000年前の技術とはなにか? 巨大戦艦ヤマトでも邪馬台国でもなく、加古川生まれのヤマトタケルか? それも違う感じです。「オタクのジャンルにはオカルトが含まれる」とか、「日本の得意分野にはホラー映画も含まれる」というのと同じで、陰陽道か? 土曜日の朝刊に書いてあったみたいに発電所を家庭電化製品なり個電にしてしまう21世紀の日本の技術か? キルビルで千葉真一に捧げられる尊敬や、ザラストサムライでの武士道への尊敬か?

検索してみると、原作者はサイエントロジーの創設者で、製作・主演のトラボルタは広告塔という関係なのですね。警戒する必要があるのかも。あるいは、実質的に世界をリードしているにも関わらず、高すぎる専門性ゆえに分断され孤立させられているオタク達が連携の手段さえ持てば世界が変わる、というヒント程度の認識でよいのかな。

外部リンク

バトルフィールド・アース - goo 映画 

関連ページ

『ヤマタイカ』の感想
『ヤクザ・リセッション さらに失われる10年』の感想 たまたま著者が1961年生まれだったので、オタクが連携して政府を無害化する方策があるのではないか? とか思ったのでした。全く違う刺激から同じ様な結論に帰着していたので、どこに書いたか思い出せませんでした。2003/11/18追記
『ラストサムライ』の感想 トム・クルーズもサイエントロジストだそうです 2004/4/6追記
オタク関連の発言まとめ 2006/2/14追記

作成 2003/11/9 - 更新 2006/02/14

下位ページ

関連ページ

上位ページ

ホーム
上へ
兵庫県姫路市関連リンク集
歴史上の人物と姫路との相関関係
風水都市姫路関連ページ
ジャパンインパクトの刃物の再放送を見ました
姫路駅前CASTY21秋葉原誘致計画
姫路の好機と長所
姫路の危機と弱点
飾磨区
播州の祭り リンク集
掲示板引越しのお知らせ
更新日付のファイルをファイル名でソートしたもの
姫路関連のニュース検索

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

古代史

都市比較

家系図

個人情報

関連サイト

姫路関連のニュースのメモ

乱雑な本棚 播磨

乱雑な本棚 播磨@神戸新聞

乱雑な本棚 陰陽道、風水

乱雑な本棚 播磨(明治以後)

 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ルピナス南大路

seo