[HOME]  → [姫路] 松岡肇(まつおかはじめ)1961/2/15 22:10 姫路市生まれ

江戸時代を見直す動き

よくある話なのですが、あちこちに傍証として書き散らしているだけで、矛盾しているかも知れずここに関連ページのリンクを作ります。

外部リンク

Interview 1998/2/27号なのですが、{ニッポンは、九州に戦争で負けたんだよ。ニッポン 対 九州っていう図式を考えたほうがいい。そのことを大阪から江戸まであった文化、姫路でもいいや、もっと行くか・・・安芸、うん。広島から江戸までの文化は、間違いなく、島津藩に破壊されたんですよ。親欧米の大久保利通って男に。大久保ってのは、江戸文化にとって、テロリストですよ。 }というのがありました。この人の本は1冊も読んでいません。中国地方を占めていた毛利は江戸時代の間にどんどん勢力を弱め、江戸の終わりにはついには山口県だけになっていたわけで、九州だけではなく山口県から、明治政府で権力を占める人たちが大勢出ているわけですから、かつて毛利の本拠地であった広島を入れてもよいのかどうかちょっと迷います(歴史が苦手で時間軸の解像度が荒いせいですが。)
ちょっと違うのですが、日本の成立には、日ノ本と称していた東北の国が果たした役割が大きいという説もありますよね。
あと、誰も見ることのなかった日本をジパングという様な台詞がアニメの『ジパング』の中にありました。主流派の不調をチャンスと捉えて逆転復活を夢見る負け組みみたいな話が、別の未来を作り直すという形にすると受け入れやすくなりますよね。

関連ページ

中央と地方の関係について考える 明治時代を植民地支配の時代と捉え、江戸への復帰を植民地支配からの開放とみなす
少子化対策としての選挙権年齢の引き下げ 江戸の繁栄を維持するために参勤交代に変わる制度として大学を東京に集中させた。
環境重視の動きも姫路には有利 鎖国という環境にやさしい自己完結社会
ジャパンインパクトの刃物の再放送を見ました 江戸時代まで遡ると日本的なものの起源が姫路にいろいろ見つかります。
『日本史の誕生』の感想 鎖国は江戸時代に始まったわけではないという説をメモしているだけです。
紀淡海峡大橋より京姫鉄道 江戸時代の国土軸は、皇居を江戸と姫路で挟むものだった。
『都市の魅力学』の感想 江戸と姫路の関係
自衛隊員の次の生贄はプログラマだ 江戸の庶民
明治時代に起因する問題点

作成 2005/3/2 - 更新 2006/04/22

下位ページ

関連ページ

人口減少時代の中心都市姫路
江戸時代を見直す動き
環境重視の動きも姫路には有利
歴史街道モデル事業
『ラストサムライ』の感想
2005年の播磨
2004年の播磨
2003年の播磨

上位ページ

ホーム
上へ
兵庫県姫路市関連リンク集
歴史上の人物と姫路との相関関係
風水都市姫路関連ページ
ジャパンインパクトの刃物の再放送を見ました
姫路駅前CASTY21秋葉原誘致計画
姫路の危機と弱点
飾磨区
播州の祭り リンク集
掲示板引越しのお知らせ
更新日付のファイルをファイル名でソートしたもの
姫路関連のニュース検索

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

古代史

都市比較

家系図

個人情報

関連サイト

姫路関連のニュースのメモ

乱雑な本棚 播磨

乱雑な本棚 播磨@神戸新聞

乱雑な本棚 陰陽道、風水

乱雑な本棚 播磨(明治以後)

 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ルピナス南大路

seo