[HOME]  → [姫路] 松岡肇(まつおかはじめ)1961/2/15 22:10 姫路市生まれ

紀淡海峡大橋より京姫鉄道

国の政策としては、今後は東京から福岡までの従来の国土軸に限定されない4つの国土軸を設定し、地域ごとの特色を生かすという様なことになっています。特色を生かすとか多様性という語を官僚が使う場合には、正反対の意味が含まれていて、過去の国土軸の成功体験を基にして、2番煎じ3番煎じ4番煎じを目指すというのが本来の意味であるというのは良くあることです。姫路の近辺でその構想を具体的な形に翻訳すると、淡路島と和歌山の間に橋なりトンネルなりを作るという話になります。本四架橋で赤字を出したのにまだやるのか? とか思いますが、 (僕はさらに地震の原因ではとも疑っています。)神戸空港だって止まらなかったわけで、荒唐無稽に思える淡路と和歌山の間の橋だってそのうちなし崩し的に実現してしまいかねません。

中央構造線沿いになぜ?

中央構造線ってなあに? 紀伊半島から淡路島に橋を架けようとしているちょうどその場所に断層があるではないですか。
・・豊予海峡ルートWWW・・ 豊予海峡大橋も中央構造線の上。
wanko yellow-page(1) 伊勢湾口大橋も中央構造線の上
[国土軸] 太平洋新国土軸の旅目次 太平洋新国土軸=中央構造線と言っても良いくらいですね。
暮らしの達人 明石大橋は、新潟-神戸構造帯の上にあるし。
リニア中央新幹線 の場合は、甲府諏訪間が糸魚川・静岡構造線上。

日本は地震の巣なので、断層を横切る道路は仕方が無いと思うし、断層を横切る線路や道路は断層部分で切れる可能性があるから、バックアップのために別の経路も用意する必要があると思うけれど、わざわざ、断層の上に、線路や道路を作るのは間違っていると思う。断層を避けて断層の両側に並列に作るとかが正しいでしょう。

断層のあるところは、地価が下がるので、線路や道路の用地取得が簡単になるので、断層に沿った道路の計画が進むのでしょうか? 不要不急のものだから、地震で壊れても支障が無いという判断なのでしょうか? 断層の無いところでも作るべき道路はいっぱいあるでしょうに。

2003/10/4追記

あるいは、関東に比べて関西の方が平地が少ないのが特色であるという捉え方がある様なので、それを補うために播磨に伸びるという考え方をせずに、特色を強調するために、平地の少なく林業が盛んな和歌山へ伸びることが関西の特色を生かすことにつながるという様な思考パタンなのでしょうか? これは問い詰めないと大きな謎だと言う必要があるでしょう。

ところで、最近、やがて限界を迎える宇宙船地球号のモデルとして鎖国の江戸時代を見直す環境重視の動きがあります。さらにまた、日本では人口が増加しない時代がすぐ目の前に迫っているわけで、人口増加のなかった江戸時代というもう1つの意味でも江戸時代が見直されています。欧米列強に追従し帝国主義国家に変身した明治以降の時代は、長い歴史の中におけるあだ花扱いして、江戸時代の延長上に現在を位置づけなおそうとする動きです。時代錯誤な国の政策とは一線を画して、 中国風でも西洋風でもない日本特有の建築美の代表でありなおかつ日本におけるルネッサンス期の傑作とも言われる姫路城を持つ姫路としては、その線にそった復興を目指すべきでしょう。

江戸の視点に戻すと、姫路は、東京-京都-姫路という一直線の軸上にあって、右向きと左向きの渦巻きの城で京都を挟む位置にある東京の鏡像としての風水都市姫路であるわけです。ですから、姫路としては、いまだに 破綻偏愛傾向の政府方針とは異なる方向を提唱し、日本における江戸以前からの主要な都市軸を強化するのが必然 と言えます。たとえば、京都と姫路を直結する鉄道路線計画の復活とか、播磨湾岸道路とかです。地盤の弱い神戸を経由せずに、東側へ抜ける別の経路という意味で京都への直結は重要ですし、播磨空港を諦めてまだ日も浅いわけで、関空へのアクセスのための湾岸道路も重要です。

新潟−神戸構造帯というのがあるそうです。京都-大阪-神戸を通っているらしいので、既存の新幹線のうち、その部分は支線扱いして、京都から姫路へ直結するというのが正しいと思います。

外部リンク

Web東奥/ニュース百科

2003/10/2追記

京姫鉄道

街道の日本史39 播磨と山陽道 の199ページに少し記述があります。{
また、姫路から丹波道にそって北東に進路をとり、社、篠山を経て京都府下の園部で京都鉄道(現JR山陰線)と接続することをめざす京姫鉄道も出願され、認可された。さらに西播においては、網干港〜龍野〜山崎を結ぼうとする西播磨鉄道なる計画もあった。
しかし、以上の諸計画はすべて、1897(明治30)年および1900(明治37)年の恐慌の到来によって実現せずに終わった。史料にのみ名を残す、幻の鉄道である。

大阪神戸を飛ばして京都の次に姫路に停車するのぞみができれば、それと競合するためには、かなり早くないとだめでしょうが、とりあえず、明治時代より技術が向上しているでしょうから、北に膨れずにより直線的な経路にして、途中に神戸北部のベッドタウンを挟むことにして、新快速で京都に行くよりも早い程度のものにすれば、それなりに需要はあるのではないでしょうか?

訂正 のぞみは、大阪神戸を飛ばして高速化するのではなく、220Kmから270Kmへの高速化だったのですね。

2003/8/28追記

でも、姫路というか播磨には、強い独立心の表れなのか、単なる恐怖心なのか、そういう動きを避ける考え方があるような気がします。政令指定都市を目指す動きの中でも、姫路が東播磨と西播磨のどちらにつくのか? という二者択一を迫る勢力があっていずれにしても姫路を中心に置くことに対する強い警戒感があったと思います。また、新快速で大阪や神戸へ通勤する人の比率が増えたけれど、それをさらに加速すると、姫路がそれらの都市のベッドタウンになってしまうかも知れないそれでも良いのか? むしろ、姫路としては、川沿いに北に伸びるべきなのではないか? みたいな意見もありました。播磨におけるそういう不協和音が、やがて淡路と和歌山の間に 先に橋をかけてしまう気がします。

篠山街道と播州路

『週刊 日本の街道 66 篠山街道と播州路』が少し前に発売されて買ったのですが、この街道の振興策でも良いですね。以前、yahooの掲示板で、大垣の人が、大垣から姫路に車で行くのに、372号線を通ったら、無残な有様で、よくこれで平気だなあみたいなことを書いていました。その時は全然気にならなかったのですが、京都から丹波の篠山を通って播磨の姫路という経路の歴史的な意味合いは、それなりにあるでしょうし、京姫鉄道ではなく、篠山街道と播州路というのを押すのもありだと思いました。

京都:中国からの輸入文化
姫路:日本らしい文化
神戸:西洋からの輸入文化

こういう図式で考えると、京都-神戸-姫路という新幹線の駅順だけでは不足だと思えるわけです。

2003/8/28追記

外部リンク

幹線道路ネットワーク http://www.kkr.mlit.go.jp/road/kansen/index.html 国土交通省の近畿の道路関連のページを見ると、大阪-神戸-洲本-和歌山を結ぶ環状道路を実現するということになっています。神戸市出身の扇大臣が大臣だから、一時的にこうなっているのか、確定した方針なのかどうか知りませんが 、とても怪しい。 普通、環状道路というと同心円が描かれるものですが、3重の同心円のどれもが神戸を通っている以上これは、環状道路ではなく、扇状道路とか別の名前を付けるべきです。まったくインチキと言わざるをえません。近畿に限定される必然性もわかりませんが、その場合の最外周の円は、奈良、京都、姫路を結んでこそ関西の3環状道路と言えるはずです。
本来通過交通を排除するために作るはずの環状道路なのに、関西3環状道路に関しては3本ともなぜ神戸を通るのか? という疑問に対する仮説として、2つを思いついていたのですが、さらにもう1つ怖い考えが浮かんでしまいました。
  1. 神戸出身の大臣が地元への利益誘導政治を行った。
  2. 橋を作りたい官僚が、大臣へのゴマすりをした。
  3. 道路の換地用として国が神戸市から売れ残りの土地を買い取る計画。

最近、りそな銀行に2兆円投入というニュースがありましたが、2兆円の赤字と売れ残りの埋立地と、1兆円の空港計画と、さらなる隠れ赤字を抱える神戸市をできるだけ目立たない形で救済する方策が神戸に三本の道路を集中させる政策なのではないか? という疑いです。他の都市だと、そういう疑いはしないのですが、神戸については常にこういう疑惑が付きまといます。

日本が帝国主義に向かっていた明治に栄えた神戸なので、すべての道は神戸に通す、というローマ帝国ばりの思考パタンが神戸の選挙民にあって、扇大臣に利益誘導政治をさせることになっても不思議ではないとか、神戸空港を推進した神戸市というのは、国に弱みを握られているわけで、紀淡海峡大橋と共犯関係に取り込むのは容易だし、少なくとも反対できる立場にないという風に、他の面でも神戸の特殊性に結びつけて考えることはできます。

2003/5/31追記

はりま臨海地域の将来の魅力ある道づくり 姫路市とかが関わっている播磨臨海地域道路とかは、地域高規格道路の候補にも上がっていませんね。
紀淡連絡道路建設促進 和歌山は山深い土地で、下水道の普及率を高めることにも苦労しているはずなのに、そんなにメリットがあるのかなあとか思いますが。
明治時代に描かれた未成線――1200,000輯製図・地勢図「京都及び大阪」―― 京姫鉄道でヒットしたのはこのサイトだけでした。
Google 検索 京姫鉄道 2003/6/3時点 2件 このページは未収録 2003/7/1現在 収録済み
「乗換案内」 2003/8/30現在、京都から姫路で検索すると、東海道山陽本線新快速だけが検索されて、新幹線が出てきません。一瞬、現在のダイヤではすべてのひかりは、新大阪乗換えなのかと思ってしまいました。単なるバグでしょう。2003/8/30追記

関連ページ

風水都市姫路 
姫路をめぐる合併の動き
「都市再生」を問う の感想 
姫路駅の位置は5.6Km東に表示される 国土交通省に姫路が軽視されている証拠のようにも思える
ジャパンインパクトの刃物の再放送を見ました 日本独自のものが割と姫路にはある
日本の国土軸
日本をボロノイ分割
南関東直下地震関連 リンク集
江戸時代を見直す動き 2005/3/3追記

作成 2003/5/30 - 更新 2005/03/03

下位ページ

関連ページ

明治時代に起因する問題点
短命だったもののリスト
播磨は地方分権のリーダーに
姫路モノレール
紀淡海峡大橋より京姫鉄道
観光ガイドが少ない
姫路駅の位置は5.6Km東に表示される

上位ページ

ホーム
上へ
兵庫県姫路市関連リンク集
歴史上の人物と姫路との相関関係
風水都市姫路関連ページ
ジャパンインパクトの刃物の再放送を見ました
姫路駅前CASTY21秋葉原誘致計画
姫路の好機と長所
飾磨区
播州の祭り リンク集
掲示板引越しのお知らせ
更新日付のファイルをファイル名でソートしたもの
姫路関連のニュース検索

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

古代史

都市比較

家系図

個人情報

関連サイト

姫路関連のニュースのメモ

乱雑な本棚 播磨

乱雑な本棚 播磨@神戸新聞

乱雑な本棚 陰陽道、風水

乱雑な本棚 播磨(明治以後)

 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ルピナス南大路

seo