pag1teto for Mac むりやり予約受注開始!97/3/1

Photoshop用のPlugInが97末に出せそうです。(97/9/9)

このページがしばらくpag1teto for Win95の内容になっていました済みません。(97/3/1)

必要性

Macユーザーからの要望が一番多い

追加予定の仕様

なし
むしろ最初は減色以外の機能がほとんどないものが出来上がると思います。

進捗状況

97/3/1 受注生産という方法に思い当たりました。

InternetUser97/5の58pageには、Mac版の開発が始まったようだと書いてありましたがあれは希望的観測です。実際には注文が来なくてがっかりしてしまいました。

でも、シェアウェアでも、受注生産でも、超流通でもない作者とユーザーの新しい関係がまだありえると思います。

発注から販売までの普通より間延びした手順

  1. 唐突ですが、97/3/1今日から、受注を開始します。

    97/3/1にもまたMac版の要望が来ていました。Macユーザーからの要望が一番高いので無視することができなくなりました。

  2. 200万円分の注文がまとまった段階で、制作を始めます。

    僕は、1人しかいないのに、すべきことはいっぱいあって、その上、お金もないので、あての無い先行投資を行うことはできません。自分でMacを買い自分で移植するか、もしくは、Macプログラマに外注するしかないので、200万円というのは最低線だと思います。注文が最低線を越えなければ、開発はしません。

    ソフトピアジャパンセンターの入居期限の2ヶ月前1999/3/31を受注期限とします。

  3. その後の2ヶ月で完成させます。

    また、2ヶ月でできるのは、かなり機能を絞り込んだソフトになることを覚悟してください。その後、機能追加したバージョンが出せるかどうかは、その先も売れるかどうかに依存します。

  4. シェアウェアではなく、注文した人に直接販売します。

パッケージソフトにするには、市場が小さいと思うのですが、シェアウェアという方式では、最近、やたらと増えているクラッカーに資金を与えるだけになってしまうので、予約注文販売方式にします。

予約方法

そのうちフォームなどを作りますが、とりあえず僕にmailを送ってください。

記入すべき内容は、

  1. メールのタイトルは、"Mac版注文"とでもしてください。
  2. 名前
  3. 場合によっては、企業名+部署名
  4. mailアドレス
  5. ライセンス数(マシン数または、ユーザー数のどちらか多い方の数)
  6. 1ライセンスあたり最高支払い可能金額

価格の決定方法

価格とその価格で売れる本数の積を最大にする価格を随時求めこの場所で公表します。それが最初に200万円を超えた時点で価格を決定し、開発を始めます。一種の入札と考えてください。

その他

海賊行為の危険を防ぐために、企業からの発注については、Web上で公開する場合があります。

個人からの受注データについても、プログラミングを発注する必要が生じた場合や、融資を受ける必要が生じた場合などに他人に見せる可能性があります。

受注状況(97/5/9現在)

3000円 が 3ライセンス

5000円が1ライセンス

予定額の0.6%

発注企業名

有限会社ファスト・スタジオ

遅れている原因

固有の原因

Macを持っていないし、Macについての知識も無い。

すべきことのリスト

マーケティングリサーチ

 (C)MATSUOKA , Hajime

[HOME][計画]