第2章 pag1tetoの改良項目リスト

第7節 ImageKnifeには無いオリジナルなレタッチ機能

第1項 4連の領域分割
ベクトル化前処理として
第2項 変形
ゆらぎ機能
魚眼レンズ
水滴を通した画像
目を大きくする
領域毎のボロノイ分割によって、セル毎のレンズ効果
砕けた鏡風の効果
普通のカレードスコープ
円筒のカレードスコープ
盲点の作成
第3項 フィルター
孤立点除去フィルター
 繰り返し回数の指定
AICを使ったノイズ除去
領域内での色の平均からの差が最大の点が、領域中央の点であるなら、平均に置き換える
平均からの差が大きい点を検出する
彩度の平均化
最小値、最大値、(最大+最小)/2フィルター
最大値、最小値フィルターの形をセット可能にする

全域に渡るFFTで、特定の図形をカットする機能
多数決フィルター
平均-多数決フィルター
メタリック化
第4項 画像の合成
選択範囲にグラデーションを重ねる
画像間の和、差、反転
一方を細切れにして、再配置によって他方を近似
近似の仕方に、平均だけでなくさまざまなバリエーション
市松模様
マッピング
水面の光のテクスチャー
モノクロパターンに、グラデーションマスクで色付けする
mix用画像の生成
近傍との差の二乗和の大きい点だけを
R,G,B,Y
三次畳み込みの11,01のグラフを元に2画面の演算を行う
MIN,MAX,平均,差の絶対値

第5項 領域立体化
細線化の応用
一方向だけの曲率を一定にする
放物線近似で反復計算を行う
まじめに反復計算
三次畳み込みの応用
第6項 位置による分割
色の誤差を最少にするように色空間を分割したように、色の誤差を最少にするように画面を直線で分割する
第7項 色空間での変換
色相環だけにノイズを重ねる
彩度を上げる
ヒューを回転させる
ヒューを2倍にする
HSV座標系での色の座標変換
輝度を色相に変換して、サーモグラフ風の画像を作る
色度平面と、白、黒のディザー
中心を通る3平面とデジタル8色
12線
第二主成分までの色平面に射影する
輝度だけを二値化する
色空間のトリミング 主題と関係無い色を無視する。
色相に応じて、位置をずらすフィルター、サイケデリックな効果を狙う。
色空間内の1点からの距離で透明度を求める
色の分布のフラクタル次元を求める
網点を形成するディザーパタン
第8項 その他
近傍の第一主成分を求め2値化するフィルター
小さい領域を少ない色で表現することによるノイズ除去
キャプテン風のブロック単位2色
逆行列を求めることによる画像の復元
MacPaintにあった微分
細線化
領域ボロノイ←→色空間ボロノイ
ボロノイ分割して、ランダムモザイク
TSPもDLLにして追加
影付き文字
ヒストグラム平坦化
3D空間でのヒストグラム平坦化
小空間毎に、第一主成分を求め、それについて、二元二次の回帰式を決定し、それをエッジとする。
n色ずりの作成
      

pag1todo ImageKnifeにあるレタッチ機能
pag1todo レタッチの高速化、その他1
      

Topへ戻る
pag1シリーズ目次
pag1シリーズToDoList目次

   

 (C)MATSUOKA , Hajime

[HOME][計画]