第2章 pag1tetoの改良項目リスト

第8節 レタッチ機能の高速化

コントラスト調整γ補正などは、パレットアニメーション操作で行なう。
ミラー処理など、パレットの変化しない処理で、減色を避ける
共一次内挿法で、DCIに対応する


      

第9節 その他機能追加

第1項 複数画像表示

256testとの統合、複数のビットマップを表示、上層に移動コマンド
256testをそのままのアルゴリズムでCに変換して高速化
256testをDelphiで書き換え

      

第2項 オブジェクト化 画像理解

別ソフトにする可能性がある。
手書きの輪郭を与えて細かいパラメーターを学習する。
輝度変化から、面の向きを推定するフィルター
セル画風変換
画像分類
複雑さの増えない画像合成
隣接数/min(2色のドット数)/2色の距離

      

第3項 フォーマットコンバーター機能

トランスペアレント、インターレースGIF
プログレッシブJPEG
Susieのpluginに対応←要望1件
SunRasterfileformat
PhotoCD←要望複数(PhotoCDDeveloper'sKitは19万円もするそうです。ライセンスだけなら、500ドル)
MAG、PICその他各種国内フォーマット←要望1件
TWAINスキャナー
WinNTの16bit(565)ビットマップに対応する
rgbが逆順になっているビットマップに対応する(存在する?)
DJG規格ローダーに対応するDOSなのでバックグラウンドで動作させる
Word付属のgraphicfiter(CGM,EPS,TIF,WPG,PCD,PCX,PICT,JSH)に対応できないか調べる←要望1件
WinGに対応するトップダウンDIBへの対応
LViewが使っているJPEGライブラリは使えない?
LZH圧縮ファイルのセーブロード
Macバイナリーのjpeg
Photoshopのフォーマット←要望1件

      

第4項 ドロー機能

各オブジェクトに画像を張り付けることを可能にする
不定形のrleを前提にする

      

第5項 ペイントツール機能

投げ縄ツール
多面体へのマッピング
遺伝的アルゴリズムによる画像生成
繰返しパターン作成支援
6角形3つの組合せパタンの繰返し
うずまきスタンプ(ハンズで作ったシールのデザイン)
複数の点からスタートするペイント機能
サイクリックペイント
スキャンした画像の文字などの部分を削除するツール
線を指定して、断面を延長
スポイトツール
ランダムな位置で筆の形で、元画像の平均の色をプットする
順次1/4の領域に分割していく。誤差の少ない1/4の範囲は1(2)つの色で塗ってしまう。色数の違う領域のモザイク
マスク機能
テキストの貼り付け

      

第6項 ビューアー機能の高機能化

大きなビットマップをスクロールバーを付けて表示
全画面表示
256色から、236色への変換
ファイラーでのプレビュー機能
ビューアーを独立させる
操作方法
ダブルクリックで----------------------------pag1tetoを起動
フォームに
shift+ドラッグ&ドロップで複数のファイルを--すべて追加
ドラッグ&ドロップで複数のファイルを--------順次表示
shift+ドラッグ&ドロップで1つのファイルを--古い画像をそのまま、新しい画像を落した位置に追加
ドラッグ&ドロップで1つのファイルを--------古い画像を削除、新しい画像を落した位置に追加
画像に
shift+ドラッグ&ドロップで複数のファイルを--過去のファイルと、選択したファイルを縮小一覧表示
ドラッグ&ドロップで複数のファイルを--------選択したファイルを縮小一覧表示
shift+ドラッグ&ドロップで1つのファイルを--落した位置を見て、接続
ドラッグ&ドロップで1つのファイルを--------落した位置の画像を削除、新しい画像を追加
      

pag1todo ImageKnifeにないレタッチ機能
pag1todo その他機能追加2
      

Topへ戻る
pag1シリーズ目次
pag1シリーズToDoList目次

   

 (C)MATSUOKA , Hajime

[HOME][計画]