ロボカップ

1997年は、名古屋であって、児島君は見に行ったついでにソフトピアに立ち寄ってくれました。もしかしたら、ロボカップ97がソフトピアであったかも知れないとも言っていました。ソフトピアもスポンサーの1つで、研究開発部の人も少し関わっていたみたいです。

1998 実際のワールドカップの日本対クロアチア戦を見ていて、サポーターがまき散らした紙吹雪がピッチに広がっていて、あれがもしもロボカップであったら、ボールの位置を見誤りかねないと思ったのでした。

画像理解は、やろうと思っているテーマでもあります。

また、(結局駄目だったのですが)昔、マイクロマウスコンテストに出場しようとして、スフィンクス型のロボットを作ったこともあります。

99/7/19 昨日、SkyPerfecTVのVAIOnetで、中部地方の研究所と大学のロボカップのチームが、5月の国内予選でどんな風に戦ったかについて放送していました。その時に、優勝チームのソースコードは公開される条件であるという風に言っていました。そのせいかシミュレーション部門では、1,2ヶ月の取り組みで、勝ち進んだチームもいたそうです。シミュレーション部門にはスタミナという制約条件もついているみたいです。以前、「bit」に、シミュレーション部門のサーバープログラムが載っていたことがあります。

オフィシャルページへのリンク

RoboCup Official Site

04/01/26更新

 (C)MATSUOKA , Hajime

[HOME][計画]