TSPの応用が進まない理由

市場性

ユークリッド空間にしか使えないので、きわめて限られている。

差別化要因

高速。

必要性

速度が要求される場面使われる、バケット法や最短隣接法よりは精度が高いはず。

追加予定の仕様

現存するのは、昔作ったスモールモデルのDOS版だけなので、実用的なサイズの問題を扱えるようにコンパイルし直す必要がある。

進捗状況

特許出願済み
問題に応じたGUI部分を作ればそれで商品になる気もしています。

遅れている原因

固有の原因

TSPは需要が無いので放置していますが、VLSIのパターンを作るときなどに使われているわけで、少ない本数が高い値段で売れるという可能性があります。

一般的な原因

すべきことのリスト

マーケティングリサーチ

04/01/26更新

 (C)MATSUOKA , Hajime

[HOME][計画]