[HOME][古代史]

移民の受け入れ

姫路にはかつて難民収容施設があったせいで、ベトナム人が多かったりするのですが、将来的に可能性が高いのは、ブッシュ政権があと4年近くも続くことに耐えられなくなったアメリカ人ではないかと思います。少し前カナダへの移民が増えているというニュースがありましたが、中でもアメリカを支えている優秀なユダヤ人が大量に亡命する可能性に期待してしまいます。アラファトが死んで中東和平のチャンスのはずだと思われているのにブレアがアメリカに来た際にも、ブッシュは、消極的な返事しかしなかったわけですから。

Yahoo!ニュース - 海外 - ロイター 移民が増えているのではなくカナダ移民局へのアメリカからのアクセスが増えているだけでした。

ヒットラーから逃げてきたアインシュタインやフォンノイマンなどなどの科学者がアメリカの水準を急激に引き上げた様に、ブッシュがアメリカから都市部のインテリ層を国外に追い出し始めた現在は、それ以外の国にとっては大きなチャンスとなるはずです。

日本ユダヤ同祖説を唱える人たちによれば、秦氏とは、実はユダヤの失われた10支族の1つで、天山山脈の北の弓月国や新羅を経て、日本には赤穂の坂越に最初に上陸したということになっています。現在も、秦氏の祭りが、赤穂の坂越と京都の太秦の2箇所で毎年行われているそうです。というわけで、ユダヤ人難民のやってくるべき場所としては、長い歴史があります。

播磨に逃れてきていた兄弟が後の顕宗天皇と仁賢天皇になるとか、安倍晴明のライバル蘆屋道満とか、その後も、播磨は、京都に最も近い畿外として、京都での政争に敗れた人が落ち延びて来るアジールとしての歴史があるわけです。

あと、ユダヤ人にとっては有名人であるあずの日本のシンドラー杉原千畝の遠い祖先は杉原紙の加美町あたりにいたはずだというこじつけもあると思います。(杉原千畝当時はいったん神戸に上陸したものの単なる経由地でアメリカに渡ってしまったわけですが。)

という様なわけで、出口調査と比べて5%多かったという電子投票での得票によって当選したブッシュが、ひどいことを始める前に、ぜひ、日本にいるユダヤの人々は、播磨に集まって世界中、特にアメリカからのユダヤ人の受け入れ態勢を整えてください。

関連ページ

『シルクロード渡来人が建国した日本』の感想 赤穂の坂越にある大避神社や、姫路の広峰神社など播磨が、シルクロード渡来人の最初の上陸地点として他の日本ユダヤ同祖論の本と比べても大きな比率で解説されている本でした。 2005/7/29
秦氏関連のページ 2006/12/7追記

作成 2004/11/21 - 更新 2006/12/07

  

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

姫路ディレクトリ

都市比較ディレクトリ

通信関連

個人情報

関連サイト

読書メモ

乱雑な本棚:古代史

乱雑な本棚:日本人の遺伝子

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
seo

[HOME]  [古代史] (C) MATSUOKA , Hajime