[HOME][古代史]

キリスト教は易学者の創作という説

以前、読んで別のページにメモしていたのですが、新しいページに独立させました。

魚座のマークと太極図はほとんど同じです。太極図のカーブは、北斗七星という説もあり、NHKの歴史番組の中で登場する太極図風のマークもそんな風に歪んでいますが、北斗七星説では、魚の目の位置に対応する点が何なのか?説明が付きません。『八卦魚』というキーワードだと中国語のサイトが多数ヒットするので、もしかしたら、中国では常識の考え方なのかも知れません。

易学者、陰陽道   キリスト教(キリスト教会は、占星術を否定したわけですが)
太極図 勾玉 イエスのシンボルは双子座 双魚宮のマーク
勾玉 - Google イメージ検索

手元に適当な画像がありません。リンク先で見てください。

下の二つが似ていると感じるのは、多分僕の母方の家紋の元になった大三島の神社の家紋のせいだと思います。

八卦 折敷に揺り三 アクアエリンエイジ 地球の歳差運動に伴う25800年周期くらいの春分点移動に伴って、エジプト時代の牡牛座から、イエス・キリストの時代の魚座、そして最近はみずがめ座の時代とされているわけですが。
八卦太極 - Google イメージ検索

手元に適当な画像がありません。リンク先で見てください。

yurisan.gif (1042 バイト)

ここまでは2006/8/27追記

 

外部リンク

聖書の作者は古代中国の易学者だった!http://www.gogp.co.jp/uqmk/bunko/top.htmlそれで{中国、西洋、日本}の3者を対比しているページを探していたところ、とても、面白いページを見つけてしまいました。夜中まで読みふけってしまいました。カトリック系の中学高校に通っていたのですが、イエスが実在だったか? と考えてみたことはなかったので、面白いと思いました。聖書の中に他で出てきた様な奇跡の話が多数あるのは、捏造の証拠ではないか? とか、何百歳も生きた話などは、実話ではなく、数神秘主義の暗号とみなすべきだというのは、自然な考えに思えます。そのうち、有名人の名前と、「実在」というキーワードのアンド検索で、実在の疑われている人物のランキングでも作ってみようと思います。そして、この記事の中に、偶然にもこの中に姫路が登場します。姫路城から見えた山陽百貨店のサンタクロースがかなりの違和感を覚えさせたということかも知れません。
聖書の作者が中国の易学者というだけではなくて、何かの原典があって、それを深読みした結果がキリスト教なのではないかとふと思ったのでした。戦争中の軍部が日本書紀や古事記の断片を取り出して全く違うストーリーとして流布させた様に、原典をまったく違った意味に読んでしまうというのは可能だし、特に外国語の文献だと必要以上に高尚なことが書いてあるような気がするというのはありうることです。

NHKスペシャル 「文明の道」を見て、古代のヨーロッパとアジアのつながり具合の話で、またあのサイトを思い出したのでした。

2004/3/20追記

ルネッサンスの三大発明と言われている火薬も羅針盤も中国の発明品の改良だし、活版印刷も、中国の製紙技術が伝わらなければ羊皮紙では意味がないとか、コロンブスの前に、バイキングがアメリカ大陸に住んでいた他に、1421年には中国人が見つけている。みたいな中国を見直す動きにも関係しているかも知れません。(キリスト教も中国の発明だとなったらすごいのですが。)とりあえず、宗教法人靖国神社に首相の肩書きで参拝する小泉首相のせいで中国と関係が悪くなっているので、中国の美点はできるだけ強調しておきたいものです。

2004/4/24追記

ディスカバリーチャンネルのダビンチコード関連の番組でみたのだと思うのですが、シオン修道会あたりの説明のところで、古文書から持ってきたようなマークが2つでてきました。画像をキャプチャーしていなかったので、なんともはっきりしないのですが、道満のドーマンマークの先に矢印をつけたようなマークが左上に、8つの半円の弧がデザインされたマークが右下に出てきていました。番組中での解説がないままだったので気になっています。陰陽のマークを2つの半円の弧、「卍」を4つの半円の弧と捉えるとすれば関連がなくもない気がします。『ダビンチコード』は、イエスの実在だけでなく、イエスの子孫の実在まで主張している様ですが、むしろ、これらの2つのマークは、イエスは実在の人物ではなく、キリスト教は易学者の創作であるという説の方を支持している気がしました。

2006/5/14追記

flashファイルにしてみました。テレビで見ただけだと似ていると思ったのですが、よく見るとドーマンセーマンの本数は違うし、いろいろ違うのでした。 2006/7/5追記
テレビ東京の『世界ミステリー..』で、真・聖杯伝説 キリストの暗号という番組をやっていて、『ダビンチコード』を全否定する勢いでした。

続けて、聖骸布の出来上がったメカニズムについて説明していて、地震の際の放電によって、布から遺骸に埃が転写され、埃のない部分が紫外線で劣化した結果が現在の聖骸布で、以前の年代測定は、亜麻布の表面を覆っていた微生物のバイオプラスチックを測定してしまった結果にすぎず、本来の亜麻布は聖骸布より柔らかいという様なことでした。鞭の先の金属が作った傷跡などなど、聖骸布がイエスのものでない確率は250億分の1であるという主張まで出てきました。

イエスが実在の人物ではないという説が気に入っていたので、僕としては残念です。というか、こういうことが出てくるのは、『ダビンチコード』がイエスのイメージを大きく揺るがしたせいで、キリスト教会がイメージ回復のために努力をした結果ということなのでしょうか?

外部リンク

世界ミステリー紀行 真・聖杯伝説 キリストの暗号:テレビ東京
キリストのクローン秘密結社で検索すると、映画がヒットしました。

2006/10/14追記

Todo

・中国、西洋、日本というセットが意味をなすジャンルを調べる。たとえば、料理、美術、暦、歴史、星座、演劇、、、、たとえば、産業の発達においてアメリカの果たした役割と比べると、料理におけるアメリカの存在感はかなり低いですよね。

世界三大料理は、中華料理、トルコ料理、フランス料理であるというのをテレビでみました。日本が3大に割り込むのはなかなか大変みたいですね。

2006/5/13追記

・実在が疑われている有名人のランキングの作成

2002/11/24 追記

外部リンク
ナスダックに太極旗を掲げる このニュースの写真の韓国国旗は間違っていて魚の目(2つの小さな半円の中心)が対角線上に来ていないとか、境界線がS字ではなく、左右逆になっているのですが、卍を裏返すとナチスのマークになる様に、中心から遠ざかるに連れて、回転するデザインはS字の方が悪い意味になっていることが多い気がします。ナチスのマークの他にも、映画ダミアンで「666は悪魔の数字」と言っているデザインも右回り。なので、韓国国旗もむしろナスダックの間違いの方が吉なのではないでしょうか?

2006/10/18追記

関連ページ

風水都市姫路 この下の部分は、元々このページにあった部分です。
鬼門
指紋についてのリンク集 このページでも図像で考えています。
螺旋と渦巻き 書きかけのまま 

archive.org

風水都市姫路 2003/6/1のが一番古いものでした。

作成 2002/11/24 - 独立 2006/8/27  - 更新 2006/10/18

  

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

姫路ディレクトリ

都市比較ディレクトリ

通信関連

個人情報

関連サイト

読書メモ

乱雑な本棚:古代史

乱雑な本棚:日本人の遺伝子

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
seo

[HOME]  [古代史] (C) MATSUOKA , Hajime