[HOME][古代史]

南関東直下地震関連 リンク集

世の中あまり騒いでないのが納得いかなかったのですが、実はみんな覚悟なり準備なりすでにできていて、僕だけが、地震の前には串田氏が予報を出してくれるとお気楽に構えすぎていたせいで、予報が出た今になって慌てて準備しているということなのかも知れません。

最近読んだ「人口減少下の社会資本整備-拡大から縮小への処方箋」の146ページに、ライフラインの分散供給とかネットワークの議論が出てくるのですが、将来は、既存のライフラインの他に、コミュニティー単位とか、自治会単位の小規模な設備とか、建物ごとの発電設備とかができて多重化されて、地震になっても、そんなに困らないのかも知れません。まだまだ暑い最中に、地震で停電してエアコンが使えなくなることを想像して、扇風機だけでも動かせないかなとか思ったのですが50Wくらいでも10万円を越しますね。

2003/9/12追記

主観確率の保守性

みんながそれほど心配しないのは、主観確率の保守性というやつかも知れません。ベイズ統計とか認知心理学の用語かな。

2003/9/13追記

国が支援すると腐敗する

江川達也だったか、『東京大学物語』の漫画家が昨夜TV朝日の9時ごろの番組に出ていて、韓国に対抗して日本政府が漫画などの支援に乗り出しそうだけれど、日本の漫画が世界的存在になりえたのは、国の支援が無かったからだ、漫画家になることに親が反対するくらいの虐げられた分野であればこそ世界最高水準が維持できているのだ。国策産業というのは今日どれもこれも腐敗衰退しているではないか、漫画がそうなってはこまるから支援などしないでほしい。というようなことを言っていました。僕は今でも、手塚治虫に国民栄誉賞を与えなかったのは大きな失政だったと思っているので、支援すべきでないというところまでは賛成しかねますが、達観だとは思いました。

世界最高速のコンピュータである地球シミュレーターを買ってもらっている東大地震研が予知できず予知できても公表しない一方で、串田氏の地震予知の方法が完成に迫っている今日の状況もそれに似ています。

世界中に地震予知専用FM局の設置がいつできるか期待して見守りたいと思います。

2003/9/23追記

『日経サイエンス2004/3』によれば、地球シミュレーターは地震の予算で買ったわけではなくて、気象シミュレーションのために買ったみたいですね。でも、地球温暖化防止に消極的なアメリカを説得できる?

2004/1/27追記

八ヶ岳南麓天文台

八ヶ岳南麓天文台地震前兆観測研究センター公開実験参加者・「EPIO応援班」 9/14-19に東京神奈川にM7.2の地震という予報 1151では、検討会に出席した一部マスコミによる誤解に基づく報道を嘆いてあります。130人のうち地震学者は2人のみだそうです。
結局、9/20の地震のマグネチュード予測が間違っていたという結論でした。一安心。
10/15の地震については、北関東と予想していて、位置がずれていたそうです。
ずっと前から予想されていた地震が11/4に来なくて悩んでいたみたいですが、11/12の17:29のがそれでしょうかね。しかし、震源が紀伊半島沖でも、深さが390Kmもあると、関東が震源の時と同じような震度分布になるのですね。謎。2003/11/12追記
今回の様な深い震源からプレートを伝わる地震を説明する用語に異常震域というのがあるみたいです。2003/11/13追記
異常震域の地震については予測できないと書いてありました。贔屓の引き倒しになっていました。僕は、実験に参加していないので、どれがどの地震に対応しているのかわかりません。

2003/11/29追記

2005 EPIOニュース 更新されていました。 2005/5/22追記
 
iiV News:コラム 緊急インタビュー 9/12のFM電波観測で捉えた地震関連異常に関する検討会での串田氏の後援のビデオ 防災グッズは買ったけれど。可能性(2)の、1つの地震ではなく,、可能性(1)の2つの地震の前兆だと解釈する理由の説明を見て、やはり、逃げようかなと思い直しています。 でも、妻はまだこのビデオを見ていないので、逃げないつもりでいます。放送局からの距離の関係がニ値でなく、連続的に処理されていたら震央の推定ももう少し狭めることができたのではないかと思ってしまいます。処理能力の限界なのでしょうが。
FM放送局の出力と検知位置の関係については初耳でした。
95年のサハリンの地震予知が、本格的にとりくむきっかけになったそうですが、例の少ないM7以上の地震についても同様に予測できると期待させます。
東大地震研からの批判の例が面白くて、1年ずらしたデータを使っても、ちょっと誤差がでるけれど、似たような法則が作れるぞとか言われたらしい。定番だとは思うけれど、そういうパズル解きをやる他に、すべきことが見つからないのかなあ。
地震予知専用のFM放送局を作る予算があれば良かったのにというのがとても悔しそう。日本のみならず、世界中に地震予知専用FM放送局を作るべきでしょうね。

地震予知情報サイト

gpdplot Kanto 1year 9/20の地震の3ヶ月ほど前から波形が乱れ 10日前くらいからは安定しているみたいです。10/15の地震についても、安定の後、ガクンと下がった3日後に地震があったので、かなり役に立つ情報だと思いました。11/12の地震の場合は、安定状態はなかったものの、ガクンと下がってから3日後に地震という法則は生き残っていますね。串田氏の予測にこのグラフを加えると、日付の精度が高くなって、完璧なのではないかと思えてしまいます。2003/11/12追記
20日頃にガクンと下がる異常なデータが表示されていたので、22か23に地震かなと思っていたらなくて、その後、グラフがなんだか変わってしまっていました。なんなんだろう?

2003/11/29追記

 

地震情報サイト

震度データベース検索ツール 2003/9/20の地震2003年9月20日12:54:52.2 35゜12.9'N 140゜18.2'E 70km M:5.8 千葉県南部  震度分布図に匹敵するゆれは東京では、1992年2月2日04:04:5.7 35゜13.6'N 139゜47.5'E 92km M:5.7 東京湾  震度分布図 とか、1998年8月29日08:46:42.3 35゜37.7'N 140゜1.9'E 65km M:5.2 東京湾  震度分布図とかしかなかったわけで、串田氏が始めて予報を公開した後に、その地域で数年ぶりの規模の地震が起きたという事実はかなり重いと思います。朝日新聞などは、たまたま地震があったせいで週刊誌が騒いでいるみたいな記事を2003/10/4に載せていましたが、かなり寝ぼけていると思います。もしも、次も無視したら、 官報の類にすぎず報道機関としての存在意義は無いと断言しておきます。
HARVEST EQMAP (tky) 20日の地震の半日前くらいから微小地震の頻度が増えていたので、実は役に立つのかも。9/13日で断層ができているのは、マグネチュードを推定する計算式を変更したということでしょうかね。2003/10/4以降データが更新されない状態が続きました。表示が途切れて1週間後にまた地震があるのかと心配しました。今回、東大地震研が生のデータを隠しているその間に、新島神津島三宅島あたりでM3以下の地震が集中していた様ですね。2003/10/7追記  群発地震の震源が徐々に移動して巨大地震に変わるのではないかと、隠蔽しつつ見守っていた東大地震研を想像してしまいます。2003/10/8 0:00更新の最近1週間のデータがまた空になっていますね。e-PISCOのMT図は2日遅れみたいなので、、。2003/10/8追記
Hi-net自動処理結果 【日本全国・西日本・東日本・北海道】
震源情報
tenki.jp(地震情報)
気象庁 気象情報
地震加速度情報の画像ページ
e-PISCO 地震危険予知試行実験中 ここにも地域別MT図がありました。プラグインが必要ですね。
Utsu-WEQ {世界の被害地震の表(古代から2002まで)} 1923年のM7以上の地震が16個ヒットしました。2005/4/23追記

その他の地震情報サイト

植物生体電位観測の広場 八ヶ岳南麓天文台についてのコメントは参考になりました。10/15の3日前に、雷のせいかも知れないと言いつつも警戒を発していました。
東海アマチュア無線地震予知研究会 このサイトも予知をしていたけれど、大きな地震を頻繁に予想しているので割り引いてしまいます。 いつも予知し続けているので、10/15のも雲の指摘とかあったと思いますが。
行徳高校ー地震前兆電波観測ートップ 20日の地震の前に異常な波形が出ていましたね。でもわりと頻繁にでているのかも。10/15は捕らえそこないました。
アキラの地震予報 理屈はわかりませんが、10/15のも10/12-17の範囲で予想して当たったうちでしょう。
くるぞーくん地震予兆電磁波観測 このサイトも19日にM4を予測していました。10/15についてはどうだったのでしょう? 11日のがそれ?
自然環境電磁波情報サービス AERA2003/10/6 21ページに串田氏の写真入りの記事があり、八ヶ岳、くるぞーくんとあわせて3つの地震情報サービスが紹介されていました。 2003/9/29追記
CRL,World Data Center for Ionosphere 4地点間だけの生データが蓄積されている様なのですが、異常なEスポを検出したところだけを見る機能があれば良いのにと思ってしまいます。
TEC21_J_Home

 

関連掲示板

S ◎ S 2ch.netのまとめ 頻発する工場の事故や、昆虫の異常な動き  10/16現在も地震のニュースや、地震予知サイトのチェックなど更新が続いています。
SEMS研究会 非公式website FM電波観測で捉えた地震関連異常に関する検討会 9/12 八ヶ岳
地震来るの? 2ch.netでの噂のまとめ
tarosite.net™ 八ヶ岳南麓天文台・地震前兆観測センター BLOG
ある火山学者のひとりごと

関連の話題

Mainichi INTERACTIVE ニュースセレクション 毎日新聞
YOMIURI ON-LINE - サイエンス 読売新聞
Y!ニュース - 地震予知
アシスト:企業理念 週刊朝日の記事の要約 
中央防災会議「東南海、南海地震等に関する専門調査会」(第14回)の開催について 政府の地震関係者は9/17の東京都港区は安全だという考えてる様ですね。
埼玉県 震災に強いまちづくり点検マップ
MRI Research fields
免震建築など地震の被害を最小限にすることを考えあうサイト―日本地震情報研究会 琉球大学の木村政昭教授も「南関東大地震」を予想していますね。
NTT東日本 NTT東日本の事業・活動 サービス案内 災害時には 災害伝言ダイヤル171 震災は起こっていない現在も利用可能だそうです。
河北新報ニュース 富士山で初の人工地震探査 噴火予測へ地下構造解明 9/11に探査のための人工地震があった様ですが、地震の予知を諦めて、計画的に住民を避難させ人工地震を起こして、自然の地震を引き起こし、地殻に蓄積されたエネルギーをすべて放出させるという様な計画も考えられますね。 2003/9/12追記
annual03  左上の図は、左のリンク先のページにあったハザードマップで、「2002年以降の100年間に5 %の確率で超えると考えられる最大加速度の試算結果を示したものである。」ということです。長期的な予測なので、糸魚川・静岡構造線と、中央構造線がやはり一番目立ちます。go.jpのサイトは良く死んでいるし、wayback machineにも収録されていないページだったので、あえて切り出しておきました。2003/10/4追記
tab1-1-1 地震の確率論的地図の全国のがこれしか見当たりませんでした。地震保険の保険料率を都道府県単位で5段階とかではなくて、こういう感じの500mメッシュ単位とかで決定すれば加入者も増えるのではないでしょうか? こちらのリンクにあるハザードマップは、2000年からの50年間の確率で、和歌山の南の方とか、京都の北の方が目立っています。
全国を概観した地震動予測地図 静岡和歌山だけでなく、太平洋岸が幅広い赤になっています。2005/3/24追記
J-SHIS 拡大機能がついていますね。10/26のテレビ番組で紹介されていたのの録画をさっき見たのでした。時々、岡山の人が、地震の無い岡山と言っていることがあるのですが、この地図でのオレンジ色の部分の面積は、姫路市より岡山市の方が広い感じです。しかし、地震保険は岡山県の方が兵庫県より安く済むわけで、これをベースに地震保険会社も見直せば良さそうなものですが、そうすれば、危ないところに住む人も減るでしょうし。世間的には都道府県単位くらいの精度で場所ごとの地震の危険性についての知識が止まっている可能性は高いのでしょう。というか、僕自身、『ヤマタイカ』『死都日本』以来、火山の少ない中国地方という感じのもっと大づかみな所で、見てしまっている部分が多い気もします。実家の近所の飾磨駅の2005/1/1からの30年間に震度6弱以上の地震の来る確率は6.9%でした。今住んでいる所の近くの駅、本川越では、9.2%でした。

2005/11/9 追記

2003 2003年9月南関東地震予報の学際的評価(初版)というのがあって、東大地震研がやった1年前の地震と串田予報との関連を調べるというの尻馬に乗ったような内容になっています。さらに、菊池聡(1998.8.5) 「予言の心理学-世紀末を科学する.」KKベストセラーズ.を引用して、串田氏に当てはまると言っているわけですが、これらは、串田氏より東大地震研に、一致する特徴です。「預言者は、まともな予言をせずにおいて、後で当たったと強弁する」と要約すればよいと思うのですが、くどくど長い上に、この菊池説自体坊主憎けりゃで余計なことまで言っています。 腹立たしい主張なので、ついつい、つきあって個々に検討してしまいました。 菊池という人は、似た題名の本を各社から出していますね。ベストセラーズは、もともと、心霊ジャンルの本を出している出版社なので、広い意味では、2ch用語で言う自作自演みたいなものですね。そういうのに反応するのは格好の悪いことでした。2003/10/6追記
>たくさんの予言をする.予言を受け取ったひとは,当たった予言に強く印象づけられ,外れた予言はまもなく忘れ去られる性質を利用する.
予算を使うだけで、予言をほとんど避ける東大地震研の態度は非難されるべきもので、擁護する余地があるとは思えません。HARVEST EQMAP (tky) この基礎的なデータさえ、たびたび、そして、2003/10/6現在も更新が止まっているわけです。 他方では、いつ起こっても不思議ではないという予言が、繰り返し繰り返しなされているわけです。
>あいまいな予言をする.理由を後付けして,予言が当たったことにしてしまう.
将来30年以内に震度6以上の地震が起こる確率という風な、きわめて曖昧な予想しか出せないのが、既存の地震学者であるわけで、+−2年程度の精度で予言するだけでも、きわめて稀なことで、そういう学者は大抵が木村政昭教授の様に左遷されてしまうわけですよね。曖昧さという点では、東大地震研>木村政昭教授>串田氏>2chに登場する無謀な予言者たちの順ですね。神戸の地震の場合は、30年以内に起こる確率が8%と予想されていたのに起こってしまって、でも、それさえ、当たった内に 入れてる人もいました。たとえば、東海地震を30年の精度でしか予想できないのであれば30年間浜岡原発をとめるべきだという結論がでるはずだと思いますが、証拠も示さずに予知後に原発を停止すれば間に合うと主張しているわけですよね。 十勝沖地震についても2003/10/1の朝日新聞では、30年以内に30%と予想していたので当たったうちだという文部科学省の声を記事にしています。地震の確率30%以上の地域の石油タンクを今後30年間全部空にする気なんてないでしょう?
今後30年に30%の確率というのは、今後10日起こる確率は0.0325%という予言なので、起こった後で、これを当たったと主張するのは文部科学省の強弁とみなすべきでしょう。 逆に言うと、10日間に65%の確率で起こるという予言は、30年の誤差の幅を持たせると、99.99999....%と9が400個は並ぶ精度での予言に匹敵するわけです。

2003/10/6追記

>できるだけ反証されにくいかたちで予言する.
これも、高い精度で予言すればするほど、反証が簡単ですから、東大地震研などの30年50年100年の長期予測ばかりしている既存の地震学者によりフィットした特徴です。
>予言が当たった証拠を強調する.ひとはふつう,予言がはずれた証拠を探すよりも,予言が当たった証拠を探す性質がある.この確証バイアスを利用して,はずれた証拠から目を遠ざけさせる.
地震が起こった時点で、過去に予測していた人を選別するというのは、合理的な行動です。2003/9/20の地震を同程度の精度で予測していた人たちの中でも、東海アマチュア無線地震予知研究会の場合は、大地震を予知しすぎということで、かなり割り引かれています。串田氏の場合、初めて公表したわけですから外れた証拠を隠していると非難するのは不当でしょう。串田氏が改良過程の外れた例を隠していると強弁するのであれば、予測を公表しないばかりか基礎データも時々隠蔽する東大地震研について、100倍増しの批判をすべきでしょう。
>予言を多数のひとに受け取ってもらい,その中から,当たったと感じてくれる人の声をすくい上げて喧伝する.
東大地震研の様に、当たったと感じてくれる人がどこにもいなければ喧伝しようがありません。喧伝できる方がまだましですね。
>悪いことを予言する.悪い予言がはずれたとき,ひとは,「悪いことが起きなくて,よかった」と,予言の失敗責任を追及することなく,むしろ感謝する.
地震が起こることを知っていて警告するのと、知っていて無視するのとでは、前者の方が正しいでしょう。菊池という人は、予言を非難したいがために通常の倫理観さえ振り捨てているみたいです。富士山噴火で東海道新幹線が使えなくなる と困るから、北陸周りの新幹線を作ろうとするのは正常です。正常な行動をする人は、悪い予言をされても困りません。逆に、わざわざ中央構造帯の上に、過去に例の無い大きさの橋を3つも作ろうとする国土交通省の太平洋新国土軸の構想は異常です。 地震が来るぞと予言をされると国土交通省は壊れるたびに橋を架けたり、耐震性をむやみに高めることで予算を無駄遣いできなくなって困ってしまいます。悪いことが起こるという予言をされると困るのは、そういう人だけでしょう。

というか、街角の占い師たちの場合は、迷っている人たちに、「大丈夫、来年になれば解決するから」と、大して根拠の無い気休めを提供して励ますのが仕事という気がするので、予言一般の特徴でさえありませんね。

>人命を救うなどの普遍的正義に沿った予言を行う.はずれても,必要やむをえない警告だったと許してもらえる.
「パンはバターを塗った面を下にして落ちる」というのと同じで、最悪の事態を想定するのが、正しい態度です。政治家が昼寝をしているうちに、地震が来たら浜岡原発が壊れて2000万人が死ぬかもしれないと思ったら、そう予言するのが正しい態度で、もしそれで困る人がいるのなら、原発を止めたら、3000万人が死ぬ事態が予想されると予言すればよいことです。2000万人が死んでも何とも思わない無責任な人間ばかりがそろっている世界なら、予言が無視されるわけで すが、菊池氏にとってはそれが望ましい世界なのでしょうか?

菊池氏の本を読んでいませんが、これは多分、「教団に全財産を寄付しないと死ぬ」という類の形式として予言の形をしているものの実際上は、脅迫にすぎないものことを指して言っているのでしょうね。串田氏の場合には、実験参加していない人にも、人命にかかわる場合には警告すると言っているわけで、まったく状況が逆です。脅迫のパターンに合致しているのは、むしろ、もっと地震予知に予算を出さないと、役に立つ予知情報を秘匿し続けるぞと主張する地震学者の方ですね。

WEB-WAC ガリレオチャンネル 日曜日にMXテレビの番組で、串田氏を扱うみたいですね。2003/11/21追記
ガリレオチャンネル 2004/5/16 では、うなぎがテーマだったのですが、なぜうなぎが何千キロも離れた海で産卵し、また日本に戻ってきているのか? という疑問に対して、多分、昔は近くだったのだけれど、地殻の移動によって徐々に距離が伸びてきたのだろうという説明をしていました。驚き! 2004/6/7追記
ktsisin pdfファイルです。{転倒防止器具の取付け方法や安全な家具の置き方に関する指導指針 平成17年3月 東 京 消 防 庁 } 2005/7/19追記
NHKのあすを読む「巨大地震に備える」2005/9/1の中で、スマトラ沖の様なM9の巨大地震が日本で起きないとは言えないという恐い話をしていました。2005/9/15追記
NHKスペシャル 2005/9/1では、東海・東南海・南海が連動する地震は2020〜2040に来るだろうと言っていました。 2005/9/20追記
「表層地盤のゆれやすさ全国マップ」について これって、各県のサイトに載っていたりしたのが、やっと全国揃ったというだけの話ですよね。例えば、関東の下にプレートのかけらのようなものがあるとか、川越のあたりは、硬い地盤が斜めにずれた断層の上に他より厚い堆積層が載っているので揺れが1.6倍増幅されるとか、東京都の東側は長周期地震の時ゆれがなかなかとまらないとかいう深層地盤についての情報がまったく入っていない古い情報ですよね。2005/11/6追記
東京で地震が起きてエレベーターに閉じ込められると、エレベーターの技術者の手が回らずにすぐには助け出してもらえないというのがあって、簡易トイレを常に持ち歩いている人もいるらしいので、すべてのエレベーターに閉じ込められた場合のための簡易トイレを準備すべきだと、官邸のサイトからメールして来ました。2005/11/6追記
反戦な家づくり 技術 地震の不安を煽るだけで、それに対して何もしない政府というのは、無能ゆえにアノミーに陥っているだけなのかと思っていたら、軍国主義を目指す独裁、ファシスト政権を目指す政治家の常道を選択しているのだけなのだそうです。行き詰ったら、格差を広げ、憎悪を醸成し、やがては外国に戦争を仕掛ける様な道に誘導する。2005/11/6追記
Sankei Web 社会 日本最長の断層、さいたま市付近通る 中央構造線の位置特定(02-02 2028) ふにゃー、川越に住んでいるのですが、さいたま市岩槻区を通っているならその西にある川越も通っていますね。2006/2/5追記
地震予知は可能か--注目される地震直前の岩石の動き - CNET Japan 電磁波だけではなくて、赤外線も出ているのですね。人工衛星からの観測でもわかるかも知れませんね。 2006/4/24 追記
関東ヤバイ、マジヤバイ カムチャッカ、四川、茨城、関東という流れが85年前にあったそうです。 2008/5/17追記
J-CASTニュース 「2ちゃんねる」で中国大地震予言 「憶測」乱れ飛びネット大揺れ 2008/5/17追記

関連ページ

理系の幸せ 研究所は首都圏に集中しているので、研究所を分散させて、理系の人命を守るべきだと思います。2003/9/30追記
日本をボロノイ分割 道州制を考える際に、大きな断層で区切るのも良いかも。2003/10/4追記
紀淡海峡大橋より京姫鉄道 太平洋新国土軸というのは、中央構造線という日本最大の断層上にかつてない大きさの橋を3つも作ろうという計画のようだ。その前に、新潟−神戸構造帯の上を走っている新幹線区間を支線として、京都姫路間を直結する線路を作るべきだ。 2003/10/4追記
日本の国土軸 3つの新しい国土軸を作るのではなく、姫路の鬼門裏鬼門にあたっていたせいで日本の中で開発の遅れている北東北、北陸、四国、南九州を結ぶ軸を考えるべきだ。
『死都日本』の感想
淳心学院無線部
次の時代 一極集中の次は、多重化かな 2004/1/10追記
山崎断層
首都機能移転と道州制をセットにする 2005/5/30
懐疑主義について 2005/6/2追記
『拒否できない日本』の感想 アメリカの要求に従って、構造計算の手抜きを許した結果が今回の姉歯事件の様ですね。 2005/11/25
LEDライト 2005/10頃にLEDライトを10個くらいは買いました。2006/8/3
地球温暖化関連のページ 2006/12/13追記

作成 2003/9/11 -移動 2003/9/12 -  更新 2008/05/17

  

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

姫路ディレクトリ

都市比較ディレクトリ

通信関連

個人情報

関連サイト

読書メモ

乱雑な本棚:古代史

乱雑な本棚:日本人の遺伝子

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
seo

[HOME]  [古代史] (C) MATSUOKA , Hajime