[HOME][古代史]

『ヤマタイカ』感想

『死都日本』に登場する踊狂現象という用語が、『ヤマタイカ』とつながっていたので、読んでみたところ、多数の共通点を見つけました.『死都日本』が『ヤマタイカ』に大きく依存していると考えて間違いなさそうです.また思い出したら書きますが、両方読んだ場合、後に読んだほうの面白さが、かなり割り引かれてしまうくらいの重なり具合だと思います.

共通点 ヤマタイカ 死都日本
最初に噴火する火山 阿蘇 霧島
最後に噴火する火山 富士山 富士山
著者の声を代弁する登場人物 古代史の研究者 防災工学の研究者
その恋愛対象 考古学研究室の助手 医学部学生〜研修医
その聞き手 歴史雑誌編集者 新聞の特集記事担当者
解説が語られる場面 噴火の最中の車内 噴火の最中の車内
軍事 ヤマトの徹甲弾 衛星徹甲弾
神話 火の民の復活 世界中の神話において神とは火山であるという一歩進んだ主張
邪馬台国 甘木-日向-熊野-大和という経路 霧島などの火山付近にルーツがあり火山を避けて畿内へ

1986年11月号からの4年間の連載ということなので、『ヤマタイカ』の成立の方が10年以上早くて、ちょうど日本がバブルという別の形式の踊狂現象の最中にいたわけで、それをうまく解釈しなおしているという気もします.『「おかげまいり」と「ええじゃないか」』が1993年に岩波新書から再刊されるたのも、『ヤマタイカ』の影響かも知れないとか思ってしまいます.

『ヤマタイカ』では、火山が噴火する中で、縄文vs弥生という戦いが、ほぼ全編に渡って続いていたのですが、戦う必然性はあまりはっきりしないままでした.ヤマタイカvs死都日本という対比自体にも、荒削りで発散する縄文対、細部にこだわりまとまりのある弥生という風な対比を見てしまいます.

九州の甘木市と、機内の大和とに共通の地名があり、日向と熊野にも同様の共通点があるという指摘が、それ自体も面白いと思ったのですが、前者の傾きは、京都と東京を結ぶ直線と平行ですし、後者を結ぶ線を延長すると、東京を通るという風に、風水以前の邪馬台国の時代から続くデザインが存在するのかも知れません

あと、国産みの神話も出てきて、播磨灘の真ん中に火山が作られてしまいます.もしも、播磨灘の周囲の土地がカルデラの名残だったりしたら、半径30Km超の、巨大さですが、神話を作った人としては火山の無い地域で、播磨灘を噴火の後にできた池に例えたのだろうと神話を解釈したのでしょうが、でも、これは、筆が滑った感じでしょう.それでも、播磨灘の中心、仮想の噴火口のある辺りと姫路を結ぶ線は、姫路市の14度傾いた都市軸に一致している気もします

『いでよオノゴロ』と言っていますね。家島などの実在の島に同定するより面白いか。棒でかき混ぜたら中心に泡が集まったという感じでしょうかね。2003/10/17追記
Google 検索 卑弥呼 日女子 2003/10/18時点で6110件 卑弥呼は中国側の付けた蔑称であって、本来は日女子(ヒメコ)だったという風に書いてあるページが良くあります。
Google 検索 蚕子 日女道 2003/10/18時点で75件 播磨風土記の解説などで、繭の意味のヒメコから日女道丘とついたというのがでてきます。共にヒメコが出てくるので少し気になります。

播磨の十四丘は神話の時代には、播磨平野は海で14の島があったという風になっているのも、フィクションということになっていますが、金屋子神社の神が出雲に行く前に、播磨北部の宍粟郡でたたら製鉄をしていたわけで、砂鉄を取り出すために山を崩したり、鉄を溶かす日のために森の木を切ったりで、山からの土砂で平野が広がり、遠浅の海が広がっているはずなので、(たたら製鉄のせいで平野が広がる話は、『死都日本』にも出てきました。)弥生時代には、十四丘すべてではないにしても1つくらいは、島だったということはないでしょうか? あるいは、掘りつくして他に移るくらい古い時代に製鉄が発達していたのであれば、吉備や、出雲の様にもう少し古代史において播磨の存在感があっても良いように思うのですが。

2003/10/18追記

関連ページ
姫路十四丘と、国産み神話の十四の島々

2003/11/13追記

最近、地上デジタル放送用のUHFのテレビ塔の立地が話題になっていますが、姫路はもともとUHFで放送されていたので、仁寿山のままなのでしょうか? 架空のオノゴロ島の位置に海中から突き出す電波塔を建てて播磨のアンテナを1つにまとめるとかないのかなあ。

外部リンク

テレビチャンネル兵庫県西部

2004/1/11追記

『ヤマタイカ』の場合、ストーリーが沖縄で展開していた頃からも銅鐸がどんどん出てきていたのですが、近畿を中心に発掘される銅鐸というのがあるので、作者は混乱している部分もあるのだなあと思ったのでした。2003/10/17追記

外部リンク
「邪馬台国の位置と日本国家の起源」 概要 邪馬台国についての新説ですが、距離について精密で説得力のある論証がされています。 でも、投馬国の方が、邪馬台国より北ということの説明が変なのではないかと思ったら、他のページも説得力があるように見えてきました。
邪馬臺國畿内大和説が不可解ではなくなる一週間のプログラム 古代の日本の人口はそんなにいなかったようで、畿内でも7万戸は多すぎるくらいみたいです。2003/10/17追記
邪馬台国総合説・赤椀の世直しOnline 卑弥呼を、香川県大内町の水主神社に伝わる大水主大明神だとして、淡路生まれで奈良から放逐された少女が、水軍の力を得、沖縄との交流から広がっていた弥生から縄文への復古の運動のリーダーとして奈良で、真正ヤマト非戦同盟の盟主になるが、やがて木の国を中心とする弥生の勢力の巻き返しで、捏造された歴史をもち現在に続く擬制ヤマトに乗っ取られてしまう。という様な筋立てになっていて、鍬形石など沖縄風副葬品がこれまで見逃されていた考古学的な根拠としてクローズアップされています。『ヤマタイカ』の東征よりもさらに大変なことを卑弥呼が成し遂げたことになるので、どうしても割り引きたくなってしまいます。卑弥呼の時代に瀬戸内はどう動いたか? などこれまでに無い視点はとても新鮮だったのですが。 『ヤマタイカ』では、過去の卑弥呼が現在の仏教勢力と戦いますが、沖縄は仏教を拒絶したというのが驚きでした。ちなみに現在、インターネットタウンページで沖縄県の寺は119件 地形図閲覧システム検索インデックス では、25000分の1の地図に載るほどの大きな寺は、沖縄念法寺と、福泉寺の2つだけ。2003/10/19追記
関連ページ
『天皇家の”ふるさと”日向をゆく』の感想 この本の中にも、イモガイやゴウホラガイ (ゴホウラガイの間違いでした。 2004/6/11訂正 ) のことがでてきました。2004/3/21追記
邪馬台国の会ホームページ 『ヤマタイカ』文庫版の解説を書いていた安本美典教授を囲むページです。 九州説の弱点とされる人口についても本を出しているのですね。邪馬台国関係の出版数から見ても安本教授の説が、現在の主流と見なすべきなのかも知れません。2003/10/19追記
東日流外三郡誌 津軽 五所川原市 邪馬台国=甘木市付近という安本教授と同じ結論を唱えている古田武彦氏というのが困った人みたいですね。2003/10/24追記
解語の花 邪馬台国は出雲国にあった というページです。 出雲大社のあたりではなく、東出雲にあったそうです。 他と違って、アイヌ語からのアプローチなので、ちょっと難解です。島根半島が古代においては島であり、国産み神話に登場する大倭豊秋津島が本州ではなく島根半島であるということになっています。 
以下は、僕が思ったことにすぎないのですが、卑弥呼が出雲にいると、淡路が阿波への道であるのと同様に、姫路がヒメコへの道という意味合いになるので、うれしいかなと思います。たたら製鉄のせいで、平野が拡大しているので、当時島だったところがあるかも知れないと播磨について書いていたのですが、積読になっていた播磨の古代史の本を読んでいたら、高砂あたりに現在は地続きになっているが、当時は島があったらしいので、オノコロ島がそれだったりしないかなあとかも思いました。2003/10/19追記
あ、女王国より北については位置などが省略されている20個ほどの国があるはずなのに、出雲ので北過ぎるというのがありますね。 と思ったら、詳しくわかる国の南側に邪馬台国があるのでした。 2003/10/20追記
大和は邪馬台国である 邪馬台国畿内説の場合にはそっけないサイトが多いのですが、このサイトはなんだか力が入っています。 2003/10/19追記
邪馬台国の建国は土佐から始まる 魏志倭人伝を自然に解釈した位置なのかも。2003/10/19追記 巴利国などが、邪馬台国より北にあるという解釈は無理がありますね。 2003/10/20追記
魏志倭人伝 日本語訳のサイト 2003/10/20追記
邪馬台国を推理する 色んな説を紹介しつつも、自然に考えると南九州になるとも述べています。これも、巴利国などが南に来る余地が減ってしまいます。2003/10/20追記
居酒屋卑弥呼 不真面目そうな見かけと違って、面白い内容でした。いろいろな説の紹介もあって、どれが著者の本音かわかりにくくもありますが、邪馬台国は宇佐のあたりで、狗奴国が畿内というのが結論みたいです。地図を回転させてしまう邪馬台国畿内説を逆手に取った感じの痛快な説です。狗奴国が木の国だったとする赤椀の世直し説にも似ていますが、悲劇になっていない分こちらに賛成してしまいます。あと、狗奴国が沖縄という説も紹介されていました。この場合、赤椀の世直し説の正反対の構図ですね。邪馬台国=東出雲説でも、九州の他の地域でも、狗奴国が畿内という変形版が考えられるわけで、応用範囲の広いアイデアです。 2003/10/21追記
『日本史の誕生』にも『魏志倭人伝』の著者が、日本を巨大化しなければならなかった事情がより詳しく書いてありました。2003/10/23追記
古代史 塚田敬章という人の古代史のサイトで、大作なのでまだ一部しか読んでいないのですが、他のサイト同様あらすじだけ抜き出すと、漢書に出てきていた北九州の勢力を攻撃した一派が、漢を敵に回したことを恐れて出雲経由で大和(現在の田原本町黒田あたり)に移動したのが魏志倭人伝に出てくる邪馬台国という説になっています。詳しさで言うと『日本史の誕生』よりも詳しい感じです。新撰姓氏録を氏族系統別にまとめたページとかもありました。前にも書きましたが、出雲と、大和を結ぶ線上に姫路があるので、出雲がかかわる説には余分に興味を持ちます。それから、北部九州ではなく、大和説なので、卑弥呼は、アマテラスではなく、沖縄がからむ赤碗説と同じ人に比定してあります。2003/10/24追記

 

関連ページ

風水都市姫路
『死都日本』の感想
日本の国土軸
おかげ参り
『日本史の誕生』の感想
播州弁をgoogleで探す 播州弁に「やばたい」というのがあるのですが
『バトルフィールド・アース』の感想
灘のけんか祭りリンク集 灘のけんか祭りの松原八幡神社では3つのご神体に対応する3つの神輿を毎年壊しています。
『目からウロコの古代史』感想 2004/3/7追記
『天皇はどこから来たか』の感想
縄文vs弥生
三国志の天下三分の計 2006/5/12追記

作成 2003/10/16 - 更新 2006/05/12

  

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

姫路ディレクトリ

都市比較ディレクトリ

通信関連

個人情報

関連サイト

読書メモ

乱雑な本棚:古代史

乱雑な本棚:日本人の遺伝子

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
seo

[HOME]  [古代史] (C) MATSUOKA , Hajime