[HOME] → [通信]

NHKの失われた10年の感想

 

以前に書いたものを読み直したら、大げさにガッカリしすぎですね。期待が大きかった分反動がということなのですが、それは伝わらずに、単に馬鹿にしているみたいにも読めてしまいます。

少し前、失われた10年が冷戦終結の影響ではなくて、単に団塊の世代が原因なのだとすれば、わかっていた人はずっと前からわかっていて土地や株でもうけたのでしょうね。 そうすると、あえてわかっていなかった振りをしているだけということになってしまいますが。

関連ページ

バブルの原因はベビーブーマー?

2003/1/21

 

TVを見ていたら、最近よくTVで見る大橋巨船がNHKに出ていて、昨日の「ニュースステーション」では特集のコーナーを飛ばして俺にもっと話させてくれたとか言っていました。

何かの拍子に、村上龍氏の番組を誉めていたのですが、それは、高度経済成長時代の価値観を未だに引きずっている日本人を批判するという点で自分と共通した意見だということの様です。しかし、たまたま、戦争があったために時代が余分に区切られて、高度経済成長とかいうことになっていますが、価値観としては、規格品の大量生産という産業革命以後の時代の価値観の続きでしかなくて、高度経済成長期に限った話ではありません。

もし25年と区切るなら、たまたまアメリカが冷戦体制を引きずって軍需産業からの転換ができないでいた隙に日本が平和を享受していた時代という風に肯定的にとらえるべき時代でしょう。世の中には環境問題を気にするあまり、あらゆる人間の活動が環境破壊だと考えてしまう人がいますが、高度成長の時代を、成長せざるを得なかった貧しい時代と捕らえて、成長を悪と分類してしまうのは、過剰な一般化で鬱の思考パタンです。どう考えたって軍事費という無駄遣いの代わりにひたすら成長するというのは、良いことだと思います。

産業革命の価値観のまま成長するのは問題でしょうが、成長すること自体は問題ではありません。そんなことは今更力説する必要のないはずのことで、もしそうしたら、「インターネット始めた」と言って自慢している大橋巨船みたいにかっこわるい。

2000/5/10

 

これまで、jmmで読んでいた内容が、こういう風につながっていたのかとビデオの早聞き機能を使って見て、納得しました。その結果、がっかりました。かなりの失敗だと思います。JMMのペースを落とした方が良いと思います。

戦後立ち直って、現在も良い暮らしができているのだからそれで良いではないか、という投げやりな態度と、どう違うのか、責任追及から逃れようとする経済の専門家の人々にインタビューしすぎて、村上龍自身が同時代に対して責任を追及された場合にどう言い逃れるべきか? という流れになってしまっています。

レーガンの時代のアメリカが強特許主義に変わったのに対して、日本はバブルに突き進んでいったという風に別の2つの道をたどって、その結果、日本だけ低迷しつつける今であるわけで、10年と言うのは普通そういう差ですよね。(news23の10年という見方もまだすてていないけれど。)

そして、批判されつつ相変わらず、土地本位制で、知的な資産を評価できない日本であるわけですよね。日本のITバブルも、アメリカの株が下がれば、つられて大幅に下がるとか、アメリカの二番煎じみたいな企業ばかりに投資していて、将来のビジネスモデル特許による訴訟の危険を何も考えていないまったく知的な判断ができない投資家ばかりだと言われているわけですよね。

馬鹿な振りをして、あえて経済の専門家たちにきつい質問をしているのかと思っていたら、未来が見えていないという点で村上龍本人が、経済の専門家たちと同じ立場だったのかもしれません。そのせいで共感してしまってそういうことを始めたのでしょうか。善意に解釈しても、ミイラ取りがミイラです。あーあ。

NHKは、少し前に、ゲゼル理論を紹介したりして、それと村上龍の組み合わせだからと思って期待していたのですが、駄目でした。NHKはこの失敗にめげずにもっとアンテナを張って新しい観点を紹介してほしいと思います。

2000/5/8

関連ページ

レーガンと占星術師
アルゴリズム帝国主義
Datura ハンドルの由来は「コインロッカーベイビーズ」です。
個人向け近況 筑紫哲也 NWES23の次のキャスターに良いと思ったのですが
村上 龍など 干支番号32の中では一番有名
「コジカ」の有名人リスト 「こじか」の中では3番目に有名
作家ランキング 作家の中では22番目に有名
Milk出力例 忘れていたけれどMilkでは僕と同じ分類(多次元で分類したので、共通点も分散していてわかりにくい)
世の中は、「ショックウェーブライダー」をふまえていないのかも。
「ヤクザ・リセッション さらに失われる10年」の感想 中曽根のプラザ合意以降、金のためならなんでもするヤクザの価値観が政官業に蔓延し、ヤクザを媒介として、賄賂が横行する様な泥棒国家に落ちぶれてしまったのが失われた10年であり、それは今も解消されていないのだから、さらに悲惨な結末に向かっているという内容でした。悲惨な時期を挟むにしたところで、団塊の世代がみんな退職するころには日本は持ち直すという説と、矛盾はしないとあえて楽観的なことを言ってバランスを取ってみます。2003/11/17追記

作成 2000/5/8 - 更新 2004/05/16

通信ディレクトリ目次

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

発明

個人情報

PC

関連サイト

matsuokahajimeのアンテナ

matsuokahajimeの日記

乱雑な本棚:反グローパリズム

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
seo

外部リンク

毎日新聞問題の情報集積wiki - この問題をとりあげたメディア(時系列順) 東京のキー局はそろって沈黙

 

HOME ネットワークディレクトリ (C)松岡肇