[HOME] → [通信]

『9・11テロ捏造−日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ』の感想

ベンジャミン・フルフォード氏には、明治天皇の孫という中丸薫という人との共著があるのですが、その本では中丸氏がさまざまな陰謀説を垂れ流していて、ちょっと閉口している感じだったのですが、今回の本では、その中丸氏が何度も何度もDVDを薦めるのにうんざりしていたのについに根負けして見たところ、世界が嘘だらけだったことに愕然とするというつながりになっています。

途中ちょっと退屈したのは、大統領選挙の時にさまざまな不正が行われた話のあたりでした。これは、あちこちで出てきた気がします。最近も、WindowsCEで動いている投票機で、投票しに来た人がメモリーカードを交換して再起動することができてしまうみたいな話を日経エレクトロニクスかどこかで読んだ気がします。もちろん聞いた話ばかりではなく、耳新しい話はあったのですが。

あと、ブッシュ政権はナチスの正当な末裔と言えるみたいに言い切っているところも、乱暴ですがわかりやすい気がします。対米追従の小泉元首相の刺客選挙などの手法が独裁と批判されたり、従来の汚職まみれの自民党に戻った安倍首相はちょび髭のないヒットラーと言われていたりするわけで、むしろすっきりします。

911陰謀の主は誰か? イスラエルなのか? アジア人を特定の遺伝子に対してだけ有効な生物兵器で殺そうという企画書を書いた人たちなのか? ブッシュ? それについてははっきりしないままでしたが、アメリカが政府ぐるみで協力したことは否定できない感じですね。

911後のバイオテロ事件の後、生物兵器の開発に関わった科学者が50人くらい次々暗殺された話とかは、狂牛病関連の日本人研究者がアメリカで娘と共に撃ち殺された話がやはりあれも暗殺だったのだなと思わせるくだりでした。

CIAの日本支部の住所はどこなんだろう?とか思っていたことがあるのですが、外国のメディアの特派員の多くがCIAに関わっているみたいなことがかいてあって、それについても納得しました。でもまあ、テレビ見ている人がデーブ・スペクター埼玉人説とか、ケビンクローンはアメリカの走狗というのと大差ないレベルの納得のしかたにすぎないかも知れませんが。

HLA B☆0703の人はSARSに感染しやすいけれど、B☆0703 DRB1☆0301人の場合は抵抗力を持つみたいなのは、知らなかったので詳しく知りたいと思ったのですが、検索しても日本語の文献はあまり出てきませんね。

 

外部リンク


ベンジャミン フルフォード, Benjamin Fulford / 徳間書店
Amazonランキング:4439位
Amazonおすすめ度:


 

 

 

 

sars hla 0703 - Google Scholar
911 In Plane Site 公式サイト amazonでは、シナリオだけでDVDは扱ってないみたいですね。 2006/11/27追記

関連ページ

HLAハプロタイプの年代推定と歴史の対応付け 2桁に直すと、B7が感染しやすく、B7-DR3は抵抗力を持つということで、日本に3番目に多い B7-DR1の人たちはアメリカ産の生物兵器に狙い撃ちにされているということですね。B7には、B☆0703以外にいろいろあるみたいですが、なんとなく、B7の中ではB☆0703が一番多そうです。
『ヤクザ・リセッション さらに失われる10年』の感想 同じ著者の本です。
BSE牛とWinnyの共通点 レーガンの暗殺に成功していたら、父ブッシュはその時点で大統領だったなあみたいな。
『パプリカ』の感想 レミングの群れの様な踊狂現象を描く映像は日本のお家芸なのかも知れませんが、パプリカに助けを求めても、パプリカは結婚して幸せになりました。めでたしめでたしで終わってしまいます。どうするの?
Live Search Web サイード・クトゥブ アイマン・ザワヒリ 2007/11/6時点で 12件 911は中東の石油を狙うネオコンか、中東の覇権を狙うイスラエルの陰謀だという説の本やサイトばかり読んでいたので、ビンラディンはブッシュの一家と友達にして、有能なCIAエージェントで、時々、出てくる映像は戦争を続けるためにネオコンが作ったもので、ビンラディンと言われている映像は全部偽者という風に思っていました。しかし、アメリカの物質主義に吐き気を覚えたイスラム教徒のサイード・クトゥブという人が実在し、イスラム教を中心として西洋文明に対抗する思想を弟子に残しながら、政府によって処刑されてしまったという歴史を知りました。そうである以上、ビンラディンに関する全部が全部でたらめというわけでもないのですね。ザイード・クトゥブの弟子筋にビンラディンがいるとは、なんだか少し見直してしまいました。まあ、そういう前提があっても、反米組織に送り込まれたCIAのスパイとしてのビンラディンという見方をすることが相変わらずできるわけではありますが。 2007/11/6追記

作成 2006/11/24 - 更新 2007/11/06

通信ディレクトリ目次

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

発明

個人情報

PC

関連サイト

matsuokahajimeのアンテナ

matsuokahajimeの日記

乱雑な本棚:反グローパリズム

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
seo

外部リンク

毎日新聞問題の情報集積wiki - この問題をとりあげたメディア(時系列順) 東京のキー局はそろって沈黙

 

HOME ネットワークディレクトリ (C)松岡肇