[HOME] → [通信]

ハッカー=クラッカーという迷信に基づく政治

経産省が高校生対象にハッカー甲子園 大臣コメントにリナックスやモザイクはハッカーが作った。優勝者はアメリカ留学というようなニュースが載っていました。2003/5/23

数盲政治の次は、呪術政治ですね。ここまできたかとあきれるばかりですが、リナックスやモザイクの作者がクラッカーだったり、セキュリティーの専門家だったなんて話は聞いたことがありません。引き合いに出された彼らには、名誉毀損で大臣を訴えるなどしてほしいものです。国辱。大恥です。新聞もようやく、ハッカーとクラッカーの混同をしなくなりつつあると言われていましたが、(大臣や次官級官僚に理系が少ないだけではなく、新聞記者にも理系が少なく、老害デスクが多いのでしょう。)こんな報道を無批判にする様では、相変わらずです。

恐ろしい将門を祀り上げることこそが江戸を繁栄させる政治だったという様な時代が、ずっとつながっているのですね。大蔵省は将門の首塚を移転できなかったわけですし。数盲の官僚が、IT社会に適応できず脅威を感じ、それを祀り上げることで災いを避けたいという心理が、迷信政治を生み出すのでしょう。雨乞いをしても雨は降らないというのは常識ですが、それが可能だという迷信が為政者の権威を維持していた長い歴史の存在もまた常識です。クラッカーを支援すると産業振興に益するというのは、一連のシリーズに加わった新しい迷信です。迷信でないとすれば、国税庁主催の節税コンテストみたいなもので、へんてこです。

セキュリティー関係の法整備に役立つとか屁理屈こねる官僚もいるのかも知れませんが、明治政府が清水の次郎長と親しくしたのは汚点でしかないでしょう? いまだに、ヤクザに金をもらった政治家の話が出てくるわけですから。政府がクラッカーを味方につけて言論弾圧や国民のプライバシーを侵害するなどの悪事を計画しているとか見られるくらいが関の山でしょう。テロリストコンテストを実施して、すべてのヤクザをアメリカに追放するとかの政策はどうですか?

話が逸れましたが、通常この種のコンテストは、規定のサーバーを攻撃したり、セキュリティーに自信のある新製品を攻撃対象にしたりするわけで、互いに攻撃するルールでは、できる限り機能が低く低速のサーバーを用意したものが勝つ意味のないコンテストになるでしょう。そんなコンテストではセキュリティー技術の向上にもつながりません。そもそも、クラッカーなんか、セキュリティーが弱いサーバーを探してうろつき回るハイエナみたいなもので、大した技術が必要だとも、コンテストで探し出す必要があるとも思えません。

たとえば、スパムフィルターのコンテストをやって、もっとも高い精度でスパムを排除したフィルターを作った高校生を表彰する方が、大変役に立つでしょう。日常的にメールさえタイプしない人たちが、空想力だけを糧に政治をしている限りは、そんなことを思いつきもしないでしょうが。

大数の法則の分かってない奴が書いた恥ずかしい白書を晒している省庁のやることだし、通産省時代の助成金の規定には、永久機関発明には助成しないと書いてあって、過去に永久機関発明に助成金を出してしまったことを暗に認めている省庁でもありますが。

コロンブスが地球は平らでないということを実証したおかげでそういう迷信はなくなったはずですが、同じく通信関連で登場する総務省では、日本の人口重心を計算する際に地球は平らだという前提で計算しています。きっと最初に地球は平面だと決めた人が首になるどころか数盲の上司の覚えめでたく地位が上がり、おかげで現場の官僚は分かっていても直せないという例によって老害の例なのでしょう。おかげで、東京一極集中20年分に相当する誤差が何十年も前から出続けています。日本の官僚は、かくのごとくコロンブス以前の迷信深い人たちなわけで、いったいどうやって、遠い海の向こうのアメリカ留学なんてご褒美を思いついたのでしょうか? 謎ですね。日本の国益よりアメリカの国益を重視する官僚という、敗戦国のルールで説明しないと無理ですね。

そういえば、首相は、ブッシュ同様、敗戦の歴史を忘れて150年前に言及していますが、150年前にしたところで、小栗がいなければ、もっと、とんでもない不平等条約を結ぶところだったわけで、迷信深い政府がこの先なにをすることやら。

あ、多感な時期に敗戦を迎えてアメリカに対する苦手意識が骨身に染み付いた世代が今の日本を支配しているのだから、と同情を示して、迷信云々はともかく、敗戦をすっとぼけている人のことは言わないのが武士の情けとかいう暗黙の了解があるのでしたっけ? 2003/5/23追記

 

『攻殻機動隊』を見たのですが、ここでもクラッカーをハッカーと呼んでいましたね。実は、この政策の元のアイデアは、このアニメ(あるいは、攻殻機動隊に影響を受けたという映画マトリックスシリーズ)から来ているのかも知れないとか思ってしまいました。サイバーテロリストという言葉も出てきたので、なんらかの区別はあるのでしょうが。『バグ』という語のイントネーションからして、すでに、監督にとってプログラミングやネットワークが現実のものではなく、幻想であることを感じさせます。

あと、アメリカに頭脳流出した日本人プログラマのがプロジェクト2501に関わっていたというのがあるので、アニメの世界を自己成就型の予言と見て、アメリカ留学というのが出てきたのかも知れません。

2003/5/31追記

「文系支配」という語で検索すると、以下の2つのページが上位に来ました。

外部リンク

サイバーテロリズムと日本 宮脇磊介という人の文章です。文系支配の日本では、サイバーテロ対策が心もとないと言っているわけですが、サイバーテロという表現が含んでいる範囲が、実は、SFアニメの範囲も含んでいるかも知れないと疑ってしまいます。
Mainichi INTERACTIVE 記事全文 これは、毎日新聞の理系白書の中の2003/5/24付けの記事で、自見庄三郎という人がそれまでの連載の流れにそのまま乗ったようなことを喋っています。でも、文系支配という語のgoogleでの頻度から言って、前者の影響を受けているのかも知れないと思ってしまいます。

理系の風下に、科学を美化し政治家を悪者にしたてるSFがあり、SFの風下に、文系を攻撃するコンサルタント、メディア、文系じゃない政治家などの一群がいて、さらにその風下に日本の官僚や政治家がいるという過剰な中間階層を感じてしまいます。手塚アニメを見て、ロボット開発を目指したと公言する理系が大勢いる以上、アニメにおいて悪役に描かれつづけた政治家にわざわざ好んでなったような人が物分りの悪い悪役を演じたからと言って、理系が文系を攻撃するわけにはいきませんね。

多分、これまで、ハッカー=クラッカーという迷信が捨てられないマスコミなどと戦ってきた人たちも、『攻殻機動隊』はアニメだと思って油断してきたのでしょう。まったく何がどう災いするかわかったものではありません。

2003/5/31追記

 

ハッカー甲子園、「犯罪誘発」と抗議相次ぎ断念 経産省 2003/7/25 19:35

というニュースがありましたね。めでたしめでたし。でも、趣旨が誤解されたままでは優勝した生徒が後ろ指さされかねないって、混同していたのは大臣でしょうに。

2003/7/27追記

 

 

 

外部リンク

NOWSMARTSOFT Language-Select このサイトは、withはどの言語のキーワードだっけ? とか健忘症を発揮して検索したときにたまたま見つけたのですが、一人でGUIのOSを作っている人みたいです。以前、Vzエディターを出しているヴィレッジセンターから、OSが出たことがあって、それも一人で作ったものだったので、すごいと思いましたが、似た感じを受けます。まだダウンロードさえしてみていないのですが、掲示板があったのでしばらく読みふけっていました。その中で、元経済産業省の官僚と名乗る人が、Windows全盛を招いた失敗を残念がっていました。作者の返す言葉は、ハッカー甲子園やめてくれでした。パチパチ。手続き型言語をやめることができるように、関数型言語のさらに進んだようなものを構想中でもある様です。
Google 検索 ハッカー 迷信 政治 呪術 2003/6/3時点 4件 このページ自体は未収録
Google 検索 ハッカー クラッカー 政治 2003/6/20時点で814件中1位
ウィニー対策に本格着手 { 総務省、16億円を要求 不正流出した情報を探し出し、ネットワークから除去できる技術の研究開発などを進める} これもひどいニュースですね。Winnyの時に、犯罪に利用された道具の発明者を逮捕するなら、酔っ払いが運転できる自動車を作っているメーカーの社長を逮捕しろみたいな意見があったわけですが、自動車開発を禁止して、安全な車が生まれてこないようにした上で、酔っ払い運転で死んだ人を生き返らせる発明のために16億円の予算請求みたいな話であるわけですから。コロンブス以前とかそんな問題を超えています。 『ザ・コア』に出てきた少年が情報消しまくったのは映画の話なのですが、それが現実と区別が付かないくらいハリウッドに洗脳された官僚がいるというのは、恐ろしい限りです。TV番組でイラクがどこにあるか正しく答えられなかった山本一太氏によって総理呼ばわりしている安倍氏が、ここの件の責任者みたいですね。安倍氏は先週は日本版CIAを作ると言っていたし、情報と税金がダダ漏れ状態になることが決定したようなものですね。CIAなんか作ったら、領収書なしで16億円どころでない税金が使い放題でしょうね。 2006/8/30追記

関連ページ

数盲政治
明治以来姫路から消えたもののリスト
でっちあげ
発明ディレクトリの要約
国勢調査の人口重心に20年分の誤差
播磨の郷土史の本
カーブミラーの電子化 光学迷彩よりカーブミラーの電子化の方が実用的なのでは?
『ヤクザ・リセッション さらに失われる10年』の感想 カナダ人に言わせれば、政治家がバカなのは国民がバカだからということになってしまうのは、いかんともしがたい。 2003/11/17追記
自衛隊員の次の生贄はプログラマだ バカな大臣がいた以上こういう心配もしなければならないはずです。2004/2/25追記
芸術系-理系-文系 理系と芸術系の利害関係は対立している 2005/6/11

作成 2003/5/23 - 更新 2006/08/30

通信ディレクトリ目次

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

発明

個人情報

PC

関連サイト

matsuokahajimeのアンテナ

matsuokahajimeの日記

乱雑な本棚:反グローパリズム

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
seo

外部リンク

毎日新聞問題の情報集積wiki - この問題をとりあげたメディア(時系列順) 東京のキー局はそろって沈黙

 

HOME ネットワークディレクトリ (C)松岡肇