[HOME] → [通信]

血液型の第三次ブームだそうですね。

以前 わかった2 にあった部分を抜き出してきました。死んでいるリンクを消して、一部追記しました。 

血液型の都道府県分布は?

血液型占いの根拠とかで、政治家にO型が多かったとかいうのがあった場合に、1票の格差から田舎にO型が大勢住んでいるということか? とか思ってしまったのですが、都道府県毎の血液型分布が載っているページはありませんか? コミュニティー系のサイトで、出身地と血液型の両方を聞いている様なところなら、知っているかも知れません。後は日赤か。誰か知っている人がいたら教えてください。

【日本赤十字】献血・ボランティア・義援金

百科事典で血液型を見ると、オッテンベルク Ottenberg が6つの地域に分けたというのが出てきました。検索エンジンでさらに詳しいページが見つからないかとおもいましたが、血液関係のOttenbergは、Reuben Ottenberg が1907年に輸血に関してなにかした話しか見つけられませんでした。

『そんなバカな』の人に大量の無断転載をされた松田という人の本を以前買ったはずなので、それにすべての都道府県はなくても、部分的には載っていたのかも知れません。記憶には残っていません。他にも、構造主義生物学の人との論争とかも載っていた記憶があります。実家にあって手元にないので、、、。人類学の人も今では血液の他に無数のマーカーが使えるからそんなには調べていないのかな。調べてもWebには載せていないだけか?

外部リンク

一般書籍 このページによれば、第2版が出ているみたいで、買ったはずなのに記憶に無いのは、第2版になってから、頻度表がついているのかも知れません。

以下のページに載っていました。

%93%fa%96%7b%8c%a7%95%ca.htm (http://www4.justnet.ne.jp/~kamioka/
%2583f%2581%255b%2583%255e%2581%255b%2583o%2583%2593%2583N/
%2593%25fa%2596%257b%258c%25a7%2595%25ca.htm)県別血液型比率  松田薫の書いた「血液型と性格の社会史」の中から、抜き出したものであるとのことです。漢字のファイル名なのでうまく扱えません。
http://www4.justnet.ne.jp/~kamioka/%83f%81%5b%83%5e%81%5b%83o%83%93%83N/%93%fa%96%7b%8c%a7%95%ca.htm

上のデータをグラフにプロットしてみました。通常は、A,B,Oの因子の比率をp,q,rの3文字で表すようです。また、上述のサイトに、p,q,rの計算結果付きの表がありました。Index of -~kamioka (http://www4.justnet.ne.jp/~kamioka/)

以下の図はそのデータのごく一部を図にプロットしたものです。上のサイトでは、800件あまりのデータを電子化してありました。右に行くほどAが多く、左上に行くほど、Bが多く、左下に行くほどO型が多く、右上に行くほどABが多くなっています。

1%の精度の表だったので、O,A,B,ABについてのデータに変換した上での誤差の二乗和が最小になる様に、+−0.5%の範囲内で、少しだけずらしています。以下は、日本の県ごとのデータに限って拡大表示してあります。元のデータでは、O,A,B,ABの比率は、1%の精度に丸めた上に、合計が100%になるように調整してあるので、最大で1.5%の誤差が含まれているはずです。合計100%になるようにする調整分の誤差についてはそのままです。また、p,q,rの計算方法は多様に存在しますが、同じ資料をもとにしているわけではない様で、かなり大きな誤差が出ているものもありますが、それについても放置してあります。

たとえば、僕が考えたのは、

1)p=sqr(O+A)-sqr(O)    q=sqr(O+B)-sqr(O)   r=sqr(O)

でしたが、これでは合計が100%になりません。

2) p=sqr(O+A)-sqr(O)  q=sqr(O+B)-sqr(O) r=1-q-p

こうすれば、100%になりますが、rの誤差が大きくなります。百科事典には、

3) p=1-sqr(O+B)  q=1-sqr(O+A)  r=sqr(O)

という式と、

4)  p=(1-sqr(O+B)+sqr(O+A)-sqr(O))/2 q=(1-sqr(O+A)+sqr(O+B)-sqr(O))/2 r=sqr(O)

という式が載っていました。1)と3)の平均ですが、合計100になるし、rの誤差も少ないので良い方法かなと思います。とはいえ、今なら、O,A,B,ABの比率に戻した時点での誤差が最小になるp,q,rの組を求めるのが正しいと思います。ここで問題になるのが、AB型の比率が低い場合、AB型のサンプル数も少ないわけで、比率の精度も、AB型の方が少ないわけで、O,A,B,ABに戻して誤差の二乗和を最小にするというのもまた荒い近似ということになってしまいます。誤差をサンプル数のルートで重み付けしてから最小化すべきでしょう。あるいは、ポアソン分布にあてはめて尤度最大という基準に、、、ただし、今回は元データが1%の精度なのでそこまでは意味が無いでしょう。

というか、これは小学校で習ったことについての疑問を引き起こすことになります。O,A,B,ABの比率を計算して1%の精度に丸めその合計が100%にならなくなった場合には、一番多いところでつじつまを合わせるという風に小学校の算数では習いませんでしたか? しかし、元々の誤差が多いのは、一番比率の少ない部分であるわけで、、、比例代表選挙での計算方式が一通りでないようなもので、途中で精度を落とす必要は現時点ではどこにもないので無意味な問題ですが。(比例代表選挙の場合でも、議員が多数決をするときに一人1票ではなく、得票数に比例する票数を投票できるようにすれば解決する問題です。精度を落とす技術的な必然性はありません。)

血液型の比のグラフ、日本

この図のためにわざわざVisualBASICでプログラムを書いてしまいました。これくらいのことは出来合いのアプリケーションでできるのでしょうが、、、まあ、どうせ、高かったりするのでしょうが。同じ位置に複数の県が来る場合には、サンプル数の多いデータだけを表示してあります。

外部リンク
第1回『春の芸能人血液型SP』Top page 浅尾哲朗という人の説が紹介されていて、否定する学者が多い中でA過去、B未来、O現在という脳の機能との関連付けで割りと説得力がありそうです。番組自体はちらっとみただけなのですが。2004/4/21追記

 

血液型と母音と性格 血液型物質が血液以外の組織でも見つかったということ意外は、特に新しくないようです。脳の機能に割り当てたというのも、むしろ既存の3つの概念である川喜田二郎の{書斎科学、実験科学、野外科学}にABOを割り当てたほうがわかりやすいと思いました。その方が意味の拡散を防ぐという意味でも良いでしょう。クレッチマーの類型(神経症圏ではなく、てんかんが入っているもの)と対比していたり、性差との関連付けをしていたり、職業適性や、犯罪との関連にまで言及したりして、混乱を増すだけという気がしました。
東大にB型が多く、官僚にはさらにBの比率が高いと言っているのですが、官僚については調べたのかなあ? グラフが無かったのでした。
あと、幼稚園児の実験が多かったのは、幼稚園児のクラス分けには血液型を使ったほうが良いというこの人の説を実践している幼稚園が多いからということの様です。男女の相性についても同じ血液型同士がベストという主張です。特に離婚例を挙げているわけではないと思うのですが、母音による相性と組み合わせて10段階評価してありました。
母音については、組み合わせではなく頭文字の母音だけを使うということになっていました。若い女性の目を見れば名前の最初の母音がわかるというのは、気のせいではないのか? Aの女性の写真をIのところに混ぜたりしていないかな? と疑問に思いました。(本名と芸名の差?)
母音についても、KJ法の5つのフェーズが、母音の5つのパターンと関連があるので、川喜田二郎から一歩も出ていないということも言えます。まあ、性格類型にそんな新しいものがあるはずもありませんが。

関連ページ

KJ法
交流分析 TA
Milk出力例

関連ページ

ヒポクラテスの類型 血液型について反対派だった大村教授が肯定派に回っているそうです。2005/3/10追記

知りたかったことが見つかった その2 archive.orgには古すぎるバージョンしかありませんでした。 2005/3/15追記

わかった2 archive.orgにあった最も古いバージョン 2005/3/15追記

社会 北海道新聞 {権限強まる「放送倫理・番組向上機構」 局の委縮招く恐れ } BPO経由でB型差別がけしからんということになって、すでに血液型番組が消えていたのですが、今回、あるある2のせいで、さらに強化された結果どうなるのでしょう? 血液型B型の安倍首相に対する批判ができなくなったり、血液型B型の松岡農水大臣への追及が弱まったりするのでしょうか? アンケートを作ってみました。

 
アンケートにご協力ください
BPO放送倫理検証委員会が設立された結果
血液型占いが一切禁止される
UFO番組が不可能になる
「ゲーム脳」による説明が禁止される
占い全般が消える
マイナスイオンの番組がなくなる
細木数子や江原啓之の番組が消える
血液型B型の政治家への批判が減る
政府を批判する番組が減る
ギャンブル番組が増える
テロの脅威を伝える番組が増える

 

作成日不明 (1997/3/27から2002/4/21の間) - 更新 2007/05/14

通信ディレクトリ目次

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

発明

個人情報

PC

関連サイト

matsuokahajimeのアンテナ

matsuokahajimeの日記

乱雑な本棚:反グローパリズム

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
seo

外部リンク

毎日新聞問題の情報集積wiki - この問題をとりあげたメディア(時系列順) 東京のキー局はそろって沈黙

 

HOME ネットワークディレクトリ (C)松岡肇