[HOME] → [通信]

住所を公開することについて

住所を公開すると犯罪者にねらわれるからやめた方が良いという意見がたまにあります。しかし、電話帳には3000万人の住所氏名電話番号が載っているわけです。インターネットではそれが駄目だというのは、インターネットの方が不自由な社会だということになってしまいます。

そういう主張をTVなどで見る場合には、オールドメディアがシェアを奪われるのにあせって、インターネットへの警戒感をあおっているとしか思えません。僕がTVで見た例では、プロバイダーが、電話での問い合わせに答えて、別の住所宛てにパスワードを送ってしまったというものでした。それが原因で、過大な課金が来たということです。普通名前が違えば、転居先不明で戻ってくるでしょう。なんか嘘臭いのですが、本当にそんなずさんなプロバイダーが今もつぶれずに存在しているのでしょうか? 

オールドメディアがインターネットを悪く言う別の例

犯罪者は警察が捕まえれば良い話だと思います。警察のインターネット関連予算の増額には賛成しています。

パソコン通信時代には、パソコン通信を実名にすればすべての問題が解決されると信じてお節介な活動をしている人がいたものですが、それが、最近では、住所の公開をやめようという運動が盛んになって来ているみたいです。こういうのは、宗教の勧誘活動やチェーンメールみたいなものでしかありません。住所を公開するしないは本人の自由でキャンペーンして、みんないっしょにすべきことではありません。

WG14中間報告書 (http://www.ecom.or.jp/about_wg/wg14/chu/report9707.htm)

04/01/31更新

通信ディレクトリ目次

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

発明

個人情報

PC

関連サイト

matsuokahajimeのアンテナ

matsuokahajimeの日記

乱雑な本棚:反グローパリズム

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
seo

外部リンク

毎日新聞問題の情報集積wiki - この問題をとりあげたメディア(時系列順) 東京のキー局はそろって沈黙

 

HOME ネットワークディレクトリ (C)松岡肇