[HOME] → [通信]

選挙制度についての思いつき

予算をより直接的にコントロール

埼玉県では、朝になると、補欠選挙があるので思ったのですが、二院制が無駄だと言われているわけで、一院制に変更して、政治家を選ぶ選挙と、毎年の予算案を選択する投票の二本立てにするのが良いのでないかと思います。国家予算の使い道をより直接的に国民が関われるようにするわけです。

地域の代表から世代の代表へ

現在は紙に手書きですが、どうせすぐにオンラインになるのでしょうから、どうせのことなら、政治家については、地理的に決まる選挙区をやめて、年齢と性別で区分された範囲内の人の中で選ぶ様に変えてしまうのも良いかも。地域的にカルトな政治家が集まるよりも世代的にカルトな政治家が集まるほうが議論が面白いでしょう。

2004/1/31追記

当時は、ブッシュがWindowsCE上で作られた投票装置を使った不正選挙で当選したとか知らなかったので、うかつなことを書いています。

2007/7/17追記

少数党に死票が多いという不公平を解消するアイデア

参議院選挙が近いこともあって思いつきました。現在の参議院選挙の方法は、得票率とかけ離れた議席数という小選挙区の問題点を、比例代表で軽減しようとしているわけですが、到底解消するまでには至っていません。とりあえず、小選挙区では少数党に死票が多いという問題を打ち消すには、比例代表では大政党に死票が多くなる様にするのがイーブンな条件となるでしょう。(逆に言えば、小選挙区制度はそれくらいしないと補正できないほど直線性の無い制度です。)1つの党あたり定員の例えば25%以上当選できないという条件を追加するわけです。

そもそも一票の格差問題とか問題だらけの小選挙区を止めればすっきりするわけで、だとすれば改良案なんかに何の意味もないわけですが、思いついてしまったので書いています。

衆議院の小選挙区比例代表並立制についても、中選挙区だと、金権政治家をなかなか追い落とせないから小選挙区にするとか言いながら、小選挙区を導入しながら、結果的に比例代表並立制で復活当選という抜け道を用意してしまったわけですが、そもそも、金権政治家の影響力が及ぶ範囲を超えた大きな得票数が必要となる選挙制度にする方法は何通りもあって、最悪なものを選んだとしか思えません。例えば、1)複数候補に投票できる様にする。2)中選挙区の区割りのまま定数を減らす。3)定数を減らしたくない場合でも、参議院が2度に分けている様に、細かく分けて改選する。などなどの方法で、当選に必要な得票数を増やすことができます。

最悪の方法であれ、金権政治家を追い落とすことには成功したのかもしれません。しかし、その結果はと言えば、今度は、祖先が戦後のどさくさの中、アメリカの影響下で政治家になったような世襲政治家だらけになって、年次改革要望書通りのアメリカの金持ちを優遇する政治が蔓延ってしまいました。

2007/7/17追記

関連ページ

バブルもベビーブーム世代が原因だった 繰り返し年齢別選挙区という同じアイデアを書き込んでいました。
少子化対策としての選挙権年齢の引き下げ 2003/9/2

作成 2003/10/26 - 更新 2007/07/17

通信ディレクトリ目次

Google
Web www.PAG1U.net

関連ディレクトリ

発明

個人情報

PC

関連サイト

matsuokahajimeのアンテナ

matsuokahajimeの日記

乱雑な本棚:反グローパリズム

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
seo

外部リンク

毎日新聞問題の情報集積wiki - この問題をとりあげたメディア(時系列順) 東京のキー局はそろって沈黙

 

HOME ネットワークディレクトリ (C)松岡肇