[HOME]

松岡 肇(Datura)の日記 ソフトピア時代 1996-1998
 

松岡 肇(Datura)の日記

2/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

1998/1/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

12/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

古い日記

次のバージョンが遅れているのかの弁解が主な存在理由と言えます。
96年を振り返って

減色ソフト pag1テトラヘドロンのページ パスワードを入れた後は検索が広がるはずです。

ベクターデザインにもホームページを作りました。そのうちアルゴリズムの解説などを載せます。

todo

JBuilderを買う(9/30)
CORELアップグレード -12/31
古いToDoList

日付付きスケジュール

 

 

 

2/11(水)

2/10(火)

2/9(月)

2/8(日)

2/7(土)

2/6(金)

2/5(木)

2/4(水)

2/3(火)

電気代を支払いました。

企画書の下書きを10人程に送って、協力者募集しました。

次は、オブジェクト化の部分のプログラムを作る予定です。

2/2(月)

コホーネンの自己組織型ニューラルネットの本を買ってきました。LVQの問題が多くのページを割いて書いてあります。とりあえず、時間がかかるばかりという気がしてしまいます。しかし、雲の分類とかのテーマでいろいろな前処理を試みているのは、参考になりました。

償却資産申請書を市役所に提出に行きました。東京にいたときには提出したことがありません。

IPAに出す企画書の下書きを作りました。重要性はあるにしても、僕らしさが無いと思っていたのですが、書いているうちに、色空間はオプションで学習可能にすることにして僕らしいと思って納得しました。

2/1(日)

京都

1/31(土)

京都

butamanにアップロードする予定の個人情報の部分のページを編集していました。

1/30(金)

自転車でやってくる途中に、新しい圧縮アルゴリズムには大きな制約があったということに気づきました。がっかりしている時に、散歩中の稲地さんと会いました。

住友生命の人が、またやってきて、でも、簡易保険にするつもりらしいと言っておきました。

ナビゲーションデータが全然、変なのでそれを直そうとおもったのですが、今度は、編集できないのではなく、ナビゲーションデータが保存できないというエラーが出てしまいました。ハイパーリンクの確認のページでの、リンクの修正も元に戻ってしまうことがあるし、FrontPage98は信用できません。

日記を更新していました。

1/29(木)

タイプミスと、例外的な場合の見落としの2つのバグがなかなか取れずにいました。

VBでプロトタイプを作っているつもりだったのですが、予定よりかなり遅いものになってしまいました。少ないデータでも、C++で書き直さないと使えません。

「インターネットウォッチ」をショップピアで受け取りました。今月は、抜けている号はありませんでしたか? と聞かれたのですが、後で調べたら、どうやら、MSJが抜けていました。

1/28(水)

実際の分布から双峰性の密度関数を得る方法を検討中でした。

n次元正規分布の式を探していました。数行で説明してある本ばかりで、中には明らかに間違っていたりするのもありました。結局かなり昔の本の中で見つけました。

多次元データの分布を表すAICを基準にして最適な関数をつくるプログラムをやっていました。解の公式を忘れていることに気づいてギョっとしました。キーボードに向かって書き下すことはできないものの、画像としては覚えていたので紙に書いてみると出てきました。行列の固有値とか、逆行列とか、高校生みたいなプログラムを書いていました。

二分決定グラフの問題にも、僕のアルゴリズムが使えることに思い当たりました。

1/27(火)

送金に対応しました。ユーザーに、pag1min3 caller ver0.90のことをメールしました。

新しい圧縮のアイデアを検討していたのですが、細かいことが気になってまだコーディングにはかかれません。

風呂に入っているうちに、細かい問題は解決しました。

1/26(月)

「サイエンス」と「インターフェース」をショップピアで受け取って、読んでいました。タスカが画像検索ソフトを出していたのがショックでした。地続きの分野なので、そのうちやろうと思っていたのに、先を越されました。

Webページの分類整理をしていました。

1/25(日)

京都

グラデーション近似ベースの圧縮の新しいアイデアが浮かびました。

 

1/24(土)

京都

1/23(金)

また、アルバイトの応募がありました。「サイエンス」を店で買うのは今日が最後のチャンスなので、ショップピアから届けてもらうと言っていたのを取り消しに行きました。

 

1/22(木)

水道代の自動振り込みを申し込みました。引っ越して半年してやっとです。

VBのヘルプでは、ENDは、異常終了する時にしか必要ないように書いてあるのですが、しかし、プログラムによっては、ENDがないとウィンドウはなくなるものの、プログラムは終わりません。

FrontPage98で、ナビゲーション情報が編集できなくなっていた問題をなんとかしようとしていました。コピーディレクトリにあったナビゲーションに併合することで、なんとかなりましたが、まだ変です。

butaman vector giocitiesに分割する準備として、ディレクトリ構造をいじっていました。

掲示板は使われていないので削除してしまいました。

1/21(水)

Unisysに小切手を送りました。ついでに切手シートをもらいました。

IPAに出す企画が、当初の予定より膨らんできました。

ホームページをフレーム対応に変更しました。ページが重くなったので、トップページを空にしてしまいました。

1/20(火)

宅急便が届いていました。

pag1min3 callerのデバッグをしていました。

圧縮オプションの入力の仕方を多少親切にしようと思っていじったので、まだアップロードできません。

デジタルカメラに関するアイデアを帰りの自転車で思いつきました。実用新案程度だし、すでに出願済みかも知れません。でも製品では見かけたことがありません。

1/19(月)

pag1min3 callerのデバッグをしていました。

切手シートが3枚当たっていました。

todo listの分類をしていました。「アスキー」「スーパーアスキー」「DDJJ」などを読んでいました。

1/18(日)

京都

1/17(土)

京都

1/16(金)

年賀状の当選番号のページを見つけたのですが、アクセスが集中しているらしくて、読むことができません。

妹にCの授業でわからない所を聞かれたのですが、教授のサンプルプログラムの無駄な所とか、mallocしておきながら、freeしていないなどの欠点を指摘してばかりいたので、理解できたかどうか分かりません。

 

1/15(木)

淳心学院のホームページを作った人からメールが来ていました。

ベクトル量子化圧縮について出願したときのファイルが、前回ノートパソコンのハードディスクがクラッシュした時に無くなっていたらしく、プリントアウトしか残っていません。

9Fの人々のページを検索していたらいっぱい見つかりました。

 

1/14(水)

「bit」にまた太田さんが記事を書いていました。

1/13(火)

画質評価についてインターネット上で調べていました。

石淵さんはIPAの説明会に行く予定だったそうです。

1/12(月)

IPAの応募要項が届いていました。800万円の助成金でフリーウェアを開発するというものです。

Web統計のページを作っていました。

デジカメの電源が壊れていました。テスターが見あたらないので、オシロスコープで断線箇所を調べました。

1/11(日)

京都

1/10(土)

京都

1/9(金)

慶応の学生から、オンラインでの取引について電話でインタビューがしたいとメールが来ていました。メールで答えておきました。

ネットサーフィンをしていて、move-to-frontというアルゴリズムがあることがわかりました。

 

1/8(木)

ノートパソコンからのLANへの接続がうまくいかないので、いろいろ試行錯誤していました。

「インターフェース」に減色の記事が載っていましたが初歩的なものでした。

「インターフェース」にN88BASIC互換のWin95用のフリーの処理系が収録されていたので使ってみたのですが、短いサンプルプログラムはOKなのですが、長いファイルだとエラーが出て、次に、GPFが出てしまいました。

1/7(水)

空き缶を捨てる日でしたがまた出すのを忘れました。

1/6(火)

アルバイトに応募してくれた人に、これくらいの仕事ではどうでしょう? とメールを送りました。

妻が、東京に引っ越すので、引越先をふぉれんとで探したりしていました。

1/5(月)

病院に行って、もう治っているということでした。ばい菌の検査結果は、ばい菌は培養しても出てこなかったので、最初の抗生物質で死んだのだろうということでした。

OPTPixを誉めて、pag1tetoをけなしているページを知らせる匿名のメールが来ていたので、読んで僕の態度を書きました。

アルバイト応募の人からメールが来ていました。

IPAの独創的なんたらに応募しようかと思っていて説明会の申し込みが必要だったのですが、やめにしました。

1/4(日)

京都

1/3(土)

京都

1/2(金)

姫路

1/1(木)

京都

12/31(水)

京都

12/30(火)

京都

12/29(月)

京都

12/28(日)

京都

12/27(土)

京都

12/26(金)

病院に行きました。いつもと違って女医さんだったので、躊躇していたら、前の人でも良いと言われてしばらく待ちました。

住友生命の人が、二人で、ソフトピアにやってきました。さらに3時にまた来るということでした。結局2500万円の生命保険は必ずついているということでした。

12/25(木)

FrontPage98を使って、ナビゲーションボタンとかをいじっていました。

チラシの内容をホームページにしました。

903のハーティーズの出崎さんがIPアドレスを忘れたと言ってきたので、再設定のために隣の部屋に行きました。部屋が混乱していたのですが、実は、903aのプレストジャパンの人が引っ越すそうです。

朝、薬を飲むのを忘れたし、昼の分を持ってくるのも忘れたので、コンビニで、食べ物を買って、和合本町に戻って食べました。

97/10と11のアクセスランキングを作りました。その後日記を更新

12/24(水)

大垣の市民病院に行きました。膿を針で吸い出すのは痛かったです。ばい菌の種類については、これから調べるということでした。

帰りに血圧計を買いました。ファジーではない代わりに5000円を切っているのを買いました。近所の郵便局に置いてあったので計ったら高血圧だったので、心配していたのですが、セーターの腕をまくって測定した結果に過ぎなかった様で、実際には20歳の平均程度の血圧に過ぎませんでした。

宅急便で、FrontPage98が届いたので受け取りました。

ANKのカタカナがインターネットでは通らないので、変換する必要があって、PACKのCD-ROMから、全角に変換するソフトを探していたのですが、ふと、一太郎にもあるはずだと思って、ヘルプを検索したらありました。起動に時間がかかるだけと思っていた巨大なソフトも、役に立つ時があるものでした。

年賀状の住所を書いていました。

実家の保証人になっているので、パスポートのコピーが必要になって、どうせだからカラーにしようと思って、ショップピアでコピーしたのですが、用紙の自動設定になっていたはずなのに、A3が選択されてしまって、400円も払う羽目に陥りました。京都の下鴨のコンビニにもカラーコピーの機械が少し前から入ったのですが、A4が50円でした。ショップピアのカラーコピーも値下がりしないかなあ。

FrontPage98の製品版をインストールし終えて帰りました。妹の所に、実家から預かってきたお餅とエレベーター会社のカレンダーを持って行きました。それと、新婚旅行の時の未編集のビデオを見せてきました。妹の血圧の方が僕より少し高かったのでした。妹はバイト先でもらった日めくりを使うつもりだったみたいです。

12/23(火) 天皇誕生日

京都にいました。

尻尾の腫れの穴の近くに詰まっていた白い膿が出たので、前に病院に行ったときくらいにまで縮みました。

12/22(月)

姫路の銀行で、保証人の顔を見せに行きました。僕が保証人になってもあまりメリットは無さそうなものですが。形式は守らないと、何かあったときに非難される人がいるのでしょう。

尻尾の腫れに穴があきました。ガーゼをはりました。

12/21(日)

京都にいました。

ほとんど眠っていました。

12/20(土)

お尻の腫れのせいで、神経がいらだって、なにもできませんでした。

12/19(金)

尻尾の腫れのせいで、予定していたことができなくなったので、いろいろお詫びのメールをだしました。

12/18(木)

腫れがどんどん大きくなっているので、病院に行きました。とりあえず、抗生物質の飲み薬をもらいました。手術の可能性もあるということでした。

秘密保持契約の件は、パブリックドメインだと解釈されてしまっていたみたいです。研究者ならそれでも良いのでしょうが、私の開発費は、主に親からの借金でまかなわれているので、そういうわけには行きません。

この件で思い出したのですが、小学校の低学年の頃、数人で、遠くまで遊びに行って喉が乾いたので牛乳を買って飲もうとしたら、牛乳を買うのに少しお金が足りない子がいました。僕はその足りない分を出しても良いと言ったのですが、どういうわけか、他のみんなにも牛乳をおごる羽目に陥ってしまいました。
とりあえず、今回はそういうことにはしません。

パソコンソフトの違法コピーの場合、使いもしないのに収集して、他人に配るのを趣味にしている様な人が関わっていることが多いと言われていますが、あまり無闇に提供するとそういう人に渡る可能性が高くなり、もしそうなったら最後、あえて著作権侵害する様な悪者に渡るのも時間の問題です。

簡単な説明で、自分でも作れるだろうけれど、ソースがあった方が時間が節約できるだろうというレベルの人に渡す以上の危険は犯したくありません。

コーディングにとりかかっていたのですが、イライラしていて効率が悪いので、早めに帰りました。

12/17(水)

東大マイコンクラブの1年下の、阿久津君が、助教授になっていたことに気づきました。

あと、蛋白質の立体構造予測のあたりのことをやっている様です。このあたりは、僕のアルゴリズムで2,3桁早くできるだろうと思っていて、そのうちやろうと思っていたあたりです。でもホームページをざっと見た範囲では、そんなに独自のことをやっている様には見えませんでした

フラクタル圧縮のプログラムの詳細設計を終わりました。

12/16(火)

ハンガリーの人に、ソースを渡しても良いと言っていたのですが、秘密保持契約書を書けないということなので、渡さないことになりました。

フラクタル圧縮のプログラムの詳細設計をしていました。書いている内に、細かなアイデアも浮かびました。

東大マイコンクラブの自分の世代用のMLを作りました。かまち君がNECを辞めていたことがわかりました。阿久津君は、人ゲノムプロジェクトに参加している様です。この分野のAEDITというソフトがIPAの助成金を受けて作られていたのを思い出したのでした。

12/15(月)

尻尾のせいで、寝返りを打って仰向けになると、目が覚めてしまうので睡眠不足気味です。

domain block,range blockを定義域、値域と書いてある出願書類があったので、気になっていたのですが、辞書ひくと直訳であることがわかりました。

フラクタル圧縮の元の特許をIBMの特許検索のページから読みました。

12/14(日)

京都にいました。

12/13(土)

京都にいました。

12/12(金)

黒川さんと廊下で会ったので、フラクタル圧縮の圧縮率を上げられるという話をしたのですが、ピンと来なかったみたいです。

「フラクタル」で検索してもらったのですが、化学とか、関係ない分野のがいっぱい混じっていました。文字の部分を別に取り扱おうとしている発明が多くありました。

年賀状の原稿を作っていました。

12/11(木)

「フラクタル圧縮」をキーワードにして、PATLISで検索してもらいましたが、思いついたアイデアと重なる物はありませんでした。「フラクタル符号化」で出願している人がいるかも知れないので、明日、検索し直すことにします。

和合本町に戻って食事をして、頭痛がしたのでしばらく眠っていました。

フラクタル圧縮の圧縮率が上がるだけではなく展開の速度も多少上がることに気づきました。でも、速度が重要な場面でフラクタル圧縮を使うことはないでしょうから、圧縮率と比べると、あまり意味はありません。

ビジュアルサイエンス研究所の吉田さんに勧められていたので、チラシを送ったのですが、6Fのメディアアミューズのいわたさんから電話があって、しばらく話をしていました。

12/10(水)

慶応の神保教授から返事が来ていたのですが、論文として出てくるものが、市販のフラクタル圧縮のプログラムより2,3桁遅いのはなぜかについて特に理由が分かっていないままでいたそうです。

大学では、プログラムより論文の方が重視されるというのを思い出してしまいました。僕には大学の常識は理解できません。すでに特許が成立しているアイデアを後追いで、それより遅いのを作っても意味がないと思ってしまいます。

メールで返事を書いている内に、フラクタル圧縮の圧縮率を上げる方法を思いつきました。フラクタル圧縮ベースなので、フラクタル圧縮の特許に抵触してしまうのですが、フラクタル圧縮の圧縮率を越えるということは、世界最高の圧縮率です。

コードブックをTSP順に並べることもほとんどオーバーヘッド無しに可能だというのをハンガリーの人に伝えておいてもらうためにメールを出しておきました。

幕張メッセで名刺をもらった残りの人にチラシを配るなどの雑用をやっていました。

12/9(火)

フラクタル圧縮の速度を早くする方法を思いつきました。

雑用ばかりやっていました。

大垣市役所で所得証明をもらってきました。

保証人になるのに所得証明が必要で世田谷区に頼むために定額小為替を郵便局に買いに行きました。血圧計が置いてあったので計ったのですが、高血圧に分類されてしまいました。寒かったし、自転車こいだ後だし、セーターをまくったせいかも知れません。

12/8(月)

ハンガリーのブタペスト工科大学の学生がプレゼンをし、岐阜大学の大学生がプレゼンをし、みんなが帰りかけたのを引き留めた形で僕が、全然準備できていないのに喋りました。

2,3分ということだったので、実行時間について言えばそれで、自分としては満足だったのですが、翻訳をしてくれた財団の国立さんが、なんだか大きな勘違いをしたみたいで、説明するのに、とても時間がかかり、汗だくになりました。

副理事長と2/14以来、久しぶりに、2Fの窓と、地上との間で喋りました。

 

12/7(日)

京都にいました。しかし、実行ファイルにバグがあったみたいで、そのバグをうまく避けることができませんでした。256*256フルカラーと、9MBのファイルという2つの場合についてしか実例が用意できませんでした。

12/6(土)

京都にいました。

12/5(金)

ベクトル量子化圧縮の資料をつくっていたのですが、間に合わない、パソコンを持って京都に行きました。

12/4(木)

電気代などを払いました。

幕張メッセの時に名刺をもらった人の内のDLLを利用しそうな人にチラシを送りました。

12/3(水)

財団の国立さんなどと会って話しました。

新婚旅行や幕張メッセのために遅れていたメールの返事などを片づけていました。

IE4.0の正式版をインストールしたら、ノートパソコンでメールが読めなくなりました。

12/2(火)

ナムコのプレステ用ソフトを作っている部門の人が、興味がありそうだったので、メールを出しておきました。

妹がCの質問をしに来ました。今時の人は、プロトタイプ宣言を書くのが便利なように、こう

void func( ver1,ver2)
int ver1;
int ver2;
{
...
}
ではなくて 
void func( int ver1,int ver2){
...
}
こんな風に書くと言ったら、先生を怪しんでいました。 

12/1(月)

自分史クラブというのが、春さんがMMCAに提案した自分史ツールの影響を受けているのではないか? と思ったので、春さんにメールで聞いてみました。

二次会の時の写真の焼き増しを配っています。

松岡 肇(Datura)の日記 ソフトピア時代 1996-1998

 

08/02/16 16:15:21更新