[HOME]


 

96/6/26 27 28 29 30 96/7/1 2
日記Vol.9

日記Vol.11

[HOME] [HOME]


7/2(火)

切り傷

9:09に目が覚めました。茶瓶にお湯を入れすぎたので流しにすてたのですが、その後、ガラスのコップを洗っている時に、コップが割れて、薬指の根元の部分を少し切りました。バンドエイドがとても貼りにくい場所です。しばらくして気づいたのですが、薬指と小指の間にも切り傷がありました。そこはしばらく、バンドエイドが貼ってない状態でした。

TokaiWaker

これまで、「東海版ぴあ」を買っていたのですが、「TokaiWaker」が創刊された様なので買いました。

JustNetのアクセス数

58件とかで、124位でした。以前に、アクセス数のリストが存在することに気づいた日付からのアクセス回数の様です。アクセス数を伸ばすために、検索エンジンとかに登録することも考えなければならないかも知れません。でも内容が、日記しかないので、登録しても無意味かも知れません。

十六銀行

Unisysへの特許料を支払うために、十六銀行に行ったのですが、そこで、料金が6000円と言われて、これまで、支払い手数料を受取人払いにしていたことに気づきました。これまでは、2700円とか、2500円とか? で済んでいたのでした。ということで、小切手に変更しました。これまでの分の不足を問い合わせる英文の手紙を書かなければなりません。

郵便局

特許庁への住所変更届けを書き留めで送り、郵便振替で送られてきた分のお金を受け取ってきました。

qualitst

最初のバージョンを作ったときと比べると2年程しか経っていないのですがメモリに対する感覚がだいぶ弛んでいます。あるいは、今はまだ実行してみていないだけのことで、動かしてから最適化が必要になるのかも知れません。

最適化

最適化という言葉で思い出したのですが、最適化をキーワードにしたCMがあったと思います。僕の場合も「最適化」がキーワードです。というか、占いと、減色をつなぐキーワードという事になるとそれくらい抽象的にならざるをえません。

また郵便局

Unisysあてのレポートと不足手数料を問い合わせる手紙を印刷し、十六銀行で小切手を受け取り、Unisys宛ての書き留めを送りました。今度は、払い出しはないので、近くの小さな郵便局に行きました。なんとなく、小さな郵便局は、機械化が進んでいないために、同じ事をするのにも手間がかかってしまう様に思います。午後3時過ぎに外に出ると、もう、とても暑い季節でした。

VirtusVR1.5J

VirtusVRを久しぶりに使って、3Dモデルを作って壁の色を変えてみようと思ったのですが、久しぶりで使い方を忘れているのと、Win95になったせいか、テクスチャーマッピングができません。あと、半透明の設定も、不透明と同じになってしまいました。しょうがないので、11Fのマルチメディア開発室に予約を入れました。Macとシリコングラフィックスのマシンしかないので、出来上がったデータをどうやってやりとりするのか疑問なのですが。

書類整理

VirtusVRのバージョンアップの案内が来ていた記憶があるのですが、探しても見つかりませんでした。

7/1(月)

裸足のおばさん

8時過ぎに起きて、9時過ぎにソフトピアに来ました。コンビニによって、「スピリッツ」とか買ったのですが、その時、財布を忘れてきていたことに気づきました。昨日、宅急便の人に払う時に、下駄箱の上に置いてそのままでした。コンビニからしばらく行くと、三輪車に乗ったおばさんがいました。何か変な動きだと思って見ていると、右足だけはだしで漕いでいました。途中で、スリッパを川にでも落としてしまったのでしょうか?

頭痛

でも、風邪気味らしく頭痛がして、プログラミングする気になれず、インターネットマガジン、インターネットユーザーなどを読んでいました。11時ごろになると、ショップピアに行って、DOS/Vマガジンと、請求書を受け取って、十六銀行から6月分を振り込みました。
また、雑誌を読んでいると、12時過ぎには、902の人がやってきて、株式総会を開いた話などを聞きました。
その後、郵便局に行って、十六銀行のキャッシュカードをもらいました。ついでに、第一勧銀にNIFTY経由の送金が来ているはずなので、通帳記入に行きました。でも、自由書房は月曜は定休日でした。

AERA

帰りの電車の中では、AERAを読んでいました。AREAの中に、35歳の東大卒の男性は微変態とか書いてありました。該当者は数千人くらいしかいないわけで、知り合いとかイメージしてみました。こういう場合には、卒業していないので他人事あつかいです。
でも、「サイエンス」の記事にあったみたいに、幸福だと感じる人には既婚者が多いとか、宗教を信じている人が多いとかいうのの類推から言えば、「結婚」という制度自体が、宗教であって、「幸福」というのは、その宗教固有の用語であるとみなすことも可能であるわけです。とすれば、単に別の宗派を貶すだけの、記事になってしまいます。

岐阜から帰ってきたときに、前にも見かけた気がする年配の人がいたのですが、903Aの人だそうです。

起業家セミナー申込書

特許庁への住所変更届を印刷して、起業家セミナーへの申込書をFAXしました。起業家セミナーの講師のなかには、901のデジタルウィザードの塩谷(えんや)さんも含まれていました。学校の怪談2のCGを作ったのだそうです。連日徹夜していたのはそのせいだった様です。

繰返しパタン

前の風車と同工異曲なのですが、手裏剣パターンも描いてみました。

Unisys

送金のグラフを描き、Unisysへの特許料の計算をしました。企業からのボリュームディスカウントを利用した送金が十六銀行の口座にあったということなので1Fに降りて通帳記入してきました。ロビーでは、915の大淵さんと、十六銀行の所長さんが話しをしていました。

qualitst

新規に書き下ろす事にしたのですが、以前に書いたようなコードの部分に来ると、ちょっと退屈します。その分、練ったコードにすれば良さそうなものですが、例えば、WindowsAPIの名前とかを思い出すために、ヘルプを検索するという様な時間は、やはり必要なわけで、、、、
昔、何かの小説で、貴族は退屈の余り発狂しないために毎日外国語の勉強をしている、みたいに書いてあるのがありました。高校生頃に読んで、最も退屈に思える語学の学習がなぜ? と思って以来疑問は解決していないままです。退屈に耐える力を付けるために、語学の学習をするのでしょうか? ヘルプを見る頻度が増えると、プログラミングも辞書引きながら英語を読むのと大差無いことに思えてきます。

6/30(日)

宅急便に取りに来て欲しいと電話をかけると、用紙に記入しておいて欲しいと言われたので、用紙をとりにソフトピアまできました。ついでにmailを2通ほど書きました。午後のどれかの時点に荷物を取りに来るということなので、12時までに帰り、部屋の配置を変えて過ごしました。

佐藤俊一氏

宅急便を待っている間に珍しく、アタック25とかいう昔からあるクイズ番組を見ていたら、兵庫県の淳心学院の先生が出場していました。多分、授業は受けていないけれど、顔は見た事があるという関係なのだと思います。それに20年近い昔の事ですから、顔も変わってしまっていますし。

宅急便

宅急便の人は4時ごろにやってきました。千円札が2枚しかなくて、1万円を払って、しばらくしてお釣を持ってくるということだったのですが、5千円札が出てきたということで、割とすぐ、お釣を持って現われました。その後は、外に出ても良かったのですが、結局、部屋の配置替えでくたびれたので、TVを見て過ごしました。

新・電子立国

「秀吉」の後、新電子立国をみたのですが、例によって、ネットスケープの副社長も、プログラミングが好きな人間ではなくて、お金もうけが好きな人間だったのだなあと思いました。WWWを最初に作った人は、フリーウェアとして出しているわけで、これは、ビルゲイツが、他人の作ったBASIC言語、他人の作った86用のDOS、パロアルト研究所のGUIシステムの分野でそれぞれお金儲けした様に、あるいは、松下が、真似したと呼ばれる様に、例によって、二番手として登場して、市場を占領するというパタンを選んでいるのだなあと思いました。

上側の右前歯の真ん中寄りの裏側のエナメル質が1mm四方くらい欠けていました。欠けたせいで、舌とか下の歯に当ったときの感じが気になってたまりません。最近、牛乳を飲む量が減っていたせいかも知れません。あるいは、牛乳をココアにして飲んでいたために甘すぎて虫歯になったのでしょうか? 正しい原因はわかりませんが、これ以上欠けたとしたら、前歯の先っぽでは、治療も難しいでしょうから、見た目が不細工になりそうな気がしています。

6/29(土)

悪夢

晴れの日だったのですが、朝起きた時の夢が気持ち悪いものだったので、憂鬱な気分でした。僕の左脳が、料理されて皿に盛られて、誰かが食べているのに、僕は、なぜか、右半身の感覚もあるし、動けるし、計算も出来るし、公式だって思い出せるのはなぜだろう? とか考えている夢でした。

無為の一日

実家に送る余ったクーラーをダンボール箱に仕舞ったのですが、部屋からベランダに出ると、暑くてたまりませんでした。なので、他は何もしませんでした。部屋の配置を変えようと思ったのですが、そのためには、ベッドを分解するための工具が必要で、そのためにソフトピアまで来る気になれず、それもしませんでした。

6/28(金)

8:00頃に起きて9:20頃につきました。

拡張子の関連付け

昨日、削除していたマイクロソフトFAXを使えるようにするために、すんなりいかずにあちこちいじったせいで、エクスプローラーのオプションの所からのファイルの拡張子と、実行ファイルの関連付けのページで漢字で表示されなくなるなどの問題が起こってしまいました。Windows3.1の時のように、Win.iniやSystem.iniをいじっている内に、直るという様な簡単なことではなくなっているので、面倒です。

メール3通送った位で、大して何もしない内に、12:15になっていました。

タイル

タイルの繰返しパタンを思い付いたので、それを、Windows Draw!4.0で描いて、壁紙にしました。その変形も描いてみたのですが、かえって単純な繰返しに見えてしまったので、やめました。

三塚

食べたら眠くなったので、プールは行きませんでした。

6/27(木)

今朝も寝坊しました。目覚めたら9:00でした。プールのせいで疲れているのでしょう。ソフトピアには、9:40頃につきました。アップロードする前にアクセス数を見るのを忘れました。

送金

第一勧銀に振り込んだというメールが2通来ていたので、岐阜に出かけることにしました。西岐阜まで自転車だと片道40分くらいなので、1時間くらいでしょうか、電車だと、待ち時間を入れると40分くらいです。今日は、午前中雨の確率が20%くらいなので、電車で行く事にします。

岐阜

10:45にこの部屋を出て、岐阜で第一勧銀と、自由書房により、戻ってきたら、12:46でした。自転車で行っても、時間的には大差無さそうな気がします。
自由書房では、「心の科学」と、「プログラミングの壷3」を買ってきました。

MPFAX

サン電子から返事のFAXがあって、Win95ではいろいろバグが報告されているけれど、Win95版はまだ無いので、マイクロソフトFAXを使ってくださいということでした。マイクロソフトFAXはなんだか使いにくかったために、MPFAXを使い続けた気がするのですが。

マンションの外壁の色

岐阜の十六銀行の本店は、東西の壁がベージュで、南北が緑色という構成になっているので、それを真似てみました。また、パールグリーンのタイルは、一階毎に線を入れるのではなく、最上階に使って見ました。人間の目は、写真などと比べてダイナミックレンジが広いので、写真だと、暗くて色がわかりにくいベランダの辺りの色も、人間の目には見えるという様な事があると思います。

プール

いつのも人がいなくて生徒は、4人だけでした。バタ足をすると、心拍数が160くらいまで上がってしまって、その後は、フラフラになってしまいます。息継ぎをしているつもりでも、ちゃんと酸素が肺まで届かない時もあるみたいで、一かきで苦しくなってしまう場合があります。

6/26(水)

寝坊

今日は目が覚めたらすでに、8:17でした。朝十六銀行の人が通帳を持ってやってくるはずだったと途中で思い出したのですが、10時前くらいにつきました。

コメント欄を埋めておいた成果か、アクセス数は、20件くらいまで行っていました。

壁紙集

近く、O2から壁紙集のCD-ROMが届くそうです。

マイクログラフィックス

マイクログラフィックスのサポートから、早速FAXが届いていました。例えば、NECなんかだと1月くらい経ってから反応が来ますから、とても早いと思います。その後、僕の方でも、MPFAXとの組み合わせで起こっているバグらしいということがわかったので、レポートしておきました。
さっそく返事のFAXが来て、FAXドライバーをWin95対応に変えて見てくださいとか書いてあったので、今度は、サン電子にFAXを送りました。

十六銀行

十六銀行に行って通帳をもらってきました。またしても、ラップとティッシュとコップ2個とをもらいました。あまり預金するわけでもないのに、申し訳ないのでした。十六銀行で、財団の人が3人いました。

qualitst 1.5

コーディングを始めました。今回のバージョンだと、減色画質だけではなく圧縮画質も測定できます。

マンションの色

WindowsDraw!で、外壁に線を入れたり、DaisyArt2(95にバージョンアップしていない)を使って壁の色を変えたりしてMJ-800Jで数枚プリントしてみました。線を入れるとケバケバしくなるし、緑系統の色はやはり、工場の様な感じがします。

プール

プールは火曜日以外毎日あるということで、他の人の足を引っ張らない様に、プールに行きました。僕は、小学校の時に、時々裏返って、浮きながら息継ぎをしながら、人の倍くらいの時間をかけて25m泳いだことがあるだけです。
でも、水曜日にやった内容は、月曜にやった内容とほぼ同じ内容しかしなかったと思います。いまいち、息継ぎの時に、体を傾けずに、なおかつ視線は、手を見るというのが矛盾している様に感じています。

日記Vol.9

日記Vol.11

[HOME] [HOME]