[HOME]


 

96/7/24 25 26 27 28 29 30

日記Vol.13

日記Vol.15

[HOME]
[HOME]


7/30(火)

9時前に起きて、とりあえず生ゴミを出して、しばらくTVでオリンピックを見ていました。カールルイスが、3回の試行の段階では、走り幅跳びで1位にいました。なかなかすごいことだと思います。

パソコンの世界で12年というと遠い昔という感じがしてしまいます。ハードウェアもOSも変わっていくし、じっくり取り組むよりも取り合えずのバージョンを、素早く出す事が大事な世界なのでしょう。

pag1min3.dllを呼ぶプログラムを作っていました。割と快調に進んでいます。まあ、VBであまり面倒な事をするつもりがないので、当然ですが。

スプライン

14:00頃に915の大淵さんが遊びにやって来ました。押し出し文字を作る方法を聞いて、ディメンジョンで出来ると教えてもらいました。途中、ベジェと、スプラインの差について本を見せてちょっとだけ説明しました。スプラインの語源を聞かれて知らなかったので、百科事典を調べました。大淵さんは、部屋の番号で呼ぶのは気に入らないらしいので、以後大淵さんについては、名前にします。大淵さんの会社のURLはまだ聞いていないのでリンクはありません。過去のに溯って直しておきます。他の人はどうだか聞いていないので、とりあえずそのままにします。

大淵さんは夜中まで働いていて、目は眠そうなのに、こんな風に情報交換する時間は惜しまないのだと思います。

またプログラムに戻り、お腹が減ったので、ジャスコで弁当を買って、三塚で食べ、また戻ってきて、プログラムしていたら、妹から電話があって、滋賀県まで来ているので、ついでに、行くので、チラシに入れるCGを作るために、マルチメディア開発室の予約をしておいて欲しいということでした。

妹が突然やってくる

21:30頃に、妹から電話があり、大垣駅についてこれからタクシーで行くということで、もう、入り口が閉っているはずだったので、通用口から鍵を開けて一緒に入るために外に出て待っていました。

22:00から、マルチメディア開発室で、大淵さんに聞いたみたいにAdobe Dimensionで、タイトルを作りました。後、日付を、SOFTIMAGEで作り、持ってかえりました。どうせコピーしてモノクロのチラシにするということで、多分質感とかはあまり気にしないで、簡単なものになりました。時間を余して部屋を出ました。

7/29(月)

8時前に起きて、皿洗いして、出てきました。ドアを出た時に、308だったかの広瀬さんにまた会いました。サークルKに寄って、9時半頃にソフトピアに来ました。

TodoListを時間帯別にして、一日中雑用をして過ごすことが無いようにしようと思いました。

シェアウェアにすることの意味の違い

NIFTYのSW作家のフォーラムで、キーウェアについて、アメリカでは、シェアウェアは、誰かが製品版を作るための資金提供をしてくれる事を期待して出しているのだから、あまり送金がなくても構わないわけだけれど、日本では全然そういう世界ではないから、送金比率を上げるための処置は当然であるみたいな書き込みを読みました。

佐川急便から電話があって、このまえいなかったので、今日は3時から4時くらいに荷物を届けるという連絡でした。受け付けも土日は人がいないのかも知れません。荷物は、Paradox7でした。Win95版という事で、Unicodeに変わっていたりするのだろうかと思いましたが、とりあえず、前のコードはそのままで動いていました。

ブタマンのアクセス数は、また3位に落ちていました。JustNetの日記のページをYahhoに登録してきました。でも10日かかるとかかいてありましたが。

スピリッツを読んで、AERAを買いに外に出て、ついでにNTなんとかいう雑誌の創刊2号を買って、銀行でお金をおろして、三塚に寄って、食事しました。

3時過ぎになってプログラムを始めました。

しばらくすると、新聞料金の集金の人がやってきました。とりあえず請求書もらって、一階の大垣共立から送金してきました。

ヴァータスVR

6時過ぎからまた、VVRで実家のマンションの外観の3D画像を作っていました。VVRのせいか、Pentium-90のせいか、メモリが32MBしかないせいか、建物全体のモデルを編集するには時間がかかってしまいます。ワイヤーフレームでカメラ位置を決めて、最後にレンダリングという風にはなっていないので余計です。また、プリントアウトするときに、720dpiのデータを内部で作っているらしくて、時間がかかりました。

三塚

ドアに、ゴミの日の書いてあるパンフレットが入っていました。誰かが、黒いビニール袋でゴミを出していたせいで、ごみすてのルールを徹底するという意味なのでしょう。でも、最近、ジャスコとの間の道路に、若者たちがたむろしていたりするので、よそから車でやってきて、ゴミを捨てて帰る人も居るかもしれず、住人のせいだと考えるのは、早計だと思います。

7/28(日)

10時前に起きて、TVを見て、洗濯して、12時過ぎにソフトピアにやってきました。意味不明のmailが届いていました。

色空間

あと、fj.comp.imageでの色空間の議論はほぼ終わっているのですが、なんとなくすべて僕の誤解のせいにされそうな気もしたので、繰返しになる感じなのですが反論も書いておきました。別に、書かなくても良かったのですが、意味不明mailがそういう風な誤解に基づいて、ひやかしの意味で出されたmailかも知れないとか考えられなくもなかったので、念のためです。

あと、ATD色空間というのが、MacAdamの偏差楕円を真円にするような空間の様なのでこれを使おうと思いました。
ブタマンに接続してNewsに書き込んだあと、回線を切るのを忘れて、この日記を更新している間、ブタマンに接続したままになっていました。ブタマン京都に電話をかけているので、痛い浪費です。

三塚

「秀吉」見て、女子マラソン見て、また、NHKでの再放送を見てそれから眠りました。テレ朝の鼻の穴が少し大きな女性のアナウンサー(名前を思い出せません)が、TBSの番組のアナウンサーをしていたので、フリーになったのかなとか思っていたのですが、NHKでも、同じ内容だったので、民放とNHKの共同取材ということなのでしょう。

7/27(土)

花火大会

1時すぎまで眠っていて、その後、TVを見て過ごしていたのですが、ドンドンという音が聞こえてきたので、窓を開けたら花火をやっていました。
7時半頃から自転車に乗って長良川の方に向かったのですが、花火は途中の揖斐川でもやっていました。それで、川沿いを自転車で走りながら適当な所で自転車を止めて、土手に上がって、1時間くらい花火を見上げていました。10号玉とかだとさすがに大音響で、最初に聞いたときには、耳というより唇がしびれた感じがしました。

シャトルバス

帰り道途中なので、ソフトピアに寄りました。8/8-11の間は、イベントがあって、ソフトピアと大垣駅の間にシャトルバスが出るらしいから、遊びに来るとしたら、その時期なら、タクシー代が節約できますとかいうmailをだしました。

7/26(金)

朝7時頃に起きて、生ゴミを出し、TVを見て、朝ご飯を食べ、10時ちょっと過ぎに、ソフトピアに来ました。
知人に会社を作ろうかと思っているとmailしたのですが、不安になるのか、全然反応が返ってきません。人数が増えると人間の判断は冒険的になるというのがあるので、あまり反応が良くないと、考えが縮小していきます。

規模を大きくすべきだと感じる要因
  • アイデアを抱えすぎて、一人では二兎を追うものになってしまいそう。
  • 性能の良いシェアウェアより、性能を気にせず有名なソフトを買うユーザーが多いから、このままでは、ジリ貧になる。
  • 903の人が5000万円くらい借りたらどうですかと勧めた。
  • 僕がかつて思い付いたようなアイデアでアメリカであれば300万ドルの資金が得られると思った。
規模を大きくすべきでないと感じる要因
  • 僕は、人脈も乏しく事業家タイプの人間ではない
  • 資金が借りれたとしても人材が集まらなければ問題は解決しない
  • 僕が作りたいソフトの市場は、思っているより小さいかも知れない

名刺

SJクラブに出席するのに名刺が切れているので、印刷しました。個人で肩書きが無いので、変則的なデザインの名刺にしていたのですが、「シェアウェア作者」という肩書きを付けて、両面印刷にして裏側に、pag1tetoの広告を入れました。

SJクラブ

日本パーソナルコンピューターソフトウェア協会の専務の清水という人の講演があったのですが、7/15の講演会に出てきた学生社長の国府という人が、将来の孫氏になるだろうみたいな話しで、ちょっと、違和感がありました。

その後、パーティーがあったのですが、円卓に座って話していただけなので、あまりいろんな人とは話しませんでした。というか、立ち上がって、名刺を交換しに回れば良かったのでしょうが、インキュベートルーム以外は、いかにも年寄った人たちであるわけで、話が通じそうな気がしませんでした。そういえば、日本のパソコン業界では、西氏みたいに老人からお金を出させるのがうまいというのが、成功の秘訣のようになっていますねえ。西氏は成功したのかどうか知りませんが。

右隣に座った人は、坂井さんという人でした。Cyber City Chubuというモールを作っているそうで、個人だと無料でホームページを作れるそうです。何か良いアイデアはありませんか? と3度くらい繰返していっていました。インターネットがもっと高速にならないとあまりショッピングモールに気軽に出かける習慣が出来てこない気がします。

帰りに、902の黒川さんと話したのですが、pag1tetoにトランスペアレントGIF機能がなかなか付かないのをとても不満気にしていました。でも、GIXを買って使えば良いではないですかと言っておきました。GIXは、知らなかった様です。

事業計画書を知人に送ってみて見てもらったが、反応が無いと書いたらわりとすぐに、一人からは反応がありました。でも、最初に出した人の方からは反応がありません。まあ、結局判断は県に任せて、事業計画書をいっぱい出すという予定です。

VVRを使っていたらまた一般保護違反が出ました。それで、トイレに行って、戻ってきた所で、905の人と廊下で会いました。SJクラブのパーティーで初めて会ったのですが、割と興味の範囲は似ているみたいで話がはずんだのでした。すでに、ベクトル量子化圧縮のソフトが出来ていると勘違いしていたらしくてそれを見せてくださいとかいうことで部屋にやってきて、その後も、長く話していました。9:30に空調が止まってしまったので、自動販売機の所に行って、11時過ぎまで話していました。

学習エンジンとか画像理解と書いていたせいで、挑戦された感じでもあります。その辺りをさっさと片づけて、挑戦に答えたいものです。

7/25(木)

朝起きてからしばらく、オリンピックの話題などでついついTVに見入ってしまうので、ソフトピアにやってくるのが遅くなってしまいます。

ヴァータスVR for Win3.1をWin95上で使うと、できなくなっていたテクスチャーマッピングをVVR for Win95が届いたのでやったのですが、途中一般保護違反に見舞われました。またラムズにメールしておきました。ヴァータスVRにはいろいろ制限があるのですが、それを避ける方法に多少慣れてきた感じです。

圧縮

「サイエンス」と「Interface」が届いて読んでいました。Interfaceでは画質評価について書いてあったのですがすべてが主観評価ということで、ちょっとなんだか不満が残りました。後、圧縮する時に、RLEやGIFみたいに圧縮率の悪いアルゴリズムでいったん圧縮された画像をLHaなどでさらに圧縮するより、圧縮されていないファイルをそのまま圧縮する方が小さくなるみたいな、常識と思えることに割といっぱい誌面を費やしていました。

プラスチック数

「サイエンス」のプラスチック数というのは、知らなかったので知識が増えました。あ、でもまだ途中までしか読んでいません。
f(n)=f(n-1)+f(n-2),f(0)=1の数列のf(n)/f(n-1)の極限が黄金数で
f(n)=f(n-2)+f(n-3),f(0)=1,f(1)=1のf(n)/f(n-1)の極限がプラスチック数であるなら
f(n)=f(n-3)+f(n-4),f(0)=1,f(1)=1,f(2)=1のf(n)/f(n-1)の極限は何なのでしょう?

15時頃にお腹が減ってジャスコに寄って三塚に帰ったのですが、食べたら眠くなって、2時間ほど昼寝してしまいました。

戻ってからデジタルカメラの画像をJPEGに変換して、妹に画像入りの手紙を出しました。それからまた、VVRをいじっていました。

7/24(水)

9:50頃姫路発の新幹線に乗って帰ってきました。時刻表を良く見ると、9:00とか8:00とかの新幹線であれば、大阪で乗り換える必要がないのでした。

電車の中で「色彩工学」の中の関心のある部分はほぼ読み終わりました。MacAdamの偏差楕円がどこでも均等な大きさの球になるような空間が3個提案されていた様です。それまでのはちょっと単純すぎると感じていて、今度のはちょっと捏ねくり回しすぎと感じるのですが、でも試してみようと思います。

fj.comp.imageでの色域圧縮の話題へのresにresが来ていたので、またresを書いたのですが、「色彩工学」を読んで初めて知った事もいろいろあったので、時間がかかってしまいました。

帰りに郵便受けにヴァータスVR for Win95のバージョンアップCD-ROMが届いていました。

大阪のO-157の話題で気になって夜になって妹に電話したのですが、とりあえず元気そうでしたが、いろいろ大変そうでした。卒論とかレポートのテーマとかの話を聞いたのですが、抽象的なというか、過剰な一般化の臭いのすることを口走っていたので、そういう話し方は、パソコン通信の世界ではトラブルの元だという風に言いました。

日記Vol.13

日記Vol.15

[HOME]
[HOME]