[HOME]


 

96/8/20 21 22

日記Vol.17

日記Vol.19

[HOME]
[HOME]


8/22(木)

今朝も夢を見ている時に目が覚めました。群集が向こうへ走っている所で、宝石をばらまいてその注意をそらせようと試みている奇妙な老人が出てくる夢と、あ、もう一つもなんか極端な夢だったのですが忘れました。

ナムコ

10時すぎにやってきて、メールに返事をかいていました。ナムコの「アクアジェット」にもpag1tetoが使われるそうです。少し前にTVで関口さんが「プロップサイクル」を紹介していたので、思い出して、あれに僕のソフトが使われていることを自慢げに書いてハガキを出しておきました。

白人

12時ごろに、少し前に届いたParadox7の修正版をやっぱりインストールしていなかったらしいことに気付いて、インストールして、マシンを再立ち上げしている間、散歩を兼ねて、ポストまで行ってハガキを出してきたのですが、リフレッシュルームに白人の人がいました。多分、財団の人かなと思ったのですが、食事中だったみたいだし、ジュースを飲むつもりも無かったのでそのまま通り過ぎました。そもそも、日本語が通じない人だったら、慌てるし。

TechWin

ポストの帰りに郵便受けをみたら、以前収録されたのの見本誌「TechWin」の95/7が来ていました。それに間違えて送られてきた分も含めてテレカは3枚ももらってしまいました。やればできるのに、なぜいままでやらなかったのかという感じです。

ヒストグラムの精度と減色画質の関係

高い精度のヒストグラムが減色画質に大きく影響するということを書きかけていたら、まだ試していない別のアルゴリズムのことを思い出してしまって、それをどうするか考えはじめて、中断してしまいました。

ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキーフライドチキンに行って食べました。ビニールを破ると、お手ふきから腐った臭いがして、困りました。

mail 11通

NIFTYにつなぐとまたいっぱいmailが来ていました。返事を出すのにつなぐとまた2通来ていて、結局、11通読みました。過去12通のメールが来ていた時があって、返事を書くのだけで、くたびれてしまった時があるのですが、それに迫るものでした。

8/21(水)

8時頃に目が覚めたのですが、その時の夢が、1つの先の丸いかたちの大き目のアイスキャンディーにキャンディーの棒が1本ではなく10本くらい刺さっているイメージでした。その、キャンディーの長さや大きさを変更してみていて、それがとても難しい問題を考えている様な気がしていたのですが、目が覚めた時には、何のことかわからなくなっていました。それで、また眠ってしました。後から考えると、昨日の夜みた、ボノボの乱交シーンが影響した性的な夢だったのかも知れません。

その後10時頃に起きたときには、凸包の仲間のα包があるみたいな意味でαペイントとでも言うべき機能があるペイントソフトがあれば良いのにと思いました。

昨日のメモに対する反応の様で、さっそく郵便受けに、市のお知らせが入っていました。

予約していたWIRED

11時ごろにソフトピアにやってきて、メールに返事を書き、ショップピアに行って、食べ物を買い、WIREDを受け取ってきました。予約してあるのにWIREDは、そのまま、雑誌の棚に並んでいました。以前にも、InternetMagazineなどでそういうことがあった気がします。でもって、そのことに僕が、気付かないと、返品されて、1月遅れとかで忘れた頃に届くことになるのかも知れません。
WIREDの中に、養老公園の事が紹介されていました。

次期パソコン

「WIRED」と「日経バイト」をソファーで読んでいる内に、1時間程眠ってしまいました。相変わらずPentium-90を使っているわけですが、PentiumPro200とかが出ているわけで、そろそろ3倍の性能差ということになります。そろそろマザーボードの交換をすべき時期が近づいているとも思います。

WinNT3.51で使っている人からのメールで、Win95では再現しないバグレポートが来ていたので、もう一台NT用のパソコンが欲しい所でもあります。でも、NTということになれば、SoftImageのNT版みたいなこともあるので、Pentiumではなく、αチップを積んだのの方が良いような気もします。まだ3Dグラフィックボードはまだ不完全という記事もあって、SoftImageが使えるようなボードは20万円くらいするみたいなので、...

携帯電話でお辞儀

NTのことを思い出したせいで、NTという雑誌の発売日だった様な気がして本屋に行ったのですが、24日発売の様でした。戻ってきたとき、携帯電話をしながらペコペコと深いお辞儀ををしている人がいました。昔、電話口でペコペコするのをからかうギャグとかあった様に思いますが、携帯電話でペコペコしていると、まるで、メッカに向かってお祈りしている人みたいで、やや異様です。

外壁シミュレーション
その後、10時近くまで、実家のマンションの外壁の色のシミュレーションをしていました。7/24以来放置していたので、そろそろ建築スケジュールの限界に来ているかも知れません。LivePictureとかいうソフトがあれば、あまりメモリーを使わずに、大きな画像が編集できるのですが、値段が高いので持っていません。Draw4.0で、領域を塗り分けて、DaisyArt2で、テクスチャーを貼り付ける予定です。

8/20(火)

ナマゴミ臭

8時半過ぎ頃に、ソフトピアに来ました。でも、無理して早起きした感じで、眠いままでした。この日は、B1も9階も建物全体が、生ゴミの臭いが立ち込めていました。もともと9Fのリフレッシュルームも、コーヒーとタバコの煙が混じってどうかしたような臭いがしているのですが、それを圧する生ゴミの臭いだった様な気がします。

創造法の書類の補正

創造法の書類の指摘された部分を詳しく書き直していたのですが、特許の内容についての部分は、アルゴリズム自体として特許が認められれば問題ありませんが、そうでなければ、様々な多次元空間を扱う応用について、すべて出願してからでないと、あまり他人に説明するわけには行きません。自分の思い付いたアイデアなのに、他人の特許になってしまって使えないということになる可能性があります。

林さんの取材

10:00ちょっとすぎに、中日新聞の林さんがやってきて、日記の質問に答えていました。減色とか圧縮の話は書いても、読者にわからないので、MilkyWayAstrologyとか、インターネット上に置いている日記に重点を置いて記事にする予定の様です。
一般には、適応的自己開示というのが健康な精神の特徴とされているわけで、やたらとプライバシーを公開してしまう状態は、やや異様なものに写ってしまっている様です。でも、メールで近況報告を省略するためとか、他人に約束していながら忘れてしまう危険を多少減らすとか、実用性もあるわけで、あまり気にしていません。そういう実用性の説明だとあまり楽しい記事にはならないみたいで、記事がまとまらないという状態があまり改善されたようには思いませんでした。
途中、ドアを開けていたので、途中、黒川さんが少しだけ入ってきました。なんとなく、僕は眠くて額が突っ張った感じばかりしていたので、間延びした回答になってしまいました。
林さんから、柳生さんも読者であることを聞きました。

リフレッシュルーム

ASCIIとDJJを読んで、廊下に出たら、リフレッシュルームに、数人の人がいて、楽しそうに話していました。僕が、近づいたら、大淵さんが、「松岡さんの悪口喋っていた」とか言っていました。創造法の書類を見てもらった話をして、2時間くらい説明して、減色画像の例とかで、都合の良い場所だけ出しているのでは? とまで言われてしまったという風な愚痴を喋っていました。大淵さんは中小企業振興公社だけで、6.7回は同じ説明をしたということでした。

松原さんが不満気

松原さんもいて、小さい声で、前の時の占いが、納得が行かないとかいう感じのことを喋っていました。僕は補足してみたのですが、余計に、不満が増したみたいでした。分らないけれど、前に赤い目をしていたことを書いたことが機嫌を損じているかも知れませんし、前に、みんなで904に遊びに来ていたときに、床に座り込んでいた時に、ソファーを引きずってきて勧めるとかすべきだったのかもとか、思ってしまいました。

ラオー

あと、907の女性もいたので、シェイプアップガールズの中の一人に似ていると前から思っていたので言ったのですが、907の人はどういう人か思い浮かばなかった様で、意味不明だった様です。帰ると言って帰っていきました。大淵さんは僕のせいだと言っていました。名前を思い出せなかったので聞いたのですが、澤さんからラオーという名前が帰ってきました。澤さんはむしろ、工藤夕貴に似ていると言っていました。

ついでに言うと、最近見かけませんが、903Aの女性はビビアン・スーに似ていると思います。

Xingの酒井さん

その後すぐみんな散っていきました。その後読んだメールによれば、14:00から澤さんのところにはXingの酒井さんが来ていたようです。
前に、酒井さんがやってきた時に、ソフトピアジャパンセンターのビルのデザインが、2本の角が出ているという点で、ガウディーや都庁を意識しているに違いないと言っていました。僕は紙工作の様な表面の質感という点で、ガウディーはかなり違うと思いました。その後しばらくして気付いたのですが、色といい形といい、ソフトピアジャパンの北側に立っている中央電線と書いてあるビルに合せてある様に思いました。

輪中堤

僕は、まだ眠けが残っていたので、日差しが強いにも関わらず、サイクリングに出かけました。前は大島堤の途中までだったみたいで、さらに少し続いていて、広い水場のある公園にでました。さらに公園を通って少し行くと、輪中堤遊歩道へとつながっていました。そこは以前に夜通ったことがあったのですが、両側にバラの花が咲いていて、途中に、公園やサッカーグラウンドとかがありました。

pag1tetoの説明テキスト

戻ってきてからメールに返事を書いたり、pag1tetoの説明のテキストを書いたりしました。深夜のTVで、TVショッピングの番組を繰返しやっていて、繰返し繰返し放送していても、そんなに飽きる感じではなくて、面白く出来ているわけで、説明のテキストにした所で、良く練って作れば、良いものができるはずだとは思うのですが、まあ、もともと子供の頃から、説明が下手糞ということになっているので、しょうがない所もあります。というか、一体、相手がなぜ説明を必要としているのかが、理解できないのだと思います。バックミンスターフラーの伝記に、そんな風に擁護している部分がありました。説明を面白くすることができた所で、例えば、深夜のTVショッピング番組を見て僕は、製品を買った事がないわけですから、退屈しない説明を必要としている人がいるのかどうかも、疑わしくはあります。

空調を延長していなくて6時に止まって、その後、7:30頃までいて帰りました。

三塚に帰ったら、郵便受けに、市のお知らせが僕の所だけ入っていなかったので、広瀬さん宛てのメモを書いて郵便受けに入れておきました。

ボノボ

ビートたけしの番組で、ボノボがチンパンジーより人間により近いとか、乱交することで、平和な社会を維持しているとかいう話をしていました。ビートたけしの万物創世は、扱うテーマが、みんな知っているようなことで、にも関わらずビートたけしが、知ったかぶりして喋るのが、気に触るにもかかわらず、ゲストとかは知らない振りして調子を合せていて、余計に、いらいらするのですが、それでも見てしまったわけです。

日記Vol.17

日記Vol.19

[HOME]
[HOME]