[HOME]


 

96/8/27 28 29 30 31
日記Vol.19

日記Vol.21

[HOME]
[HOME]


8/31(土)

実家

11時過ぎに実家から電話がかかってきて、200万円貸すのが惜しくなったみたいで、他に方法が無いのかいろいろ聞かれました。会社を作るときに、貸してくれるはずだった金額よりも少ないわけですが、それでも、今回の200万円のことで、とても不安になってしまったみたいで、来年の末くらいまでもう貸さないと言われてしまいました。

問題のプロバイダーからのtel

TVを見たり眠ったりしている内に、問題の掲示板があるプロバイダーから電話がありました。プロバイダーとしてはできるかぎり関わりたくないのでしょう。とりあえず、掲示板の一時閉鎖をするということでしたが、閉鎖したというmailがまだ来ていません。(実際には、土曜日の14:00の段階でホームページまるごと閉鎖になった様です。)

掲示板運営者からのtel

しばらくして、掲示板の提供者からも電話があり、最初の内は、CGIが処理していて、mailのFrom:欄の情報はやってきていないと主張していました。しかし、3度目の電話で、ようやく、犯人のmailアドレスを知ることが出来るはずだという事実を認めさせる事ができました。

プロバイダーも、掲示板運営者も、両方とも自由を売り物にはしたいけれど、自由に責任が付いてまわることについては、考えた事も無い様な気がします。

写真の現像が出来ているのを受け取ってきました。

アイスクリーム

問題のプロバイダーに、掲示板責任者とのやり取りについてmailするために、ソフトピアにやってきたのですが、来てすぐの時に、907の山本さんが、アイスクリームのカップを持ってきて1つ余ってしまったので良かったらどうぞということで、もらってしまいました。いつも忙しそうなので、そんれほどは親しく話したこともなかったので、意外な感じがしました。僕は冷蔵庫がないので、すぐに食べてしまいました。

ブックサービスから4冊

この事件のせいで、他のことが停滞してしまっていることに気付いたので、まずはそれを片づけようと思いました。宅急便で、少し前に注文していたソフトウェア特許に関する本などが届き、また、ショップピアで、「DOS/Vマガジン」を受け取ってきました。

大淵さん

そして、読んでいる時に、915の大淵さんがやってきたので、しばらく、今回の事件のこととか、ソフトウェア特許の話をしていました。大淵さんは、少し前に出来たサービスマークの登録の時に弁理士と関わったことがあるのだそうです。送金への反応とかしている内に、8時近くになってしまいました。

それから日記の更新をしました。

8/30(金)


9時半頃にソフトピアに来ました。たまたま、大淵さんも同じ頃に来たみたいで西側の道路で会い、また、郵便受けの所でも会いました。副理事長の意図はなんだろうと聞いたら、後で遊びに行くと言う事でやってきて、しばらくリフレッシュルームで話しました。

オンダ特許事務所から質問に対する回答が来ていました。費用も500万円ではなく200万円くらいらしいということが判りました。ただし、遅くても10月頃には必要になるということだったので、11月頃に定期が満期になるのをあてにしていたので、その間の融資が得られないか十六銀行に聞きに行きました。でも、なかなか大変そうだったので、諦めました。実家に電話をしたところ、200万円だと、普通預金にギリギリあるということで、それを借りる事になりました。

岐阜

岐阜に行って、通帳記入して、NIFTYからの入金を他の銀行の口座に移動しました。それから、自由書房で、「InsideWindows」と、「パターン認識」という本を買いました。これは、96/7発行の本で、この本の中でも、第一主成分を使って空間を分割するというアイデアが出てきていて、これが、1988年の論文になっていて、pag1tetoより早い事が判りました。pag1tetoでは90年頃に思い付いて、94年頃に実装したと思います。特に新しいアイデアは見当たりませんでしたが、自分のやっている事が、ちゃんと本の中に書いてあると、自分で説明する手間が省けるので便利です。大衆書房では、めぼしい本が見当たらなかったのですが、手ぶらで出るのもいやなので、もしかしたら、すでに買っているかも知れないと思いつつ、「データ構造とアルゴリズム」という本を買ってきました。あと、「コムロード」で、プリンターのカラーインクを買ってきました。

掲示板のプリントアウト

僕の名前とIDを騙った酷い書き込みのある場所についての返事が返ってきたので、その掲示板の内容を確認し、警察の何でも相談に電話しました。そうすると割りとすぐに、電話がかかってきて7時に警察に行く事になりました。ケンタッキーフライドチキンの近くでした。それまでの間に、掲示板とそれを見て、僕の所に送られてきたmailをプリントアウトしました。

行く前に、905の石淵さんと、902の黒川さんと、915の下田代さんと、会う人毎に警察に行く事を言ってから出かけました。

警察

警察では、4人程が話を聞いてくれたのですが、みんなパソコンについては良く分らない人ということで、宿直の暇つぶしに相手になってくれた感じでした。一通り喋ったと思ったら、まずは落ち着いてゆっくり喋って欲しいといわれ、もう一度説明したと思ったら、インターネットの仕組みが良く分らないと言われ、結局、月曜日の朝に判る人の都合を聞いて、再度説明にくることになりました。そうこうする内に、世間話が混じりはじめ、やがて、DX4-100のラップトップで、Win95を使ってプリントすると、出始めるまでに30分もかかるという話になってメーカーのサービスマンの代りみたいなことまでしました。メモリーの少なさ、プリント時のスプールの設定とか、疑ったのですが特に問題は無さそうだったので、ドライバーのバージョンが古いせいだということになりました。でもその場では解決できなかったので、後で、FDを持っていく事にしました。

64ドリーム

お腹が減ったので、ケンタッキーフライドチキンで食べて、それからソフトピアに戻って忘れない内に、キャノンのドライバーをダウンロードして、しばらく、リフレッシュルームで、914の二人と喋っていました。澤さんの紙コップのコーラを、「一口だけ」とか言って、松原さんは飲んでいたと思います。澤さんは、任天堂64の「64ドリーム」で連載の欄を持ったとか言っていました。この前ベージュのスーツ姿で出かけているのをみたのはその関係だったのかも知れません。

途中で、905の石淵さんも加わり、名誉毀損とかだと、弁護士の力で結果が決まったりするとかいう話をしていました。あと、ソフトウェア特許の話とかもしていました。

プリンタードライバ

忘れない内にと思って、FDを持って、再度警察に行って、まだその人が、帰っていなかったのでインストールできて、ちゃんとプリントが速くなるのを確認してから、帰りました。多分、30分よりは、速くなったのだと思うのですが。いまいち、プリンタードライバーに渡すまでにかかっている時間が長かったようです。

三塚に帰ったら11時近くになっていました。

8/29(木)

今朝は、7時過ぎに起きました。まだ雨降りが続いています。でも、ようやくにして大垣共立銀行でもらった朝顔の缶詰に花が咲きました。9時過ぎにソフトピアに来ました。

ハッキングマニアに狙われている

朝、NIFTYにアクセスしたら、妙なmailが届いていました。ハッキングマニアに狙われているみたいです。
Internet関係の雑誌にmailし、TechWin関係のことで厳しい意見を言っていたのでそれに反発した人である可能性があるので、NIFTYのSWINFOでも書き、NIFTYにも、僕のIDがハッキングマニアに狙われている可能性のあることを書き、それから、butamanのホームページと、Newsに書き、たまたま今日mailを送ってきた他の関係の無い人にも書きました。この程度のことでは警察は動かないのでしょうね。インターネットを監視する警察官なんていないでしょうし。

雑誌

ショップピアに、電池を買いに行きました。ついでに、「InternetUser」「InternetMagazine」「SuperASCII」を受け取ってきました。そこで、柳生さんにあって柳生さんはとても、中日新聞の記事を楽しみにしているとか言っていました。でも、僕は、わけの分らないメールのせいで、不安になっていたので、とても同意で来ませんでした。その後、16時近くまで雑誌を読んでいました。

SuperASCIIには、個人の発明家が主張していたICの特許が拒絶された話が載っていました。またその先どうなるか知りませんが。

サイクリング

母親が主張する色のタイルを使った建物を写した使い捨てカメラが実家から届いたのですが、まだいっぱい写していないコマがあったので、またいつものコースのサイクリングに出ました。2、3日雨降りが続いていてようやく晴れたので、外に出たかったというのがありました。大島堤から、輪中堤の端まで行って、車の通りの激しい道路を通って、大垣市街の方から帰ってきました。

大洞堂

途中で、大洞書房の岐大バイパス店に寄ったのですが、パソコン関係の本が一冊も無くなっていて、なんてことだろうと慌てました。でも、店を出ると、張り紙があり、東側に新しい店舗が出来ていて、コミックや文具以外は、そこに移動した事がわかりました。そこで、「名誉毀損」という本を買ってきました。大垣まで戻って、カメラを現像に出しました。使い捨てカメラは胸ポケットに入れていても、軽くて良いと思います。

ソフトウェア特許

ソフトウェア特許の本を読みました。ようやく読み終わりました。94年になるまで、アメリカにもソフトウェア関連特許専門の係官はいなかったということで、酷い特許がいっぱいあるのも当然という感じです。

しばらく、また色塗りして、21時過ぎに帰りました。エレベーターで、鷲鼻のMさん(名前は確認したのですが、名前を出さないで欲しいと言われてしまったので、以後伏せ字です。)と偶然あって、「副理事長が会いたがっていた」とか聞いて、何か悪い事かなと想像してしまいました。

転倒事故

帰りに、自転車で緩い下り坂でスピードがでたまま、あまりブレーキをかけずに、体重を移動して左に曲がったら、なぜか、後輪が滑ってしまって、倒れてしまい、ズボンがやぶれ、左の脛をすりむきました。出血はしませんでしたが、あのズボンは、みっともないのではけなくなりました。倒れた自転車の写真はとったので、そのうち現像したら載せるかも知れません。

8/28(水)

9時過ぎにユーザーから送金したという連絡が電話でありました。寝ぼけていたので、どういうことか良く分りませんでした。以前に、送金の連絡が電話で来た事があったのですが、その時には、送金してすぐではなくしばらくして、反応がなくておかしいと思った人からでした。眠り足りなかったのと、最近雨が続いて気温が低くなっているせいか、風邪気味の様な気がしたので、また眠ったら、次に起きたのは、12時半過ぎでした。14時前にソフトピアにやってきました。

海外出願

昨日NIFTYのFLAWで質問していたのに回答があったので、オンダ特許事務所に質問をFormに書き込んで送りました。

その後、また特許の本を読んでいました。

借金までして、アメリカに出願しても、アメリカは先発明主義の国なので、それを見てから、私は、もっと前に発明していたと言って、出願しても、アメリカ人であれば、そっちが優先されてしまいます。というわけで、かなり危険な賭けになってしまいます。でも、マイクロソフトもアドビも、ネットスケープもアメリカの会社であるわけで、出願しないと少なくとも日本以外では無料で僕の発明が使えてしまうことになってしまいます。

奥村さん

体調も悪いし、空調の延長も忘れたので、帰ろうかと思っていたら、18時過ぎに、県庁の奥村さんから電話があって、出願した特許の資料を見たいということだったのですが、まだ公開してないのでということで、断りました。ただし、前に会った時に指摘された点を直したバージョンを、FAXするということにしました。

林さん

リフレッシュルームに、林さんがいて、一人でコーヒーを飲んでいました。僕の記事は土曜日くらいに延期になったのだそうです。

FAXする資料を作っていたら、まだ、ベクトル量子化圧縮自体の説明は書いていなかったことに気付いたのですが、そのまま送ってしまいました。22時過ぎに帰りました。

8/27(火)

生ゴミを出すために、8時すぎに起きたのですが、かなり眠かったのでまた眠って、それから風呂に入って、出てきたので、12時過ぎにソフトピアに来ました。

AnimatePalette

NIFTYにアクセスし、モニターのγ補正のパラメータを調べるためのソフトを作る準備に、AnimatePalette周りのことを調べていたのですが、以前の記憶ほど面倒ではないと思いました。

入居者端末

15:00に入居者端末のメンテの人がやってきました。パスワードを入力した状態で渡してしまったので、もしかして、ホールみたいな大きな設備を勝手に予約してあったりして、僕が大きな被害を受けるかも知れないと後で悪い想像をしてしまいました。この前の日曜日に、予約が無視されたのは、土日にかけて、B1のパソコンがハングしていたのだそうです。

リフレッシュルーム

僕が、歯磨きしていたら、905の人ということなのですが、始めて見る頑丈そうな人が、眠そうで不機嫌そうにして、「ウ〜ンギョワーオー」と伸びをしていました。905には、石淵さんの他にこれまでに見た事のある男性が2人に、今日始めてみた男性が二人、それから、女性が一人と計6人の人がいることになります。

甘利氏

SDKとか読む気分に戻れずに、以前に買って読み終わっていなかった甘利氏の本を読み終わりました。娘が三人いるのだそうです。

ソフトウェア特許

その後もソフトウェア特許の本を読んでいました。少し前に、NIFTYのFLAWで紹介してあった本も買っていないことを思い出したので、NIFTYのYAMATOに注文しました。

アメリカで出願するのに、会社を作って投資を受けてそれを回すことを考えていたのですが、本を読みながら、考えてみると、それでは日本で出願した分が公開されてしまう期限に、間に合わないことに気づきました。

外車が1台買えるくらいのお金がかかるという話なのですが、親に借金して、アメリカで出願するしかありません。インターネットで、特許関係のホームページを見てまわったのですが、すでに夜遅くなっていたので、混み合っているのか、なかなか出てきませんでした。

僕の手元にあるソフトウェア関係の本のリストを作って、ベクターデザインの方に置きました。まだ買ってない重要な本に気付いたら教えてください。

また、ソフトウェア特許のアメリカへの出願に強い弁理士の知り合いがいたら紹介してください。同じ事をNIFTYのFLAWにも書いておきました。

日記Vol.19

日記Vol.21

[HOME]
[HOME]