[HOME]


 

96/10/13 14 15 16
日記Vol.28

日記Vol.30

[HOME]
[HOME]



10/16(水)

古雑誌

古雑誌回収の日で、8:30までに出すようにということだったので、朝7時に起きて、古雑誌と、瓶や缶を出しました。出し終わってTVを見ていたらまた眠くなったので、眠ったら起きたのは11時30頃でした。

RGB別

その後、ベクトル量子化圧縮で、RGBをまとめて4*4で48次元とかではなく、RGBばらばらで8*8で、64次元という様な場合に使える工夫について考えました。昔「Cマガジン」の詰め込みパズルの問題を解いていた時のことなど思い出していました。この方式の方が、10/11に思いついた方式よりも明快な気がします。コーディングにとりかかるのは少し先にします。

刺激

14:00頃になってようやくソフトピアにやってきたのですが、mailとは思えない様なとても刺激の強いmailが来ていたので、何もできなくなって、三塚に戻ったのですがそれでも駄目で、また18:00頃にソフトピアに戻ってきました。途中、従兄弟から、携帯に電話がかかってきて、急遽、ソフトピアに来るとのことでした。

13階

ホームページの修正とかしていたら、19:00少し前に、恋人連れでやってきて、20分ほどいて帰っていきました。13階にいっしょについて上がったのですが、カップルが3組ほどいて夜景を眺めていました。

その後母親から電話があり、球を展開できないなんて恥ずかしいことをホームページに書かないで欲しい、できるけれど、作っても使わない可能性が高いので断っただけだとか言っていました。

22時頃に帰りました。

10/15(火)

8時頃に起きました。チラシの原稿を作らないとならないのですが、構想がまとまっていません。

鏡を割る

部屋が散らかっていて、鏡が床に落ちていて、それを踏んづけて割ってしまいました。これもなんだか悪いことの前兆のような気がしますが、これまでに良く鏡を割っていて、でも、別にそんなに悪いことが起こったわけではありません。バスルームで見た自分の顔はなんだか赤ら顔みたいでした。別にアルコールが入っているわけでも無いのですが、体調が変なのかも知れません。

冷凍焼きそばを食べたのですが、2〜3人分だったので、食べ終わったら、お腹いっぱいになってしまいました。

政見放送

10時頃になって、民放で政見放送をしていました。これまでの政見放送と違ってフリーフォーマットに変わったみたいです。ブルーバックの前で、眠いおしゃべりをするのではなく、それぞれの選挙区毎に候補者のバックに選挙区を象徴するような建物が映っていたりして、なかなか飽きない内容になっていました。

11時頃になって、ようやく外に出たら、郵便受けに、選挙公報が入っていました。東京にいたときには、新聞に折り込まれていたので、新聞を取っていなかったのでもらったことが無かったのでした。

市役所で、印鑑証明を2通もらってからソフトピアに来ました。

しばらくすると、佐川急便でBorlandC++5.0が届きました。

Xingの酒井さん

ショップピアで、bitとDOS/Vマガジンを受け取りました。戻ってきたら電話が鳴っていたのですが、ドアを開け、電話を取ったときには切れていました。

しばらくして、Xingの酒井さんからの電話で、29日に東京からの人と一緒に2,3人で14時頃に訪ねるということでした。

石淵さん

トイレの帰りにリフレッシュルームで石淵さんが、うろうろして考え事をしていました。声をかけたら、他の企業と協力して大きな仕事をすべきか、研究開発寄りのことを続けて独自技術の種を育てるべきか2つの選択で迷っているみたいに言っていました。35歳は、人生の曲がり角だとも。協力するとして、相手の企業の方が、石淵さんと比べたらお金に対する執着が強い感じがして、どうもそれが、不安の種になっているみたいでした。それまで、ATR研究所で、ありあまる研究予算を使ってきたので、ということもあるみたいです。

でも、顔の表情としては、他の企業と協力して、大きな仕事をして、万が一、途中でプロジェクトが危機に瀕して、協力企業が手を引いた時でも、大丈夫な様にする方法を考えるという方向で考えが進んでいる様でした。奥さんは、どちらに賛成なのですか? と聞いてみたら、「ついていく」と答えるだけだそうです。僕は独身なので、夫婦ってそんなに信頼し合うものなのかと思ったのでした。

杉田さん

途中、杉田さんが少し現れて、僕の肩をちょっと揉んでみて、「全然こっていない」と言っていました。そういえば、僕はぎっくり腰には3,4度なりましたが、肩こりがどんなものかは分かっていません。杉田さんは、西美濃あたりの県民性としては、ガソリンの値段みたいな細かいお金にはわりとうるさいけれど、それがお金儲けの才能にはあまりつながっていない様だみたいなことを言っていました。僕は、初耳でした。そもそも、自分が、全然商談をしていないことに気づいたのでした。

澤さんと塩屋さん

しばらくして、澤さんが、現れました。昨日と同じ服装だったので、徹夜? と聞くとそうだったそうです。しばらく、BorlandCの話とかしていたのですが、塩屋さんが現れて、塩屋さんにフリスク2粒もらいました。澤さんのゲームの話を始めたので、よく分からなくなって、部屋に戻りました。

BorlandC

BorlandCをインストールすると、タスクバーから、スタート、プログラムと進んだところで、BorlandCしか無くなってしまいました。僕の場合元々ドライブDにWindowsディレクトリーを置くという変則的なことをしているせいだと思いますが。

bit

アレフ・ゼロに、普通の研究者と道楽系研究者という2分法が出てきました。とりあえず、研究予算をもらっているわけではないのですが、それを除けば、僕は道楽系研究者に完全に分類されてしまいます。

10/25

妹が、10/25の公演をインターネット上に書いておいて欲しいと電話をかけてきました。チューリップハットは友達のお母さんに頼んだのだそうです。そのページを作って、21:30頃に帰りました。

日経マルチメディア

郵便受けには、「日経マルチメディア」と、月6万円の1LDKとか月9万円の一戸建て4LDKのそれぞれ新築の賃貸物件のチラシが入っていました。

日経MMには、DVDの特集がありました。これまで、日経マルチメディアの中身は、ホームページを作るのに関係するくらいの軽い内容が多かったのですが、割とボリュームのある特集でした。

コンビニができたり、ソフトピアの周辺は建築ラッシュになっているなあと思いました。一戸建てのは、ソフトピアを川沿いに北に進んで、線路の下をくぐって、さらに北に進み、高校の所を右折したあたりにあるらしいので、ソフトピアまでの距離も近いし、大島堤サイクリングロードにも近いと思います。

豆腐屋のイメージは悪いらしい

NHKの朝のドラマで昨日だったか、主人公の両親が、芦屋のお嬢様と豆腐屋の息子で、駆け落ちで結ばれたというのが出てきていたのですが、夜に見ていたTVドラマでも、造り酒屋の娘と偽っていた豆腐屋の娘というのが出てきました。あと、深夜のドラマの再放送では、ミスコンテストに優勝した造り酒屋の娘というのがありました。

確かに、知り合いで造り酒屋の息子の小南君はお金持ちだったと思いますから、現実を反映しているのでしょうが、繰り返し出てくると豆腐屋連合会とかがあって、メディアに対して苦情を申し入れるとかがありそうに思います。あるいは、酒税を上げるべきだという運動が起こりそうだとか思ってしまいました。

10/14(月)

日本イベント企画

8時頃に起きて、9時半頃にソフトピアに来て、mailを書いて、「スピリッツ」を読みショップピアでAERAを買ってきて、AERAを読んでいる時に、日本イベント企画から電話があって、連絡するのを忘れていたことに気づきました。搬入は当日で、ブースの大きさは、普通の半分にしてもらうことにしました。

EDコントライブ

EDコントライブでもらった会社の資料を見ていたら、TV電話を使ったネットワークは本来はすでに1年前に実用化しているはず、だった様です。

名刺

名刺をプリントして、この前大阪に行ったときに、名刺をもらっていながら、こちらの名刺を名刺切れで渡せなかった人に郵送しておきました。

MDL基準

昔の「数理科学」を読んでいたら、GAで初めて知ったと思っていたMDL基準が、圧縮関連の話として出てきていました。GAの置き換えが可能な部分もあると言っているわけですから、ベクトル量子化と他のアルゴリズムを組み合わせる時のパラメーターを決めるために、自分のアルゴリズムが使えないか考えるべきです。今のところ、そのあたりはカット&トライになってしまっています。

水たまりの駐車場

夜9時頃に買い物帰りの914の澤さんと松原さんに自転車置き場のあたりであいました。雨降りで水たまりだらけになっている建設予定地が臨時に駐車場になっている場所に建物が建ったら、駐車場はどうなるのでしょう? 車持ってないので関係ありませんが。

私信

mailを書いて22時頃に帰りました。振り返ると、一日なにもしていません。mailでも、甘えたことを書いていたのでした。大淵さんは、僕が、ユーザーサポートのmailばかり大量に書いている様に思って、同情しているのですが、私信のmailもあるのです。でも、甘えたことを書いたので、もう返事が来なくなるかも知れません。

二世議員

帰り自転車置き場のあたりで、母親から携帯に電話がかかってきました。今度の選挙に立候補していた78歳の人が死んで、建設会社の人がその人の葬式に行っていて、はんこを押すべき書類が届くのが一日遅れたという内容だったのですが、実家の姫路の近辺ではそんなこともあって、二世議員ばかりが大勢立候補しているみたいなことを言っていました。

チューリップハット

あと、妹が10/25日の衣装様に、25年くらい前にはやったチューリップハットを作って欲しいと母親に電話してきたのだそうです。母親は、球の部分を展開するとサインカーブになることがイメージできなかったみたいで、断ったそうです。僕は小学校3年くらいの紙工作で、円錐台をいっぱい組み合わせた未来都市みたいなのを作ったことを思い出して、とりあえず、小学生の知識でも、折れ線近似のサインカーブくらいは描けるはずだと言ったのですが、もう断ったからと言っていました。

10/13(日)

ほとんどずっと眠っていた感じです。とりあえずの締め切りもなくなったので、考えているテーマもありません。

日記Vol.28

日記Vol.30

[HOME]
[HOME]