松岡 肇の日記 vol.3

[HOME]


 

96/5/13 14 15 16

日記Vol.2

日記Vol.4

[HOME]



5/16(木)

スタートレック

良いアイデアがまとまったと思ったら、いつのまにか時間が過ぎていて、TVでは、スタートレックをやっていました。これまでデータとかが出てくるのは見ていましたが、3つめのシリーズを見るのは初めてです。それをしばらく見て、終わるとともに眠りました。
7時半頃に目覚めて、今日は、デジタルホンがゆうパックで届くはずだと思って、11時頃まで三塚で待っていました。その間に洗濯したり、実家に送る荷物を、ダンボールに詰めたりしていました。でも、結局、ゆうパックは届きませんでした。諦めて11時半頃に宅急便を送りにでかけ、ついでに弁当を買って帰って食べました。

ソフトピアジャパン

12時過ぎにつきました。今日は、送金に対応し、占いの依頼に対応し、大垣共立銀行で、口座を作り、健康保険料などの自動引き落としを頼みました。まだできたばっかりの銀行で、{ティッシュペーパー、グラス、花の缶詰、そして、DOS/Vパソコン用のマウス}をもらいました。ソフトピアジャパンには、アメリカの大学との共同研究室なんかもあったりするので、そのせいだとおもうのですが、外人が窓口で、ドルを日本円に換えてくれと頼んでいました。でも、まだ、その準備ができていないと日本語で断っていました。日本語では通じなかったせいで、繰返し言われて、今度は、手でペケ印を作って答えていました。英語に翻訳して欲しいという感じで、受け付けの人が僕にも助けを求める視線を送ってきましたが、僕も英語で喋る自信はないので、ちょっと格好悪そうな表情を作って、黙っていました。
ベクトル量子化圧縮のプログラムにはまだ取り掛かっていません。どうせなら最初からJAVAで書こうかとも思います。JAVAの本を読みはじめたのですが、やっぱりio.classとかの日本語の解説が出るまでは効率が悪くなりそうだと思って、Cで書くことにしました。とりあえず、圧縮プログラムの仕様を細かく書いていっている内に、日が暮れかけたので帰りました。

ジャスコが休みなので、ケンタッキーフライドチキンで食べました。自転車に載ったまま考えたのですが、ベクトル量子化圧縮の場合、もともと時間がかかるものなので、既存のアルゴリズムでも画質は極限まで行っている可能性があります。画質と速度のバランスという点に活路を見出すしかありません。
9時頃眠ったと思うのですが。

5/15(水)

7時半頃に起きて、寝汗をかいていたので肌着を着替えて、でも風邪は治っていたみたいでした。

ソフトピアジャパン

9時過ぎにソフトピアに来ました。例によって、送金に対応して、この日記を書いている内に、東海デジタルホンから電話がありました。僕は勤め人ではないので、会社名を空欄にしているのですが、そのせいで、質問されたのでした。自営業と自由業との区別が良く分かっていません。辞書を引くと、自営業の内、決まった営業時間の無い人が自由業みたいですね。であるなら、僕も本来自由業なのですが、このところ、普通の人みたいな生活をしています。そろそろくたびれてきていますから、リズムは崩れるのかもしれませんが。日記を更新して、ベクトル量子化圧縮が難しいとか書いてある本を読んで、地図を作りかけたら、WindowsDraw!4.0が一般保護違反を出して終了してしまい、作業が無駄になってしまいました。
徒労感で、ソファーに寝そべって、昨日買ったワインバーグの本を読み、また、ベクトル量子化圧縮周辺のアルゴリズムを考えていました。部屋の中でうろうろしながら考えていたら、行き詰まったので、16時前に、ソフトピアを出て、名古屋に行く事にしました。
904の外側に表札がついていました。 904の部屋の表札 (29KB GIF)

名古屋

さくら銀行に用事があったので、閉まらない内に行くためには、岐阜に寄る時間はないので、直接名古屋に行きました。すぐ、さくら銀行に行って、次に、名古屋の駅の地下二階にある三省堂に向かいました。その前に、近くに郵便局があるので、お金を少し下ろしました。

三省堂

例えば、数学の本の棚で考えると、渋谷の大盛堂の3分の1くらいしかありませんが、それでも、岐阜の自由書房には無かった「一歩先ゆくインターネットJAVA入門」がひらづみしてありました。ついでに、「DOS/Vマガジン」と、「画像情報処理」という本も買ってきました。

丸善

栄町の丸善にも行って見たのですが、水曜日で、月に2度程の休みにぶつかりました。さらに、地下街に向かって、そこの丸善にも入ってみたのですが、そこは、開いてはいたものの狭くて、パソコン関係の本は、Exelの使い方みたいなアプリケーションの本ばっかりという感じでした。もう、この頃には7時を回っていて、ジャケットを着ないで行ったので、少し肌寒くなっていました。

ハンズ

地下街のはしっこの方にハンズがあったので、行って見ました。渋谷のハンズより小さいのですが、渋谷のハンズが、階段とエレベーターだけなのに対して、こちらは、エスカレーターがあったので、すべての階を見てまわるのに、楽でした。ソファーにかけるためのカバーと、ファイルボックスを買いました。透明プラスチックの書類を入れる箱が、下北沢のダイエーだと、300円くらいだったものが、ハンズだと定価で売っているので、790円とかしていました。透明の箱の方に変えて行こうかと思います。出たところにケンタッキーフライドチキンがあったので、お腹が減っている気がして食べようかと思ったのですが、1週間ほど前にも食べたことを思い出して、やめました。
帰りの電車を待つホームでは、禁煙のはずなのに、タバコを吸っている50才くらいの男性がいました。

DOS/Vマガジン

電車の中では、壁にもたれかかって、目を閉じていたのですが、たいしたアイデアは浮かびませんでした。しばらくすると空席ができたので、座ってDOS/Vマガジンを読みました。これまで、なぜかGIFに対応していなくて、多分、アスキーがケチで特許料を払いたくないのだろうと思っていたSuperKidが、GIFに対応したということで、Unisysへの特許料を払う事に方針変更したのかなと思いました。

「画像情報処理」

帰ってから、風呂に入り、「画像情報処理」を読んでいると、最初に、ベクトル量子化圧縮の説明が出てきました。圧縮のアルゴリズムとして紹介されているのが、まず、適当に、ベクトルを分布させて、使われなかったベクトルがあれば、いっぱい使われている場所に再度割り当て直すというアルゴリズムで、これは、最適化パレットを使う減色においては、頻度の高い色から順に、パレットを割り当てるというのに次いで乱暴なアルゴリズムに相当すると思います。実際に、256*256サイズの画像を、4*4のサイズのコードブックを使って圧縮した例が載っていたのですが、大した画質ではありませんでした。そんなわけで、これなら、ベクトル量子化圧縮の分野でも、僕が作れば、うまく行くに違いないと自信を深めました。

256色画像のベクトル量子化圧縮

実は、96年3月頃からだったと思うのですが、256色画像を、ベクトル量子化圧縮するということを考えていました。JPEG並みの圧縮率と、256環境でそのまま扱える安心さの両方の利点を持つ圧縮フォーマットという実用的な観点から考えていたのですが、いろんな方法がありすぎて、とりかかることができずにいました。

256色モードのあるベクトル量子化圧縮

とりあえず、「画像情報処理」の例になっている様なベクトル量子化圧縮に、さらに、コードブックを減色して、1pixelあたり3byteから1byteに減らすだけでも、192KB程のファイルを、8.75KBに圧縮することができます。さらに、これは、通常のLHaなどで、3割とか5割くらいは圧縮できる画像フォーマットになるはずですから、これは、それだけでも、十分実用性を持っている事に思い当たりました。これまでにいろいろ考えていた方法は、さらにこれより圧縮率を高めたい場合の延長上の技術であったわけです。ということで、とりあえず作るべきソフトの仕様が決まりました。

開発期間が長くなると、プログラマの不満が高まる

pag1teto は、94年の2月位から作り続けているので、もう、僕としてはやっていても、退屈してしまっています。そのうえ、VB4.0上で検索すると、Unicodeになってバイト数が増えた分、ちょっと、ノソノソしていると感じるようになっています。これは、ホロスコープのプログラムをやめて、pag1tetoの方に重心を移した時と似た感覚です。そんなわけで、この2週間かけて、途中までしか進んでいないpag1teto for Windows95を中断して、ベクトル量子化圧縮のプログラムに取り掛かる予定です。

5/14(火)

夜中の2時過ぎ頃に目が覚めて、もう、TVの放送は終わっていて、FMも、何かの宗教の番組をやっていたので、雑誌とか読んだりしている内に4時半くらいには、空が明るくなっていました。

大垣市の西側の大きな公園

とりあえず、天気も良いので、トーストとハムエッグくらい食べて、大垣市の地図に載っていた、大きな公園に行って見る事にしました。
朝5時では、車がいなくて安全なのは良いのですが、まだ寒かったので、シャツのボタンを上までしたり、袖口のボタンもとめたりしました。地図は持っていかずに記憶に頼って行ったのですが、それらしい場所についても、遠くに、運動場が見えるだけで公園は小さな物しかありませんでした。
少し古い岐阜県の地図を見ると、公園はなくて、実際には線路沿いにあったサッカー場が3面ある運動場も、載っていなかったので、将来的には、広い公園になるのでしょう。ただし、現在は、田植えが終わって水をたたえた田んぼが広がっているだけでした。

輪中

木曽、長良、揖斐川の3つの河川は、すべて大垣市の東側にあるのですが、輪中の代表的な地域に近いわけで、あちこちに輪中があります。その上はちょうど良いサイクリングコースです。それにしても、この辺りはやたらと墓地が目立つように思います。なぜなんでしょう? 都道府県別の墓の面積のランキングとかどこかにないのでしょうか?

ソフトピア

9時にソフトピアにきて、メールの返事を書いて、それに対応して、ホームページの書き換えも行なってとかしている内にかなり時間が経過してしまいました。
途中、警備員の人が、「日経マルチメディア」をとどけてくれました。自分で取りに行っても良いのですが、そのためにも、結局警備の人に鍵を借りて郵便受けの場所に行く必要があるみたいなので、申し訳なさは同じようなものだろうと思っています。

日経マルチメディア

日経マルチメディアの中で、マイクロソフトは、自社のバグのある未熟なバージョンのソフトを、ハードのおまけにしたり唯で配ったりして、お金は、バグの取れた新しいバージョンを、ユーザーが買うことによって得るという作戦を取っているという風な意見が書いてありました。機能制限版をただで配るというのは昔からあることなので、意図的に機能制限をするのではなく、バグを使うというだけ差ですが、マイクロソフトに対する悪口としては、なかなか面白いと思います。

ringサーバーがダウン

12時過ぎにアクセスした時に反応が遅かったので、ringサーバーが混雑しているみたいだと思って、ちょっと外の廊下に出たら、TVカメラを持った人が、吹き抜けの彫刻を撮影していました。地元テレビ局でしょうか。
ringは、結局ダウンしているらしいと諦めて、自分のホームページの4MBのエリアに、 pag1te87.lzh をアップロードしておきました。
でも、その後、butaman経由でアクセスしていたことを忘れて、オンラインでmail書いたりしていたら、30分も経っていて、失敗でした。
500KB程のファイルだと、JustNetにアップロードしても、多分、20分くらいでアップロードできたはずなので、大垣-東京と、大垣-岐阜の電話代の差の分無駄にしてしまいました。
JustNetはもともと遅いと思っているので、ringの反応が遅いのは、JustNetのせいかもしれず、butamanだと大丈夫かも知れないとつなぎ変えたのが失敗の原因だった様な気がします。
ringに最近アクセスしていなかったのですが、アクセス数トップ50などいうメニューも出来ていたので、気になります。もともと、あまりアクセス数は多くないので、期待はできないのですが。(20位に入っていました。5/22)

OLの一群

5時少し前に、B1で鍵を返して(6月からはカードキーになるのですが、現在は警備室で借りた鍵で部屋に入っています。)、1Fで入館許可書を返すためにエレベーターに乗ろうとしたら、会社から帰るOLの一団が乗っていて、その人たちが降りるのを待つ必要がありました。僕は、しわのよった青のシャツの上によれよれのジャケット、そして、リュックを背負っているというスタイルだったので、なんとなく気後れしてしまいました。本来は、仕事から開放されるのは、とても楽しい事であるはずなのに、その時の僕は、朝2時に起きたせいもあり、すでにかなりくたびれていたのです。(後から聞いた話では、OLではなくて、展示施設などのためのコンパニオンの研修だったようです。OLにしては派手だったかも知れません。)

東海デジタルホン岐阜店

岐阜に行って、東海デジタルホンと契約してきました。でも、即日ではなくて、後で郵送しますとのことでした。もしかしたら、岐阜でもまだ田舎で、名古屋に送って、ROMの書き換えをするとかなのでしょうか?

自由書房

「bit」がたった1冊しかありませんでした。お釣がなぜか新札でした。
3Fに行って、Javaの本として定評のある「一歩先ゆくJava入門」を買おうと思ったのですが、ありませんでした。あと、計算幾何学関係の本も2冊買う予定で書名をメモしておいたのですが、両方ともありませんでした。でも、ワインバーグの新刊が出ていたので、買いました。あと、「最適化」の本と引っ越してからハードカバーを買うのは初めてです。

大衆書房

2Fで、さっきと同じ本を探したのですが、やはりありませんでした。原島氏の画像圧縮についての本があったので、買ってきました。

星野書店

地図で見ると大きな書店だったのですが、1Fだけで、雑誌文庫参考書がほとんどの本屋でした。岐阜には、他にもビルの上の方の階に入っている書店があるはずなのですが、いまいちファッションとかグルメとかは関係無い人間なので、寄りませんでした。

CoCo

お腹が減った気がして、カレー屋さんでカレーとサラダを食べたのですが、お腹がいっぱいになってしまいました。店内では、女子大生が、旅行に行く計画を立てていたり、おばさんが、スプーンをカチャカチャ鳴らしながら、豪快にカレーを食べていたりする音が聞こえていました。

三塚

岐阜から帰るともう8時近くでした。疲れていたので眠ろうと思ったのですが、電話で目が覚めたりしました。自分の電話の声がかすれていたので、風邪をひきかけていると思ったのですが、すぐに寝付く事ができず、11時頃に眠りました。
25296歩


5/13(月)

もしかしたら、朝早く開いているかも知れないと思って、東海デジタルホンの大垣店に行って見たのですが、平日は、10時から20時でした。

ソフトピア

9時過ぎに、ソフトピアについて、パソコン通信とインターネットにアクセスして、11時頃から、pag1teto for Win95への移植作業をしました。
12時前に、トイレに行って、帰りにココアを飲むために自動販売機に寄ったら、908の部屋の人たちが3人集まって話していました。
以前、僕が質問した件に最新情報を言って、インキュベートルームの仕切りの壁の薄さの愚痴など言い合っていました。途中、僕のWindowsマシンで、Mac/Win両対応のCD-ROMの動作チェックをさせて欲しいとか言われたのですが1台しかないので、と断りました。ちょっと不親切かなと思いつつも。

ホームページのヒット数

その後、先週のHit数が30%くらい伸び10000を超えていたので、pag1シリーズのページのHit数の伸びをグラフにしていました。その間に気づいたのですが、Wzでhtmlを編集するときに、一般保護違反が出る場合がある様です。一応、ビレッジセンターにレポートはしておきました。

食べ物のベーコンと、フランシス・ベーコンの綴りが同じかどうか辞書を引いたりしているうちに、財団の人から電話がかかってきました。黒川さんから電話があるという風に聞いたのですが、最初、ソフトピアジャパンセンタービルを設計した黒川紀章を思い出してしまって、???だったのですが、902の人でした。コンテンツ制作を仕事にするので、減色ソフトについての情報を得たいということだった様です。Macであれば、DeBabelizerだけれど、pag1tetoの方が勝っていますと、自慢げに言っておきました。

pag1tetoのWin95版を作る作業は、それなりに進んで、でも、減色DLLを呼ぶ当たりでまだ、DLLが32bitに対応していないので止まってしまいました。

東海デジタルホン大垣店

6時頃に出て、東海デジタルホン大垣店に行ったのですが、グループ内移転は対処できないということでした。岐阜に行かなければなりません。

それから、おおぼら堂書店で、bitを買うつもりだったのですが、無かったのでAERAを買って、戻って、グループ内移転も、bitも無かったので30分くらい無駄足だったことになります。

9時頃に寝ました。

14676歩



日記Vol.2

[HOME]