[HOME]


 

96/10/29 30 31 11/1 2 3 4
日記Vol.31

日記Vol.33

[HOME]
[HOME]



11/4(月)

6Fのカップル

お腹が減ったのでコンビニに行きました。B1でカップルと入れ違いになりました。戻ってきてエレベーターの止まっていた階を見た範囲では、6Fの人みたいです。

長電話して、三塚に帰って眠りました。

世間的には、連休だと思っているせいか、眠ったりTVをみたりの無為の生活を送りました。

18時頃に古いビデオデッキなどを宅急便で実家に送り、雑誌を読んでいたのですが、mailを書くために、23時過ぎに、ソフトピアに来ました。

11/3(日)

JustNetのBUSY

4日ぶりくらいに日記を更新しました。でも、JustNetはBUSYでアップロードできませんでした。あ、今では、butamanからアップロードすることもできたのですが、忘れていました。

0:30頃にソフトピアを出て、9時過ぎに目覚めて、でも、何か忘れている事があるような気分で、集中してプログラムしようという気になれず、無為の生活を送りました。

起業家群像

18:20からBS7の「起業家群像」を見ましたが、僕はちらっと映っていただけで、ベクトル量子化圧縮について説明していた部分は使われていませんでした。安心しつつ、ややガッカリでした。

アスキー

19時過ぎに三塚を出てソフトピアに来てmailを書いて、<A HREF="http://www.nttinfo.ntt.jp/OCN/menu.html">OCN</A>に申し込んだ場合サーバーマシンが必要になるので、ラップトップを買おうかと思っていて、「アスキー」を眺めていたら、96/11の482ページから483ページに、ソフトピアの福祉メディアステーションの記事が載っていました。


11/2(土)

車で送ってもらう

0:30頃にようやく、澤さんの問題が解決したみたいで、パソコンが使えるようになって、mailを書いて1:40頃に帰りました。帰りにたまたま、B1で大淵さんと会ったので、車で送ってもらいました。

TVを見たり眠ったりの一日を送ってしまいました。

20時を過ぎてから、ソフトピアに向かいました。

エキスパートバンク制度

郵便受けに、エキスパートバンク制度の申請書類が届いていました。

リフレッシュルームで、塩屋さんと、澤さんの奥さんが話をしていました。

ようやくデートの約束をとりつけたので、返事のmailを書いていました。

11/1(金)

9時前に起きたのですが、ぐずぐずしていて、結局ぎりぎりに出て、
13:10に縦断カンファレンス岐阜96に出ました。

古川会長

マイクロソフトの古川会長は、最初に、ピラミッド構造を否定するという世界観の変化について語っていました。しかし、他社の市場を奪っていく帝国主義を批判されているマイクロソフトがそんなことを言っても、信じる人がいるとは思えません。

ActiveX

マイクロソフトが、プログラムが占める割合が1%になってしまうくらいの、かなり広い分野を狙っているのだということが分かったのと、やっぱり最後は、ActiveXなのかと思ったのでした。プレゼンの装置を他の人が使えないと言っていたりする点が孤独を表していたと思います。

休憩時間にお茶をもらって9Fに行ったら、届かないで悲しんでいたmailが来ていたのでした。

オラクル

オラクルのプレゼンは、ユーザーではないので、分からない点がいっぱいありました。でも、データベースを高速化する技法について喋っていた所は、意味がわからないものの刺激的でした。データベースに意志決定支援機能が強化されたり、多次元空間内の矩形を指定して、そのデータを取り出すという様な場面で、僕の技術がデータベースに組み込むことができる未来も考えられるので、技術動向に注目しておかなければと思いました。

休憩時間には、1Fで、「DOS/Vマガジン」を受け取り、ショップピアと、新聞配達所に送金しました。この途中で、2Fから階段で下りてきた安藤副理事長と会って、「今日は終わったの?」とか聞かれました。昨日、遅く来てすぐ帰ったせいかなとか思いました。

NEC

NECのプレゼンの画面が一番手が込んでいて、急成長の企業と違って、昔から大企業だったという基礎体力の差みたいなものを感じました。ああいうプレゼンができるのであれば、そのためのツールを市販すれば良さそうなものです。それから、ハードウェアメーカーは、ソフトの会社と違って、先走って、大ホラを吹くみたいな羽目に陥る危険を冒す必要がなくて、新しい需用が出てきてからそれに対応していれば間に合うというのが、うらやましいと思いました。でも、その分成長率が低いのでしょうが。

郵便局に行って、EMSでソフトピアのパンフレットと、29日のイベントの写真を郵送しました。

帰りにカレー屋さんでカレーを食べました。カレーを食べると鼻水が出そうになるのは、僕だけでしょうか?

澤さん

20時過ぎに戻ってくると、澤さんたちが黒川さんの所から出てきている所で、出荷間近の製品をチェックするために、mach64を使っている僕のマシンでテストしたいということでした。

女性3人

迷惑をかける代わりにという感じで、松原さんが部屋の掃除をしてくれていたのですが、澤さんがコンパイルのために戻って松原さんと二人きりになる時間があったので、ドアを開けて置いたら、905のオオノさんと、907の仮称ラオーさんがやってきて、女性3人で、世間話を始めました。

死海がどこにあるか? とか、「無骨」ってどういう意味?みたいな話をしていました。僕は、することがないので、整理してない書類を整理したりしていました。星占いのために、誕生日を聞いた時、聞いた以上、誕生日にプレゼントをしなければならないとか言われてしまいました。

鈴木蘭々

松原さんも、マイクロソフトの古川会長の講演だけは聞いたそうで、昔アスキーにいた人ですよねとか言っていたら、他の企業から引き抜かれていきなり社長に就任するという事態をうらやましそうに言っていました。いつも澤さんと遅くまで仕事をしているのを思い出して大企業の社長を目指しているのですか? とか聞いたのですが、それは違ったみたいです。でも、社長を目指すのは悪いアイデアとも思わないので、理想の上司No1が鈴木蘭々だというアンケート結果を聞いたことがあるとか言っておきました。

塩屋さんのイベント

女性たちが帰った後も、915の大淵さんと、901の塩屋さんが廊下で話していました。11月23日に、近隣の小学生などを招いて「学校の怪談2」のメイキングについて、塩屋さんが語るイベントがあるのだそうです。

ボーダーライン

大淵さんは、東大の理IIIより慶応の医学部の方が、模試とかのランキングが高いのはなぜか? という問題が気になっているみたいです。今はどうか知りませんが、僕が受験生だったころは、合格の確率が50%のあたりをボーダーラインとしてそれを大学のランキングにしていたわけですが、それだと、合格者の模試での成績を平均した点数が同じであったとしても、競争率の高い大学の方がボーダーラインが高い値になります。

ジンマシン

澤さんはストレスなのか、僕の部屋の空気が悪いのか、シャツの糊のせいなのか、腕に、ジンマシンができていました。

10/31(木)

朝からカフェイン切れの頭痛がしていました。

14時頃にようやく外に出て、焼き増しした写真を受け取り、ソフトピアに来て、写真を封筒に入れて郵送したり、郵便受けに入れたりしました。

エキスパートバンク制度

商工会議所のエキスパートバンク制度の申請書を出すようにと、県の創造法担当のTさん(29日に書かないで欲しいと言われたので以下イニシャルです。)から電話がかかってきました。それに従って、大垣商工会議所に電話してみたのですが、そんな制度は知らないという返事だったので、また、Tさんに電話して、今度は、岐阜商工会議所に電話し直して、申請の書類を送ってもらう様に電話しました。

mailの不調

この日はいつも来ているmailが来なかったので、人生を儚んで、というか、グレて、何もせずに18時前に帰ってしまいました。結局、単なるmailの不調だった様です。

10/30(水)

妹が帰り着く

0:30頃に妹の所に電話してみたら、話し中だったので、多分、帰り着いたのだろうと思いました。

8時前に目がさめたのですが、しばらくしてまた眠り、11:30頃に電話で目がさめたのですが、また眠り、結局13:30頃まで眠って、14:10頃にソフトピアに来ました。

エキスパートバンク制度

創造法関係の、奥村さんから、商工会議所のエキスパートバンク制度についてのFAXが来ていました。

mailを書いていたらショップピアから「インターネットマガジン」と「インターネットユーザー」が届いているという電話が来たので、取りに行きました。

澤さん

戻ってきたら、914の澤さんが、動作テストのために来ていました。トラブルが起きる3FのFM/Vと同じMach64を使っているということで。

空き缶と空き瓶を捨て、手塚さんのmailアドレスがわからなかったというメモを908の杉田さんの所に入れに郵便受けに行ったら、ナムコからチラシが届いていました。さらに、ナムコワンダーエッグ2の招待券が入っていました。澤さんによれば、「TOKYO WARS」は、かなり有名なソフトのようです。

ベンチャーキャピタルの人

戻ってきたときに、大垣共立銀行系のベンチャーキャピタルの人が二人、大垣共立銀行の人とやってきました。でも、部屋は、昨日の影響でかなり散らかった状態だったので、「すさまじい」とか言って仰天しつつ名刺だけ交換して帰って行きました。9Fをずっと回っていったのだと思います。

BSビデオ

フィルムを現像に出しに行ってついでに、安いBSビデオも探そうと思ったのですが、歩いて回っていると時間がかかるので、ケンタッキーフライドチキンで食事して、写真を受け取り、ジャスコでビデオを買い、三塚に戻って、焼き増しすべき写真をチェックして、また写真屋さんに寄って、ソフトピアに戻ってきました。

ソフトピアに戻ってきて、でも、歩き疲れた感じで、「インターネットマガジン」とかを読んでいただけで、11時過ぎまでいました。

10/29(火)

バックアップ

ソフトピアで、6時半頃に起きて、しばらく、本体の移動でハードディスクが壊れたときのために、プログラムのソースファイルと、一番使用頻度の高いディレクトリだけ、ファイルのバックアップを取りました。これにもまた、時間がかかってしまい、9時過ぎまでかかりました。

それから、パソコンのコードをはずして、3Fのソフィアホールまで、荷物を運んでいきました。

ソファー

10:30頃から18:30まであったのですが、その間妹は、ブースのそばで、チラシ配りをしてくれました。あるいは、持っていったソファーで休んでいたりもしましたが。他の所には当然、ソファーはありませんから、ちょっと変かとも思ったのですが、軽いから持っていったのでした。おかげで、最後の方は、長机の前の2つのイスと、ソファーで、3,4人で話をしていることが多かったのでした。

Xing

14:00頃になって、ソフィアホール内では、携帯の電波が届いていないことに気づいたので、Xingの人たちが来るのを待つために、外に出ていました。9Fと3Fを2度ほど行き来した間に、澤さんの所経由で、3Fにやってきていた3人を見つけました。MPEG担当の人だった様です。僕は、ベクトル量子化圧縮で、MPEGに対抗しようとしているという風に言ったのですが、なにも対立しなくても、JPEGや、MPEGの等間隔でスカラー量子化している部分を、ベクトル量子化に変更することで、圧縮率を上げることも可能だと思います。妹は簡単に断って、儲け話をふいにしたと言っていました。

国際情報科学芸術アカデミー

なんだか、柳生さんが、僕を技術部長にして、妹に社長になるように勧めたせいで、社長というのは、冗談にしても、妹は、さっそく、国際情報科学芸術アカデミーの募集要項を送って欲しいと電話をかけていました。

梶原県知事

17:00になって1Fにいた人とかが3Fにやってきて、その時に、安藤副理事長に、紹介されて、梶原県知事と握手しました。

誰だか分かりませんが、他にも、重要人物っぽく財団の人がついて歩いて、素早く説明してくださいと言われて、ちらしを渡して、30秒くらいで説明した人がいました。

蛇腹の名刺

多分20人くらいに説明して、10人、12枚の名刺をもらいました。アエラに、中国では、蛇腹の名刺がはやっているというのを読んだのですが、その直後、2つ折りの名刺をもらったのでした。

Mac版

Mac版の要望が、3件から5件はあったと思います。あと、SGI版への要望もありました。java版を今年中と言っていたのですが、OCNが12月1日に利用可能になるので、それで遅れるという風に言っておきました。あと1月しかありません。

杉田さん

妹は、杉田さんに、栗ご飯を運んできてもらったり、花をもらったりしていました。なんだかみんなに親切にされていました。

手塚さん

それから、杉田さんは、SONYにいたときに、NEWSに関して技術と営業の間を取り持つ立場にいたということで、東大マイコンクラブの創始者で、SONYのNEWSのプロジェクトに手を上げた最初の一人である手塚さんを知っていたということで、共通の知り合いなのでmail出して、一緒に手塚さんを大垣に呼ぼうということになりました。

いまいち、この前松為君に、mailだしたのも返事来ていないし、古いメールアドレスで届かないのではないかという気もするのですが、まあ出してみようと思います。(名簿に手塚さんのアドレスは載っていませんでした。)

手塚さんは社員に対しては払えないくらいの高給を取っていたのだそうです。

5年以上、昔のことですが、手塚さんと、太田さんと、ちょっと名前をわすれたのですが、アスキーネットACSのsowのsigopの人の三人が良く会っていたみたいです。

妹が帰る

19:20頃に妹は帰りました。タクシーも呼ばず、送りもせずに帰してしまいました。くたびれているので乗り過ごしたりするかもしれません。

20時頃にコンビニによって、

休み休み部屋を片づけて、23時頃から日記を書いたのですが、JustNetは月末のメンテナンス中みたいでアクセスできませんでした。


日記Vol.31

日記Vol.33

[HOME]
[HOME]