[HOME]


 

5/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31


5/31(土)

結納セットを実家で買ってあって、おばあちゃんが見たいというので、並べてあったのですが、それを、箱にしまって宅急便で京都に送りました。


5/30(金)

MMCAの企画書がなかなか進まないので、徹夜してしまいました。

「ソフトウェア開発のダイナミズム」は、結論としては「出荷しろ出荷しろ!」という呪文だった気がします。たとえば、VisualC++のウィザードの機能がユーザーを捉えたとか書いているのですが、それって、見かけ倒しでがっかりさせる機能を付けて、期待はずれのソフトを買わせることに成功したというだけで、マイクロソフトにとっての正義でしかありません。

出荷しろと言われると、長らくバージョンアップしていない僕としてはめげる所なのですが、でも、考えてみると、
90/11にpag1
94/3にpag1tetoとすれば、
97/7にpag1vqという新しいOS上の新しいソフトのプロトタイプを出したとしてもそんなにおかしくはありません。

概念図が書けないままですが、今月中に見たいということだったと思ったので、企画書の最初のページを財団の高井さんに提出してきました。

送金に対応しました。

14:00からMM&VRメッセの全体会議に出ました。

「DOS/Vマガジン」を読んでいたら、Photoshopにスクロールという機能があったことがわかって、ぞっとしてしまいました。多くの人に取ってみれば、僕がまねして作ったように見えていたと思います。

企画書の最初のページを書き直しました。

ベクトル量子化+ウェーブレットという企画がIPAのページの19番目に通っているのを見つけてしまいました。2番煎じと思われないか不安になりました。

16時半頃にソフトピアを出て、姫路に帰りました。


5/29(木)

インターネット上で見かけたMN-5000Dユーザーに、CMOSのHDDの設定パラメーターを聞いていたのですが、なんとその人のメビウスも、HDDが壊れて修理中だったそうです。

名古屋に壊れたノートを持っていって、ついでに、雑誌を買い、最近のバックアップメディアの主流は何なのか偵察し、ナディアパークで、本を買い、LOFTで、時計や温度計を見て、戻ってきました。

HDDをバックアップしないと、またいつ、今度は2GBのHDDがまるごと駄目になってしまうかわかりません。

スポーツクラブに通う大野さんにすれ違いました。

NTに一太郎をインストールして、企画書を書き始めました。

「ソフトウェア開発のダイナミズム」という本を読み始めました。


5/28(水)

フラクタル圧縮への対抗を意識した企画書を書いていました。

20:30頃にMMCAに出す企画のコア部分の方針がまとまりました。

ノートの一太郎7で企画書を書こうと思ったら、ノートパソコンのハードディスクが認識されない状態になっていました。保証書を探すのに手間取りました。


5/27(火)

ソフトMPEGの改良をやって欲しいというmailが来ていましたが、DCTとベクトル量子化と基本が異なるので、それには対処できないと答えておきました。

朝起きたときに、背中がこっていて、出かけることができませんでした。ニキビもあるので、便秘の兆候なのかも知れません。

MMCAの企画書はほぼまとまっているものの、自分のアイデアをすべて盛り込むことができてないのが気になっています。

知り合いの小石川さんから、javaスクリプトについて以前から頼まれたことがあったのですが、結局なにもしていないままでした。

京都で、婚約者が、露出狂に追いかけられたそうで、インターネット上でそういう場合の正しい対処法を探しましたが見つかりませんでした。


5/26(月)

京都駅の南のイズミヤの6階で、「データ圧縮ハンドブック」と「ナチュラルコンピュテーション」を買いました。

ソフトピアについて、ショップピアで、「インタフェイス」と「サイエンス」を受け取ってきました。

「インタフェイス」には、TwinVQなどの記事がありました。

「データ圧縮ハンドブック」は、フラクタル圧縮のサンプルコードが載っているということで買ったのですが、読んでみると、理論と比べるとかなり単純化した結果、実装可能になったことがわかりました。それに初期に言われていたような1/1000とか1/10000の大袈裟な圧縮率についても、拡大してもぎざぎざがでない点を称していたことが分かって、なるほどと思いました。実際の道具立ては、ベクトル量子化圧縮と似ています。

画像を、4*4のブロックに分け、それを縦横2倍に拡大し、回転や反転をした後で、輝度を上げることで、似てくる画像を元画像の中から探します。

読む前は、元画像の中に、似たパターンが無ければ問題が解けないと思っていたわけですが、4*4程度の小さなパターンであれば、もともとの種類が限られているわけで可能でしょう。しかし、辞書を持たないために原理的に細部の再現は弱くなるはずです。

あと、注記にあったのですが、以前に買った、バーンスレイ+ハード著の「マルチメディアフラクタル画像圧縮」が意味不明だったのは、著者のバーンスレーが、ドメインとレンジを逆にして説明していたためのようです。

正しい説明の書いてある本を読んで、フラクタル圧縮について、わかってみれば、恐れるほどのことはありませんでした。

今度の企画を、50行位の行程に細分化するつもりでいます。フラクタル圧縮の実装上の工夫はすべて取り込むことにしました。


5/25(日)


5/24(土)

朝顔を蒔きました。


5/23(金)

CD-ROMを作るのに使いたいという人からライセンスについての質問が来ていました。

今回の場合、減色とは異なって、分割だけではなく、領域を結合することによる圧縮もありえるので、ちゃんと収束するのかどうか疑問です。

19時過ぎにソフトピアを出て、ベランダに落ちている朝顔の種を採取して、京都に向かいました。


5/22(木)

姫路のホテルで、ピストル自殺した事件をTVでやっていたので、もしかして、結婚式をするホテルかもと心配になっていたのですが、関係ありませんでした。


5/21(水)

プリンター用のはがき用紙を買ってきました。


5/20(火)

ガイドブックの原稿の締切だったはずなのですが原稿についての規定が無かったので、住所だけ送りました。

継ぎ足したような不自然なアイデアだと思っていた、ベクトル量子か圧縮とオブジェクト化の関係が、今朝の夢でまとまりました。今となっては元々、段階的にクラスタリングを行うというアルゴリズムと、画像のオブジェクト化というアイデアは親和的だったと思っています。

搬出許可証の申し込みを忘れていたことに気づきました。

コンサルタントのための資料をぎりぎりまでかかって書きました。普段ならスキャナーで取り込んでDrawで書き込むのですが、時間が無いと思って、手書きにしました。

Unisysのlzw圧縮のライセンス料が当時は50ドルだったのに現在は1000ドルに値上がりしていることがわかりました。


5/19(月)

繰り返しパタンの抽出とグラデーションの抽出が統合できていません。

オブジェクト化とベクトル量子化の組み合わせについて2値データの場合について考え直しています。


5/18(日)

15時頃から、婚約指輪を買いに行きました。何店かまわったのですが、結局最初に寄った四条河原町のクレサンベールで閉店時間を20分ほどオーバーして買いました。ちゃんとルーペでのぞかせてくれたのが決め手になったみたいです。輸入した石を売っている店でもっと安い店もあるのですが。


5/17(土)

VIVREで、さすべえを買いました。あと、コードレス留守番電話FAXのパンフレットを集めてきました。

立派な婚礼家具を買わなかったので、衣類片づけるために2m余りの幅のハンガーを注文していたのですが、それが届いたので組み立てました。


5/16(金)

企業で、pag1tetoのユーザーが退職したのだけれど別の人のためにもう一度送金する必要があるのかどうかを聞くmailが届いて、そうしてくださいと返事を出しました。

「サイアス」にDNAでの親子鑑定サービスが日本でも始まったという記事が載っていました。

石淵さんとリフレッシュルームで話していて、一山当てるには、やはり設備投資の少ないソフトウェアの分野だという意見を聞きました。

言論の自由という言葉を間違って理解している人からのmailが来たので、以前の名誉毀損事件のページに加筆しておきました。

20時過ぎに京都に向かいました。


5/15(木)

13:30頃に、リフレッシュルームで澤さんと話したところActiveX化を担当してもらえることになりました。

15:00からMM&VRメッセぎふ97の説明会に出ていました。大きなブースが割り当てられていました。

ソフトピアの人がやってきて、MMCAに出す企画書が早めに見たいと言ってきました。

MMCAの助成金には、広告費は入らないけれど開発費には、テスターへの報酬などいろんなものが入るようです。

 


5/14(水)

湧口さんに結婚することを知らせておいたらおめでとうと電話がかかってきました。

ImageKit4を作っているニュートンにOCX化についてmailで打診してみたのですが、断りの返事が来ていました。

MMCAの企画の最低ラインは3000万円なのに、20〜30万円分しかめどが立っていません。

武田志津さんに頼まれていた転居を知らせるハガキを印刷していました。


5/13(火)

PlugInを作ってくれるという人の見積もりはとても安い物でした。

仲人はいらないという方針だったのですが、遠い親戚で、70歳代の夫婦に頼むことになりました。

インターネット上で、婚約指輪の相場を調べていました。

ノートパソコンのHDDの圧縮ソフトの推定が違っているせいでエラーが出ていたみたいなので、設定を変えていました。100MB浮かそうとして、一晩中圧縮させていました。(こういうことをしていたせいで、しばらくして、5/29には、HDDが死んでしまうことになります。)


5/12(月)

二次会の出席者を増やそうと高校の時の無線部の同級生に連絡したら現在は、脳外科医をしていることがわかりました。

「bit」を読んでいたら、MPEG4では、画像のオブジェクト化に似た考えが含まれていました。まだアルゴリズムは確定していないようでした。


5/11(日)


5/10(土)


5/9(金)

14:00から大阪であった、MMCAの説明会に行ってきました。

コンテンツ制作はベンチャーを優先するみたいなのですが、ツール作りについては大企業の企画でもOKということで競争が激しくなると思いました。

ついでに姫路にも寄りました。姫路城の西側の男山の上に上って、そこからの風景の写真を撮りました。


5/8(木)

pag1tetoのユーザーからは、その前にOCXや、PhotoshopのPlugInが先だろうという反応が返ってきました。

しょうがないので、pag1tetoのいろんなバージョンを作るという企画書を書いてまた、pag1tetoのユーザーに送ってみました。


5/7(水)

焼き増ししたのを受け取って、リフレッシュルームで、大淵さんと澤さんがいたのでそれを見せて、結婚の二次会へ出席してもらうように頼みました。

MMCAの助成金に、画像のオブジェクト化で応募しようと考えていることを、pag1tetoのユーザーにmailしました。

2,3人の知人にも結婚式の日付が決まったことをmailしたりしました。

サイアスを買ってきました。

家系図のMLに書き込みました。


5/6(火)

10時ごろにバスに乗って、12時前に大垣に着きました。新幹線ではアエラを読んでいました。

防火の書類を提出しました。

家系図MLの方を怠けていたのでそれへまとめてresを付けました。

VR&MMメッセの事務局から問い合わせの電話が来ました。

写真の焼き増しを頼みに行き、銀行でお金を下ろしました。自転車のチェーンがなくなっていたので、ジャスコに行って買いました。また、店員と間違えられてしまいました。この1月ほどの間に、これで3度目です。

自転車に鍵を取り付けました。

メビウスノートが、最近たびたび暴走するようになったので、スワップファイルが足りないのかもしれないと思って設定を変えてみたのですが、そうするとディスクスペースが足りないというエラーが出て、不要なファイルの削除をしていました。

コンビニで、芳香剤を買いました。

日記を久しぶりに更新しました。


5/5(月)

乾燥機の交換の人が11:20頃に来ました。

流鏑馬の時の写真を現像しました。

イズミヤで電話台を買いに行きました。

電話台は組み立て式だったのですが、引き出しのレールを取り付けるための穴が1個所だけ浅くて、レールの方の出っ張りを5mmずつほど削り取る必要がありました。


5/4(日)

15時ごろまで姫路にいました。ルピナス姫路南の建設途中の写真をみたり、変更された外壁のタイルをみたりしていました。

小学校3年か5年の時に、蝋を彫刻刀で削って作った手の彫刻が、この前玄関をリフォームした時からなくなっていたのを探したのですが、結局、父親が捨ててしまっていたみたいです。

また、京都に寄り道しました。


5/3(土)

12:02に京都駅について、駅で待っていた両親と一緒に、婚約者のところに行きました。道路の向かいのホテルのレストランで食事をして、ちょうど、下鴨神社であったやぶさめを見て、戻って17時ごろまで、話していました。でも、あまり具体的な話はできなかった気がします。両親と一緒に姫路に帰り、式場も予約しました。この時点では11/30(大安の日曜日)ということになったのですが、後で変更することになりました。


5/2(金)

岐阜の第一勧銀に行って入金チェックをし、岐阜県立図書館に行って、家系図に関する本を少し読みました。

散髪して靴を買いました。


5/1(木)

NURBSの本を読んでいたりしました。1次は直線で、2次だとベジェやBスプラインだけれど、二次曲線にすることもできるというのが売りみたいですが、いまいち、直接は関係ないと思いました。ちょっと技巧におぼれている感じもします。過去に対する上位互換性を数学的に実現しているという点は、鋭いと感じるのですが。